« 倒壊偽造の醜い争い | トップページ | テスト・ザ・ネイション »

2005年11月27日 (日)

ジャパンカップ

昨日行われた、ジャパンカップダートでは外国馬は全て10着にも入らないという結果でしたけど、本日のジャパンカップでは掲示板に2頭外国馬が載る結果になった。

1着には入ったのはデットーリ騎手の乗る3番人気の外国馬アルカセットで、競馬史に残るホーリックスとオグリキャップが死闘を演じた1989年ジャパンカップのレコードタイムをコンマ1秒縮めるレコードタイムをたたき出した。外国馬の中で最上位人気の馬は来ないというジンクスも破る結果になった。

2着にはルメール騎手の乗る2番人気の日本馬ハーツクライで最後一気に差してきてゴール前で同着かと思えるほどわずかな差で届かなかった。3着にはデザーモ騎手の乗る1番人気の日本馬ゼンノロブロイで昨年の年度代表場が今年ここまで1勝もしていない状況になった、この馬はやはりペリエ騎手が乗らないとダメなんじゃないかな…

結局着順は3,2,1番人気で逆になったが上位人気馬で決まったのでオッズもそれほどつかなかった。タップダンスシチーは4コーナーまで5馬身ほど離して逃げていたのですがやはり飛ばしすぎだったか10着、菊花賞2着のアドマイヤジャパンは11着でこの馬ははまる時とそうでないときで波があるみたい。

日本人騎手で掲示板に載ったのはリンカーンに騎乗した武豊騎手のみでした。

|

« 倒壊偽造の醜い争い | トップページ | テスト・ザ・ネイション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/7344351

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップ:

« 倒壊偽造の醜い争い | トップページ | テスト・ザ・ネイション »