« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

地デジ対応レコーダー

最近は量販店でも地上デジタル対応かどうかのシールが張られていて、2011年までに現行のアナログ放送が無くなり、デジタル放送に置き換わるということも多くの人に知られるようになって、今年はじめくらいまではまだまだ数が少なかった地上デジタル対応のHDD/DVDレコーダーも各メーカーが前面に押し出してきているようです。

最近、既にCMで宣伝を始めていますがHITACHIの新しいシリーズは最高位機種がハードディスクが1テラバイト、要は1000ギガバイトを搭載しているという。しかも複数のハードディスクではなく1本のハードディスクでこの容量だと言うのだから時代の進化もここまで来たっていう感じです。

そもそもこんなに容量が必要か?と思う人も多いかもしれないけど、パソコンに搭載されるハードディスクも年々増えていっているように、あればあったで必要になってくるものだと思います。また、ハイビジョンになるので、綺麗な映像で録画するならその分余計に容量も必要になってくるのかもしれないですしね。

もう一つ目を引くのがデジタル放送をダブル録画できるということ、そもそもダブル録画とは1台で同じ時間に放送している番組を2つ録画できるというもので、これから発売されるメーカーのレコーダーにもその機能はあるのだが、他のメーカーは現行のアナログ放送を2番組かデジタル放送とアナログ放送を同時に録画できるというものでデジタルを2番組取れるというものはHITACHIとシャープ(12月発売)だけかな、2011年にアナログ放送がなくなることを考えれば、それ以降は同時録画できなることになるから…ちょっとね。

【台数限定】【即納可能】HITACHI ハイビジョン1TB HDD/DVDレコーダー「Wooo」 DV-DH1000W

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

またまた牝馬!!

先週の歴史的三冠馬の誕生から一週間経ち、今度は古馬の戦い秋の天皇賞が先ほど終わりました。昨年の年度代表馬であるゼンノロブロイが一番人気でした。

今年は牝馬が強いので宝塚記念を勝ったスイープトウショウも人気にはなっていたのですが、勝ったのは別の牝馬、といってもGⅠ馬のダンスインザムードやアドマイヤグルーブでは無く、単勝7,580円の人気薄のヘヴンリーロマンスがゴール前でゼンノロブロイを差し切って優勝したんです。2着はゼンノロブロイ、3着にダンスインザムードでした。

天皇賞に牝馬が勝つのは1997年のエアグルーブ以来ということで、それ以前は1980年のプリテイキャストということで、珍しいことです。

ゼンノロブロイは直線で一瞬出口を塞がれる形になって、それが無ければ勝てたかもしれませんね。鞍上は横山典弘騎手だったので…なんでペリエ騎手じゃなかったんだろう。

5着にスイープトーショウも這入ったので着順掲示板には5頭中なんと3頭の牝馬の馬番が表示されることになった。「男達よガンバレ~!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

野田議員は離党勧告

本日、自民党党紀委員会が郵政法案に反対した造反議員50名に対して処分を発表した。その中で野田聖子議員はわざわざ信念を覆して郵政法案に賛成票を投じて世間からバッシングを浴びたにもかかわらず、信念を貫き通して前回も郵政法案に反対票を投じた平沼赳夫議員と同じ離党勧告処分となった。

処分で一番重いのが除名でその次が離党勧告ということで、既に先週、新党を発足させたりした亀井静香議員や綿貫民輔議員達には除名処分が下されている。除名と離党勧告は何が違うのかというと、除名は会社で言えばクビ・懲戒解雇に当たるもので、離党勧告は自分から辞めるように促されるというものらしい。

どうせ辞めるなら一緒じゃないと思っていたら、離党勧告に応じて離党した場合は将来復党できる可能性があるらしい。そこまでして復党しても国民がついてこなければ意味の無いようなことに思えるけれど。

今回の離党勧告の処分を受けたものは10日以内に離党に応じないと除名処分になるということなので、多分全員離党届を提出するものと見られているとのことです。

綿貫議員が離党届を出したにもかかわらず、それを受理せずに除名処分を下したことに名誉を傷つけられたとして訴訟を起こす構えだとか、今回の処分が甘すぎるという声が自民党内にあったりとまだまだ揉めそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005年10月27日 (木)

ドンキが絶叫マシン

心配したとおり残念ながら阪神タイガースは4連敗で日本シリーズを敗退してしまった。とりあえず、最後の試合も二桁失点しなかったというのが唯一の救い…

話は変わりますが、昨年末のドン・キホーテでの放火事件の記憶も世間から薄れようとしているところへ、またまたドン・キホーテが世間をさわがしてくれています。

今度は六本木店の屋上に日本発の絶叫マシンを設置して12月下旬から営業したいというもの、しかも夜間も稼動させたいということで近隣住民からは騒音や景観の問題で反対を受けているらしい…当然反対されるだろうと思うけど。ドン・キホーテ側は今年大阪の道頓堀店で観覧車を運営して成功しているのでアミューズメントに力を入れているようですね。

放火事件のときはドン・キホーテは被害者でありながら、散々マスコミからバッシングを受けたことを少し気の毒だなとは思うけど、でもよくよく考えるとそれまでに起こしてきた揉め事で悪いイメージを背負っているから、そういうバッシングを受けているのだと考えると自業自得だとも言えるのかもしれない。

それを象徴するように昨日、ドン・キホーテが週刊誌FRIDAYを相手に採用差別の記事で賠償請求する裁判で敗訴したらしい。そういえば同じFRYDAYにドン・キホーテでエレベータの落下事件があったのを隠していたというものもあったような気がする。絶叫マシンも落下なんてことにならなければ良いけど・・・

それにしても、何故ドン・キホーテは近隣住民と揉めるような事を次から次へと起こすのでしょうか、もしや近隣住民と揉めて世間の注目を集めるのが、新たなビジネスモデルなの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

3連続10失点って…

日本シリーズ阪神vsロッテ戦で、敵地で不甲斐ない試合をしてきて、さぁ、甲子園で反撃だと思っていたら、三連続で10点を取られて負けるという、ちょっと目を覆いたくなるような結果に少しイライラを感じています。(-_-#)イライラ!

三連続二桁得点で勝つのは初めてのことらしく、ロッテにとっては当然うれしいことだと思うが、阪神にとっては汚名以外の何物でもない。明日万が一二桁失点で負けて日本一を逃すような事になれば、折角のリーグ優勝の余韻も薄れてしまうでしょう。

今年の交流戦でも阪神はロッテに2勝3敗1分と負け越してはいますが、一勝差ですし、負けてる試合も多くて3点差という結果なので力の差があるとも言い切れないと思うのですが、なんか見ていても勝ちそうな気がしない。(-_-;)llllll

もし負けるようなことになれば、血の気の多い阪神ファンが暴動を起こすのではないかと心配もしています。明日から怒涛の四連勝で阪神の20年ぶりの日本一を祈るおっさんでした。

阪神タイガース ZIPPO 2005年セリーグ優勝記念限定モデル 2005年セントラルリーグ優勝記念ZIPPOPS

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月25日 (火)

iPod nanoが提訴される

アメリカでiPod nanoが液晶画面が傷つきやすい傾向にあるのをAppleが認識していながら販売を続けていたとして集団提訴されたらしい。(CNET Japan)

実際に傷つきやすいのかどうかはわからないが、私もネット上でその手の口コミを多く見ているので多分そのような傾向があるものだと思われる。そのとき見た解決策はコンパウンドで磨けばきれいになるとか、ケースに入れて使えば問題ないとか、基本的には泣き寝入り思考のものが多かった。この辺が世界一の訴訟国家アメリカと忍耐の国日本の違いなのでしょうね。アップルの今後の動きが気になります。

この問題に乗じて、iPod nanoのクリアケースや保護フィルムなどが売れているようです。

iPod nano 2GB MA004J/A (ホワイト) iPod nano 2GB MA099J/A ブラック

i-Pod nanoプロテクトフィルム【GS-MFPN1】【即納】 Micro Solution IMFK02G iPod mini Film Kit #02 Gloss Pod mini 用液晶・ホイール保護フィル...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

吸血昆虫オロロ

先週、夕方にやっている情報番組(番組名は忘れました)で、「吸血昆虫オロロ」という特撮シリーズに出てきそうな昆虫が北陸地方に生息していて、それが人を襲うという特集をやっていました。

そんな昆虫が日本にいるのか?と思って、見ているとその正体は学術名が「イヨシロオビアブ」と呼ばれるアブの一種ということ。何が恐ろしいのかなと更に見ていると、それが最近大量発生していて、取材中のスタッフも大量のオロロに襲われて噛まれて血を吸われていました。映像を見ていてこっちが痒くなってきました。

山で作業をする人やアウトドアを楽しむ人の被害を減少させるために捕獲駆除装置を設置してあり、1日数千匹もの死骸が入っているらしいです。

そういえば、大学生の頃、バイト先の先輩に「混浴の出来る温泉があるから、今度皆で行こう」と誘われて、大阪から野郎ばっかり数人で新潟の糸魚川温泉まで車を交代で運転しながらスケベ心丸出しで温泉に行ったのですが、結局、温泉にいたのは年配の方と子供だけという落ちで、そのとき露天風呂の方にはアブが群れていて、あちこち刺されながら温泉に入っていたのを憶えています。

このとき、そのアブをいくら追い払っても離れようとせず、刺されているときに叩いたら首だけ執念深く残って血を吸っていました。もしかしたらこのアブがオロロだったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

ディープインパクト

本日の菊花賞でディープインパクトが史上2頭目の無敗の三冠馬になりました。パドックではいつも以上に落ち着き、スタートも問題なく発馬したのですが、レース前半は逆にスタートが良すぎたためカカリ気味になって1週目は口を割っていてヒヤヒヤしたのですが、最後は逃げるアドマイヤジャパンを2馬身差し切って優勝しました。3着にはローゼンクロイツでした。

一冠目の皐月賞ではスタート直後に躓き武豊騎手を振り落としそうになったり、二冠目の日本ダービーではパドックで尻っ跳ねをするなど暴れて不安にさせるような事をしでかすけれど最後には結局勝ってしまうから凄い。

昨日、競馬予想TVでディープインパクトの単勝に2,000万円を賭けた人がいるといっていたが、本日の単勝のオッズは結局1.0倍の元返しだった。午前中までなら1.1倍だったのでこの人も200万円儲けられたのかもしれないけど…どういう人たちがこんな思い切った賭け方できるんでしょうね、まさか関口会長が…自分の馬も出てるのにそれは無いかも、でもクラスの人でしょうね。

これで、武豊騎手も史上6人目の三冠馬騎手になり、ディープインパクトは次にジャパンカップ、有馬記念あるいは海外遠征と選択肢はさまざまですが、今年の年度代表馬はほぼ確定でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年10月22日 (土)

1846万馬券!!!

今朝まではなんと単勝1.0倍(当たっても元返し)の圧倒的の人気を得ている「ディープインパクト」。普段は穴馬予想をしているような予想家達でさえも2着までに入らないという思い切った予想をしている人はほとんどいないようですね。

先週の秋華賞もあまり配当がつかなかったので、今回は1着は「ディープインパクト」がくるものとして、2、3着を順番通り当てる3連単を買うのがいいでしょうね。昔から競馬には絶対は無いというから、夢を買いたい人は「ディープインパクト」を外した高配当馬券を狙うのも面白いかもしれない。

とか思っていたら、本日の東京競馬12レースでJRA至上最高の配当金1846万9120円の結果が出たというニュースを見た。残念ながらこのレースは見ていなかったけど1着に16頭中16番人気の馬、2着には12番人気の馬が来たというので、こんな馬券は当てられないなと思ったけど。

この馬券がどれくらいあったかはわからないが、100円買っていたら配当金1846万9120円がもらえるということなので、もし1000円分買っていれば1億8469万1200円…、まぁ、そんな人はいないと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月21日 (金)

トラックボール

私は仕事柄、一日中パソコンを操作していることが多いのですが、最近はマウスを操作しているとたびたび手首がだるくなって仕事を中断することが多くなってきていました。

マウス用のリストレストも使っていたけれど、私にはあまり効果が無かったみたいです。そこで手首を動かさなくても良いトラックボールなら疲れないのではないかと思い立ち、早速渋谷のビックカメラに見に行ったんですが、そこで感じたのは「えっ、こんなに少ないの?」ということ。(多分マウスコーナーの1割にも満たない数しか置いてなかったです)

最近はワイヤレスのマウスが流行っているらしく、マウスコーナー自体は広くなって種類も豊富になっていたのですが、トラックボールはあまり需要が無いのでしょうか?しかもマウスタイプのものは試しに操作できるようにパソコンに繋がっているものが置いてあったけど、トラックボールには試せるものが置いてませんでした。実際にはマウスの操作感なんてそんなに大差ないのだから、操作感が特殊なトラックボールを試せるようにしておくべきだと思うのですがね。

トラックボールには親指でボールを動かすタイプと人差し指や中指でボールを動かすタイプに分類されるようで、最終的に私はロジクールというメーカーの親指でボールを動かすタイプを購入しました。ワイヤレスは必要ないので有線にしました。

実際に使ってみると、最初は慣れない操作で手間取りましたが、徐々に慣れてきて、とりあえず手が疲れることはなくなりました。慣れてしまうとマウスが使えなくなるかも…

ロジクール人気NO1☆ トラックボール Logicool Trackball 型番:ST-65UPi

<ロジクール ST-65UPi>

KENSINGTON トラックボールExpert Mouse【型番】02694 マイクロソフト人気NO3☆ トラックボール 型番:D68-00010

    その他のトラックボール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

大仁田議員は何してるの?

ここ数日、大仁田議員が杉村太蔵議員に噛み付いている話題がテレビやネットで流れている。内容は挨拶が出来ていないとか態度が良くないなど、およそテレビ前で言うようなことではない。多くのブログで売名行為と書かれているように、これは誰の目に見てもそのようにしか映らないと思う。自分がちやほやされなくなったのでやきもちを妬いているのか?

しかも、選挙前の郵政民営化法案の採決では散々悩んだ挙句棄権をし、今回は郵政民営化に易々と賛成票を投じて、結局党本部に屈服したというのに杉村議員には「党の言いなりになるな」と理不尽なことを言っている。それとも党に屈服したというイメージを払拭しようとして、こういう低レベルの問題で噛み付いているのですかね。

発言だけならまだしも、杉村議員の事務所に押しかけたり手紙を送ったりして追い掛け回しているというのである。よく国会議員が忙しくて時間が無く困っているという発言を耳にすることがあるが、こういうことに時間を使っていたり、テレビ番組によく出演している国会議員を見ると本当に忙しいの?と思ってしまう。

やはり公務員を減らすより先に国会議員を減らすべきなのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年10月19日 (水)

ゲートウェイのパソコン

この間、ベスト電器でGatewayと書いてあるパソコンを見ました。それは今から約4年前に突然日本から撤退してしまったあのGatewayである。当時はGATEWAY2000という名前であったとおもうが、今はGatewayという名前で出ていました。

調べてみると発足時の日本法人の会社名が日本ゲートウェイ弐千株式会社という名前でその後に日本ゲートウェイ株式会社になったそうだ。確か突然の日本撤退だったために多くの従業員が路頭に迷うというようなニュースを見たような気がする。

今回は日本法人を作らず、販売は量販店で行うとのことです。4年前はランキング1位だったサポートについては24時間の電話対応とチャットが用意されているようで、昨年の記者会見で1分以内の電話の取次ぎと1回目での電話での問題解決をしたいと語ったらしい。(どこぞのソフトメーカーみたいに取り次いだ後に何十分も保留で待たせるようなことは無い様にして欲しい。)

私の最初のパソコンはこのGATEWAY2000のもので、購入したのは今から約10年前でCPUはペンティアムⅡの266MHzでメモリーが64Mバイト、ハードディスは4Gバイトのものをモニターセットで、約30万円で購入したのを憶えています。今なら10万円以下でこの10倍以上のスペックのパソコンが購入できると思うとなんか時代の流れを感じますね。

しかし、こんなスペックでも未だにWindows98SEを載せてちゃんと動いています。顧客にあるWindows98の環境でシステムが誤動作しないかなどのテストしたりするときに重宝しています。

【送料・代引手数料無料】 Gateway 629JP + 17インチ液晶(ナナオ製FlexScan L551-BK)モニタセット

Gateway 629JP + ナナオ製17インチ液晶モニター

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

優勝特番が…

昨日、録画していた「きらきらアフロ」がロッテのパリーグ優勝で特番にスッポリ入れ替わっていた。パリーグなんて忘れていたので、今頃決まったのって感じでしたけど、阪神が優勝したときこんなに騒いでいたかな?やはり関東エリアの球団と関西エリアの球団での違いかな。関西では阪神優勝時に多分特番に切り替わったところが多かったと思う。

この特番ではブログの女王の真鍋かをりさんが出演していて、生放送中ビールかけの映像を見ていて私もやりたいと発言し、日本シリーズでロッテが優勝したらビールかけに参加することを公言していた。そのビールかけは見たいところだが、阪神ファンの私としては当然ロッテには優勝をもっていかれるわけにはいかないので、出来れば阪神のビールかけに参加して欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

携帯動画プレーヤーって

先週話題を集めた動画が見れるiPodが今週から発売されている。携帯プレーヤーで動画は他のアイリーバなどが既に発売しているけど、昔Appleは携帯プレーヤーに動画は邪道みたいなことを言ってたような…。

私も「携帯プレーヤーに動画って必要?」と疑問に思う。そもそも歩きながら小さい画面を覗き込んで歩いていたら危ないので、外では電車の中やベンチに座ってみることになると思うんですが…そこまでして動画を見たいのかな?

あと、ネット上の動画コンテンツは著作権の問題なんかで充実していないのが現状で、コンテンツ数は全然足りてないと思う。まぁ、これを機にコンテンツ量が増えたら良いけど。ちなみに今度のiPodは動画を見るとバッテリーが2,3時間しか持たないらしいので、短いコンテンツ向けだそうです。

今はニーズは後から作るものらしいので、今後携帯動画プレーヤーでどのようなニーズが作り出されるかが見ものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

ラインクラフト惜敗

通常、3才牝馬の三冠といえば、桜花賞、オークス、秋華賞なんですが、ラインクラフトは桜花賞に続き、NHKマイルカップを勝って二冠を達成し、今回変則ながら三冠に挑戦したのだが、残念ながらエアメサイアに首差で敗れてしまった。

やはりラインクラフトにとって距離的に2000mはギリギリなのか前半は少しカカリ気味に見えた。対するエアメサイアはパドックから終始落ち着き払っていたように見えた。

最初は少し覇気が無いのかなと思っちゃったんだけどね…パドックで落ち着いているのか覇気が無いのか、また入れ込んでいるのか闘争心を発揮しているのかって判断が難しいですよね、とくにテレビだと時間が短いし映る角度が悪かったりと余計に。NHK位パドック解説が長いとうれしいのですがね。

結局、人気馬2頭で決着が付いてしまい、3着もニシノナースコールで3連複もあまりオッズが付かなかった。3着にオリエントチャームが届いていれば……(;。;)

フジテレビの「スーパー競馬」が全国で放送していると思っている人が多いかもしれないが、西日本では関西テレビの「ドリーム競馬」が放送されている。いよいよ無敗の三冠馬に期待のかかるディープインパクトが出走する来週の菊花賞の放送は「スーパー競馬」と「ドリーム競馬」が共同番組を放送するとのことで楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

武豊TVって…

この間の木曜日の深夜「武豊TV!」なるものが、フジテレビで放送されていた。これはもともとCSフジテレビ739で放送されているものでスカパーに入っていないと見れないものだが、ディープインパクト特集らしく、今年の弥生賞、皐月賞、日本ダービー及びこの間の神戸新聞杯を武豊自身がレース回顧する内容で、多分総集編だったと思うが、ゲストに福永騎手や池添騎手なども出ていて、騎手の上下関係も良くわかる競馬ファンにとってはかなり面白い内容だった。

レース回顧ではレースの映像を静止させたりして、「ここで外に出した」とか「ここでGOサインを出した」など騎手自ら解説しているような番組は他にはないだろう。

司会はBSフジとCSフジテレビ739の両方で放送している「競馬予想TV!」と同じ見栄晴氏です。「競馬予想TV!」の方は毎週土曜の深夜に日曜のメインレースをテレビでは馴染みのない競馬ライターや自称競馬通が4、5人出てきて持論の予想理論を元にプレゼンしてお互いに論議するディープな番組で私も時々参考にさせてもらっています。

スカパーには入っていないので出来れば「武豊TV!」もBSフジでやってもらえないだろうかと身勝手なことを考えてしまいます。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月14日 (金)

首相官邸にマジックマッシュルーム

12日の朝に小泉首相自ら官邸の庭にキノコが生えているのを発見して、東京にキノコは珍しい、食べられるか調べるように指示して、自身のメルマガでも「食べれるのかな?」とはしゃいでいたらしいのだが、実は「ヒカゲシビレタケ」と言う毒キノコの可能性が高く13日の午後には処分されたらしい。

「ヒカゲシビレタケ」は一時合法ドラックとして話題になったマジックマッシュルームの一種で、食べると体がしびれたり幻覚症状が現れるという。マジックマッシュルームといえば何年か前に海猿の伊藤英明が食べて病院に運ばれたというニュースを思い出しますね。

伊藤英明が食べた時は合法だったらしいけど、まさか首相官邸で栽培されていたなんて、小泉さん栽培すると罰せられますよ。自生したんでしたっけ。(^_^)

刺客に討たれた造反議員が夜な夜な官邸に向かってキノコの胞子を飛ばしていたのかも知れませよ。

また、13日には首相官邸前で50代の男が「首相に会わせろ」と騒ぎ、挙句の果てに農薬を飲んで自殺を図ったらしい。男は命に別状なかったとのことだが、なんだか官邸周りが騒がしいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

ゲーム機にウイルス

この間、PSP(プレーステーション・ポータブル)でトロイの木馬タイプのウイルスが発見され話題になったが、今度はニンテンドーDSでもトロイの木馬タイプのウイルスが発見されたらしい。とうとう、ゲーム機にまでウイルスが登場してしまった。

PSPの場合、不正規のソフトを動作させるために旧バージョンに戻すなどの不正操作を行った機種で発生するとのことで、感染すると、内蔵メモリーから基幹ファイルを削除してしまうので、PSPが使えなくなってしまうとのこと。さらに不正操作を行った場合の故障では保証はしないらしい。

ニンテンドーDSも同様に不正規のソフトから感染するらしいので、今のところ正規の使用方法を守っていれば問題ないとのことだが、PSPは常に最新のファームウエアをアップロードして何とか対策できそうだがニンテンドーDSはどうするのかな?

実際、パソコンなんて持っていないお家でコンピューターウイルスなんて無縁だったかもしれないのに、たまたま子供に買ってあげたゲーム機が感染する可能性があるなんて知ったらパニックになるかも知れませんね。笑い話ですが、この間あるタレントがコンピュータウイルスってコンピュータから人間に感染する病気だと思っていたと言ってましたから。意外とこういう人は多いかも……

最近はSymbian OSを採用している携帯電話でもウイルスが出回っているようで、この間、NokiaのスマートフォンにSymantecのセキュリティソフトを搭載することで合意したというニュースもあったところだ。

その内ネットに繋がるようになった家電製品には全てセキュリティソフトが不可欠になってくるのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月12日 (水)

ダイヤモンド・プリンセス

今朝、大阪に世界最大級の豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」が入港したというニュースを見た。「ダイヤモンド・プリンセス」と聞いて「ああ、あの火事の…」と思い出す人も多いと思います。あの時はもったいないと思っていたのですが修復されていたんですね。

しかし、三菱重工業の長崎造船所で完成間近で火災に見舞われたのが「ダイヤモンド・プリンセス」なのですが、その時、2番船として建造していた「サファイア・プリンセス」を「ダイヤモンド・プリンセス」として、火災に見舞われた方を修復したのを「サファイア・プリンセス」として引き渡されたので今回大阪に入港したのは火災にあっていないほうです。

それにしても、客室が1300以上で客数が2500人なんてその辺の大きなホテルでもそんなに入らないじゃないですか。将来こんな船でクルーズしてみたいと思って調べてみると、そんなに手の届かない金額ではなかったのでこれまたビックリでした。

ダイアモンド・プリンセスで巡る絶景オセアニアクルーズ17日間

でも、暇の方がないので行けそうにもありませんけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

野田議員が郵政賛成

本日、野田聖子議員が郵政民営化法案に白票(賛成票)を投じた。日曜日に記者会見で賛成する考えを表明していたわけだが、やはり彼女に投票した有権者への裏切り行為に見える。「自民党が大勝したのは法案が完璧でなくても、民営化のスピードを上げろという国民の声と理解した」と言う、取ってつけたような言い訳に納得した人はいるのだろうか。

私には自民党に残りたい一心でシッポを振り続けているようで滑稽に見えます。今回、彼女以外にも白票を投じた造反議員は多くいるのだが、元々、7月の投票時は処分を覚悟で青票(反対票)を投じていたはずなのにあの反対は何だったのでしょう?まさかこんな厳しい処分だとは思っていなかったと言うような甘いお考え?自民党も竹中郵政民営化担当大臣が選挙中の演説で「あの人たちの戻ってくる場所はない」と熱弁していただけに簡単には許せないでしょう。

一つ大きな疑問は、信念を貫き通せなかったこの人たちが今後の選挙で今回以上の票を得るのは難しくなり、離党を余儀なくされたときに今後の選挙で再選する可能性が低くなるのはわかっているはずなのに何故賛成に転じたのか理解できないですね。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2005年10月10日 (月)

川崎にオオサンショウウオ

今月8日に体調66cmのオオサンショウウオが川崎の中原区で発見されたというニュースがあった。東日本には生息しないし路上で見つかったことから誰かが飼っていた物が逃げ出したということだったが、特別天然記念物を飼ってもいいものなのだろうかと思っていたら。近所の男性会社員が自分が飼っていた物と名乗り出たらしい。

ニュースには持ち主に返されたとあった。なんか中国産で2年前に知り合いからもらったものらしいが、中国産なら飼ってもいいのだろうか?そもそも中国産と日本産は見分けが付くのかな?

今年、西日本の下流で大量に見つかったのは、台風で流された後、爪のないオオサンショウウオは上流に戻れないという話だったが、2階のベランダの水槽からどうやって路上に逃げ出せたのか不思議です。2階から落っこちたんだとしたら少し可哀想なきがしますが、半分に裂いても死なないことから別名「ハンザキ」とも言われている生命力なら落っこちても死ななかったかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月 9日 (日)

久々雨宮慶太ワールド

特撮の監督やキャラクターデザインで有名な雨宮慶太氏の監督する「GARO-牙狼-」という番組がこの間の金曜の深夜から関東ではテレビ東京で放送を開始しました。

内容はCGが多め、全身金色のライオン丸みたいなのが主人公で、まあまあ面白かったのですが、雨宮慶太氏の作品ということで言うと少し期待はずれの感。今後更に良くなる可能性は秘めているかも。テレビ東京の深夜ということもあって予算的にどこまで持つのかは心配ですね。

過去、雨宮慶太氏の作品としては学生時代に見た「ゼイラム」が印象的で、その時に彼の名前も憶えたと思います。その後「タオの月」やフジテレビが10億円かけて製作した「鉄甲機ミカヅキ」は結構面白かったです。

ゼイラム ◆20%OFF! ゼイラム2 ◆20%OFF! タオの月 ◆20%OFF!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

CHOKKA潰れたの?

知らなかったんですが、高橋克典さんのCMでもおなじみのCHOKKAという割安な固定電話サービスを提供していた平成電電が民事再生法の適用を申請したんだそうだ。

私も一度、顧客に何か安い電話が無いか聞かれ、このサービスも検討したことがあるが、既存のPBXを使った場合は初期コストがかなり高くなるのと、当時結構強引な電話での勧誘があったと他の顧客からも聞いて嫌な印象を懐いたので結局採用しませんでした。

あれだけ大々的にテレビCMをやっていたので他の企業よりは安心かと思っていたけど関係なかったですね。ベンチャー企業でありながら負債総額は1200億円とものすごい額で顧客は14万5000人しかいないとのこと。

同種のサービスとして日本テレコムの「おとくライン」やKDDIの「メタルプラス」があるけど、結局この手のサービスは既存のADSLをそのまま使えないらしくそれぞれの会社が持つADSLサービスに切り替えなくてはならないのが、後にわかったので導入させなくてよかったと思った。

今は知らないけど、当時「おとくライン」や「メタルプラス」の電話勧誘も強引なものだったので、この手のサービスは強引なテレアポを用いないと成り立たないのかと思う。

日本テレコムではホームページには二次代理店による不適切な営業について謝罪している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

テレビで「やらせ」は当たり前?

今更、総務省がフジテレビの「めざましテレビ」の“やらせ”放送に関して厳重注意したとのこと。めざましテレビの“やらせ”と聞くと、10年程前にまだ「なっちゃん」こと小島奈津子アナがまだレポーターとして街角でインタビューをしていたときに、マイクを向けられたおじさんが「それさっき答えたでしょう。」と言ってしまい、あわてて小島奈津子アナがもう一度同じ答えを言ってくださいと頼んでいたのを思い出す。

このコーナーは確か出勤前のサラリーマンに突然インタビューをするという企画だったと思うけど、要は事前にインタビューする相手も答えも決まっていたのだ。まぁ、生でいきなり変なことを言われたら元も子もないので、当然の演出とも言えるが、当時は騙された気分だった。

今回は情報系のコーナーでフリーのディレクターがネタに困ったのか、計6件の作り話を実在したかのごとく放送したというもの。こんなの氷山の一角だろうし、今までもフジテレビ以外の局でも散々発覚してきたのに、反省の色が無いのはどういうことだろう?所詮テレビはフィクションと割り切る必要があるのかもしれない。

話は変わるけど、今朝たまたまテレビをつけたら「なるとも」と言う関西ローカルで放送している情報番組が日テレでやっていてビックリした。まさかこんなローカル色の強い番組が東京で放送されるなんて…、でも関西人としては少しうれしい感じです。ちょうど菊間アナ降板で弱っているフジテレビの「こたえてちょーだい」の裏で放送されています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月 5日 (水)

久々にスパイウエア感染

今日、McAfeeにスパイウエア検知のアラームが出た。「あれっ?McAfeeにスパイウエア検知なんて機能もあったんだ」とそっちの方に驚いたけど、とりあえず駆除をして推奨されるがまま全ディスクのウイルススキャンを実行した。

ファイル量が多いとこのスキャン作業が恐ろしく長い、とりあえず感染していたのはGstartupという定番もの、一応McAfeeにはスパイウエアを検知できないと思っていたので、Ad-awareというスパイウエア駆除ツールを毎日スキャンしていたので、心当たりとしては昨日ダウンロードしたフリーのサンプルプログラムだ。

急ぎの仕事でちょっと知りたいコードがあったのでネットで探してそれを使ったのだが、エロサイト以外にもくっ付いているとは…、やはりただより恐いものはないということですね。

仕事の息抜きで見たりしている「面白フラッシュ」なんかにもスパイウエアが仕組まれたりしているのだろうか?「脱出ゲーム」なんかは仕事を忘れてのめり込んでいた事もあったけど…。

この間、客先でもブラウザーハイジャッカにやられていて広告のページが勝手に表示されたりしていました。

ともあれ皆さんもスパイウエア対策はやっていた方がいいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

息抜きにはコミック

久しぶりに1日ブログの更新をとばしてしまいました。まぁ、たまには息抜きも必要ということで…。

浦沢直樹氏と言えば、柔道の谷亮子選手の愛称にもなった大ヒットコミック「YAWARA」の作者でもあるのですが、その頃は彼の漫画がそれ程面白いとは感じていませんでした。3年程前に友人に彼の「MONSTER」という作品にはまっていると聞いて、私もとりあえず単行本の1,2巻を購入して読んでみたところ、どんどん続きが読みたくなり結局18巻全部購入してしまう羽目になってしまいました。

内容はとあるドイツの病院で働く天才脳外科医Drテンマがある少年の手術を切欠に奇妙な事件に巻き込まれていくサイコサスペンスです。最近はこの間まで関東では深夜にアニメ化されたのが放送されていて、今年の4月には「ロードオブザリング」なども手がけたハリウッドのニューラインシネマが映画化の権利を得た(Press Release)ということで実写映画化にも期待が持てる。

それ以来、浦沢直樹氏の漫画に興味を持ち「20世紀少年」や手塚治虫氏の「鉄腕アトム」の中の「地上最大のロボット」と言うストーリーを原作に作り出された「PLUTO」も面白くて愛読させてもらっています。

Monster(1) 20世紀少年(19) Pluto(2)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年10月 2日 (日)

フリーペーパー続々…

フリーペーパーといえば、駅やコンビニに無料で配布されて、クーポン券が満載ののHot Pepperや情報誌のR25、求人情報のタウンワーク、中古車情報のCar Smileと色々な分野で存在していますが、この間、渋谷を歩いているときに何かフリーペーパーを配っていたので手にとって見るとMicrosoftが発行しているWindows.jpというものだった。
Microsoftまでフリーペーパーを発行しているのかと思っていたら、今度は「めざましテレビ」までもがフリーペーパー「めざましマガジン」を発行したらしい。ネットで調べてみたら、地域限定で発行部数の少ないものから全国配布されているものまでかなりのフリーペーパーが発行されているみたいだ。やはり紙媒体もインターネットの影響で広告収入でのビジネスモデルでないと成り立たなくなってきているのだろうか?

今日から秋のG1が始まったけれど、私は眠ってしまい気が付いたら競馬は終わっていた。とりあえず、ネットで結果を見てみると買ったのは1200mなら負けないと言われていた1番人気のサイレントウィットネスが優勝、2着はデュランダル、3着はアドマイヤマックスとこれも人気馬で1番配当のつく3連単でも3320円と低配当だったので、やらなくて良かったと一安心でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

のまネコ問題終結???

選挙前からネットでは物議が続いていた「のまネコ」問題にとうとうエイベックスが「のまネコ」の図形商標の登録申請を取り下げる方針を発表したらしい。

簡単に言うと「電車男」などで有名になったネット掲示板で使われているアスキーアートで描かれていたネコのキャラクターに酷似したものを、エイベックスが調子に乗って商品化してしまったことにネットの住人たちの反発を買ってしまったというもの。

毎日新聞:のまネコ問題:エイベックスが商標登録を中止へ

朝日新聞:「のまネコ」商標登録を中止 CD「恋のマイアヒ」

読売新聞:「のまネコ」商標登録出願取りやめ…「モナー」に酷似

エイベックスのネットショップではまだ「のまネコ」の商品は売っているようだし、ゲーセンのUFOキャッチャーでも「のまネコ」のぬいぐるみが取れるらしい。これはそのまま続けるのでしょうか?

また、この間「2ちゃんねる」側がエイベックスに出した質問状で浜崎あゆみのロゴに似せて作られたキャラクター「のまタコ」の行方も気になる所です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »