« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

ニンテンドーDS Lite

親戚や友人の家にいったときに、結構な確立でそこの子供がニンテンドーDSを持っているのですが、今や子供の必需品なんでしょうかね。

それにしては最近CMで「脳を鍛える大人のDSトレーニング」や「英語が苦手な大人のDSトレーニングえいご漬け」など、大人向けゲームが結構目に付くような気がします。

「なんか、面白そうです。私も任天堂の戦略に嵌ってしまっているのでしょうか…」

でも、ニンテンドーDSは昨年末くらいから在庫切れ店が続出で予想以上の需要があるみたいです。さっき楽天で探したら在庫があるショップが1店舗もありませんでした。

そんな中、ニンテンドーDSを一回りコンパクトにしたニンテンドーDS Liteが3月2日に発売されるらしいです。少し厚みがあって不恰好だったニンテンドーDSより約25%薄くなって、重さも57g軽くなるそうです。更に明るさもアップするとか。

「多分、これもかなり売れるのでしょうね。」

【DS】ニンテンドーDS Lite本体 3月2日発売予定 予約

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

「仮面ライダーカブト」始まる

今朝から平成の仮面ライダーシリーズ第7弾、「仮面ライダーカブト」が始まりました。前回とは違い、始めからバイクやライダーベルト、それに変身ポーズと仮面ライダーらしい要素がふんだんで、さすが仮面ライダー生誕35周年作品というところでしょうか。

「35周年ということは、私より若いってこと…、産まれる前からやっていたと思っていたのですが…」

平成の仮面ライダーシリーズになってからは、基本的には謎を残しながらストーリーが進んでいくというミステリー風なのが印象的で、仮面ライダーアギト以降は仮面ライダーも複数出てくるようになり、今回も出てきそうな予感。

今回のワームといわれる敵は、サナギから成虫に進化する謎の生物。第1話では登場しませんでしたが、仮面ライダーも同じようにマスクドフォームからライダーフォームへ脱皮する趣向らしいです。

「サナギから成虫って、イナズマンを訪仏とさせますね。あれも石ノ森章太郎氏の作品ですからね。」

主題歌も仮面ライダー555のときのISSA(DA PUMP)が歌ってからこれまでに、相川七瀬、布施明とメジャーなアーチストが手がけてきて、今回もYU-KI(TRF)が歌っています。

カブトムシ型のものをベルトに装着して変身する部分なんかは、携帯電話をベルトに装着して変身した仮面ライダー555のときのように、子供受けする玩具へも考慮されてるようですね。

キャストオフライダー1 仮面ライダーカブト 完成品アクションフィギュア バンダイ 【予約商品】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

「Check PC!」って…

「マナベにまなべ!・・・」

という最近よく見かける、眞鍋かをりさんが出ているパソコンのセキュリティについて語っているテレビCM,、最初はどこかのプロバイダーの新しいセキュリティ・サービスの宣伝かと思っていたが、経済産業省がやっているCMらしい。とりあえずCMで謳っているサイトにいってみた。

「…えっ、これだけ?」

と思わず言ってしまう様なボリュームでちょっとイメージとは違った。あまりお金がかかってそうにないサイトに見える…、内容もちょっと初心者の人には分かり難いように感じる。

「折角、ブログの女王眞鍋かをり氏を起用して大々的に宣伝しているのだから、サイトのほうも凝ったものにすればいいのに……」

なんて思ったりもするのですが、パソコンのセキュリティ対策の周知に政府が本腰を入れてキャンペーンを展開しようというのだから、それはそれで良い傾向でしょう。

「セキュリティなんて必要なの?」

とか言っている顧客にセキュリティの重要性が伝わるようになれば、ちょっと助かります。ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

一万件超えちゃいました。

お蔭様で、我がブログのアクセス件数も10000アクセスを超えました。三日坊主になると思っていたブログも何とか始めてから半年とちょっと続いています。

「そもそも”ブログとは何ぞや?”と言う事を調べたくて始めてみたのですが、未だによく判らないです…」

昨日、「ダウンタウンDX」を見ていたら中川翔子さんのブログ「しょこたん☆ぶろぐ」が、昨年の12月だけのアクセス件数が900万件を超えたと言ってました。

「いやいや桁が違いすぎ、1万件を超えて喜んでいる自分が惨めになっちゃうでしょう…」

更に驚いたのは、1日に50回以上も更新することもあるということです。番組では暇なのかとツッコミを入れられていましたね。ちょっと覘いてみましたが、写真がメインで文章は少ないといった感じでした。

「多分、携帯で更新していると思うのですが、それでも1日中ブログのことを考えていないと50回も更新できないですよね…」

「私は1日1回も辛くなってきた、ちょっとペースを落とそうかな……」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

スパイウエア

本日、スパイウエアを使ってネット口座のIDとパスワードを盗み、自分の口座にお金を不正に振り込んだ容疑者が逮捕されたらしいです。スパイウエアは自分で開発したらしく、国内でスパイウエアの作成者が逮捕されるのは国内初だということです。(参照:読売新聞)

「自分の口座に振り込んで、足が付いたんでしょうかね。だったら、ちょっと間抜けな話ですね。」

今回の事件ではスパイウエアをメールで配布したようですが、スパイウエアはたまたま便利だと思うフリーウエアをインストールしたら、一緒に勝手にインストールされていたり、本人が気付かないうちに感染しているケースが多いので、見に覚えの無い人も対策しておいた方がいいと思います。

スパイウエアという定義は曖昧で、今回の事件のような悪質なものから、広告を表示させるものや、マーケティング目的でデータ収集されるもの犯罪が目的でないものまでそう呼ばれています。前にも最近のウイルス対策ソフトにはスパイウエア駆除の仕組みも含まれていますが、悪質と判断されているものが中心で、スパイウエア駆除専門ソフトよりは駆除できるスパイウエアの数は少ないようです。

私はウイルス対策ソフトとは別にスパイウエア対策ソフトとしてSpybotを使っています。昔はAd-Awareを使っていたのですが、Spybotの方が更に駆除できるスパイウエアが多いということだったので。

いずれも無償で利用できるのですが、駆除は自己責任ということになるので、検出したスパイウエアはスパイウエアガイドでどんなスパイウエアか調べてから駆除することにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月25日 (水)

ZIPPOのカイロ

一時的に暖かくなった気候はどこへ行ってしまったのか、毎日寒い日が続いています。この間たまたま楽天のショップを見ていたら、暖かそうなのがあったので思わず衝動買いしてしまいました。

「ちょっと最近はネットショップでの衝動買いが多いかな・・・」

暖かそうなのっていうのは、ZIPPOのハンディウォーマーでZIPPOのオイルを使って温まるカイロです。まだ、手元には届いていないので使い心地はまだ判らないですが、外に出るのが億劫でなくなるかも。

なかなかタバコを止められない弟が「ZIPPOのオイルが余っているので、無くなるまで止めれない」なんて言い訳も出来なくなるように2つ購入して、片方プレゼントしようと思います。

4000個突破記念!2個で送料無料ZIPPOハンディウォーマー ストラップエディション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

弥生シリーズ

そろそろ確定申告の季節も迫ってきました。私は青色で確定申告をしているのですが、その管理ソフトに「やよいの青色申告」を使っています。これを販売している弥生株式会社がライブドア傘下に入ったことは知っていたんですが、社長の平松庚三氏がライブドアの副社長をやっていたっていうのは昨日のニュースで見るまで知りませんでした。しかも、本日ライブドアの代表権の無い社長に就任したそうです。

代表権の無い社長というのは、よく分からないのですが…、ライブドアの苦肉の策ということでしょうか。

私はとりあえずライブドア関連の株は持ち合わせていませんし、持っていると思っていたライブドアのポータルサイトのアカウントも持っていないので、今回のライブドア事件で影響するとすれば、「やよいの青色申告」のことだけです。一度使い慣れた会計ソフトを変えるのは結構面倒くさいですし、初期設定も結構大変だったような気がします。

特に平成17年から青色申告特別控除が簡易簿記の45万円控除がなくなってしまいますので、正規の簿記に対応した使いやすい会計ソフトは個人事業主でも必要になってきているし無視出来ないですね。ちなみに正規の簿記で記帳すれば65万円の控除が受けられますからね。

多分大丈夫だとは思いますが、今回の事件でサポートや品質に影響が出るようなことの無いことを祈ります。

やよいの青色申告06

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月23日 (月)

ホリエモン逮捕

先週のライブドア強制捜査も月曜日の夜にテレビのニュース速報で知ったけど、今週も本日、月曜日のニュース速報でライブドアの堀江貴文社長他3人の逮捕が知らされることになった。

テレビ朝日では「TVのチカラ」を急遽、報道番組に切り替えて、その後の「TVタックル」の時間まで報道ステーションを繰り上げる熱の入れよう。TBSでは「水戸黄門」の前に10分間のニュースを挟み、その後の2時間ドラマの枠を、報道特番に切り替えた。

この2局に対して日本テレビは「アンテナ22」の内容を切り替えたのみで、フジテレビに関しては番組を変更することなく23時までは通常の放送をしていました。先週既に散々取り上げたのにテレビ朝日はちょっと過剰報道では…、

週刊誌では2月や3月に逮捕か?という見出しの記事が多かったと思うのですが、こんなに早く逮捕されるとは、これも想定外のことなんでしょうかね。

この波紋は国会の方に飛び火しているようですが、昨年の選挙でいいようにホリエモンを利用したとも思える自民党が「公認していないから責任は無い」なんていっても、ちょっと都合が良すぎますよね。

ライブドアに関しては、外資ファンドなどが買収を検討したりしているようですが、ライブドアのサービスでは結構気に入っているものもあるので、サービスに支障が出なければいいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

白夜行がミリオンセラー

東野圭吾氏の「白夜行」がドラマ化の影響で120万部を売り上げるミリオンセラーになったらしいです。1999年に発売されてから55万部売り上げていたこの作品が、ドラマ化の影響で昨年11月から更に65万部も売り上げているとのこと。(ニュース)それにしてもテレビの影響とは凄まじいものですね。

私が東野圭吾氏の作品を読み始めたのは、多分3年位前だったと思うのですが、「嘘をもうひとつだけ」という作品からでした。当時、通勤途中に読んでた本を丁度読み終えたので、手ごろなものを本屋で物色してたときに、平積みしてあったので購入したという切欠でした。

「嘘をもうひとつだけ」は5つの作品からなる短編集だったのですが、全て加賀刑事が推理するものなのですが、どれも犯人側の心理描写から書かれており、こういう書き方の推理小説は読んだことがなかったので、ちょっと斬新ではまってしまいました。この後、加賀恭一郎刑事の出ているシリーズは全部購入して読んじゃいました。

「白夜行」には加賀刑事は出てきませんが、主人公の桐原亮司と唐沢雪穂側からの描写は無く、全て彼らに関わる人々から描写されているという東野圭吾氏の独特な作品で面白かったです。最後まで読み終えたときも続きが読みたいと思っちゃいましたね…

また、彼の作品では「トキオ」「秘密」「パラレルワールド・ラブストーリー」のような空想小説?なんかもかなり面白いですよ。

白夜行 嘘をもうひとつだけ 悪意

秘密  パラレルワールド・ラブストーリー 時生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

東京にも雪

とうとう東京にも雪が積もりましたね。交通への影響や各地で転んだりしたケガ人などが増えているようです。今日の中山競馬場でのレースは全レースが中止になり、23日に振り返られるそうです。本日の競馬番組は仕方がないので京都や小倉のレース中継を中心にやってたみたいです。

東北や北陸の積雪に比べたら、桁が一桁違うので、これを大雪といっていいのかなと思いますが、雪に不慣れな都会では5~10cmでも大変な騒ぎになってしまうのでしょうね。

先週もかなり寒くなってきたので、先日、近所のドラッグストアーで電子レンジで暖めて使う湯たんぽ「ゆたぽん」を衝動買いしてしまいました。普通サイズは売り切れだったので、Lサイズを購入しました。ロッテからコアラのマーチのも出ていたのですが、さすがにそれは恥ずかしいので変えませんでした。

「大は小を兼ねる」と思いLサイズを購入しちゃったんですが、後で調べてみると、普通サイズはレンジで3分10秒暖めて7時間暖かさが持続するのに対して、Lサイズは最初に3分30秒、裏返して3分30秒レンジで暖めて5時間しか暖かさが持続しないらしい。この裏返す作業も面倒くさいです。

でも、寝るときに足元に引いて使うには丁度良い大きさです。朝にはぬるくなっていますが、冷たくなってしまう程ではありません。とりあえず、「頭寒足熱」で快眠出来ているような気がします。

【ジェルタイプ】白元 レンジで ゆたぽん 【ジェルタイプ】白元 レンジでゆたぽん L サイズ

【ロッテホカロン電子レンジで湯たんぽ”コアラのマーチ”】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

光化学スモッグ

この間テレビを見ていたら「光化学スモッグ」という懐かしい言葉が耳に入ってきました。私が「光化学スモッグ」という言葉を始めて聞いたのは、確か私が幼稚園のときだったと思います。というのは当時、園児用の作業着のスモックとごっちゃになっていたのを覚えているからです。

小学校のときは、光化学スモッグ警報が出ると、朝礼台の上に赤い旗が立って校庭では遊べないという決まりがあった記憶があります。あと黄と白の旗もあって、それぞれ注意報と予報だったと思うんですが、白はよく立っていたような気がするんですが、赤い旗は立ったかどうかはよく覚えていません。

当時は高度成長期の工場などからの大気汚染などが深刻化した影響で「光化学スモッグ」がよく発生するようになったそうです。その後、工場などの汚染物質の排出する規制が進み80年代には少なくなっていったそうなのだが、最近はまた発生しやすくなっているとか。

原因の1つとして考えられているのが、中国での環境汚染です。かつての高度成長期の日本のように、あるいはそれ以上に深刻なのかもしれませんが、かなりひどい状況だということが、メディアでも伝えられています。是非早急な対策を行って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

東証システム限界

ライブドアの強制捜査から3日、株価は下落すると言う予想はされていたが、これほどまでに下落するとは想定外というニュースを良く見かける。今日テレビで冷静な対応をと呼びかけていたが、この想定外の下落を引き起こさせた原因の1つとして、「ライブドア ショック」とかいって連日大騒ぎしているマスコミの影響もあると思う。散々騒いでおきながら冷静な対応をと言われても… 

また、今回の影響で昨日の取引約定が400万件を超え、東証は2時40分に取引を停止せざる得なくなった。というのは現在の東証システムの処理能力が450万件が上限とされているからで、当分の間、午後の取引開始時間を30分繰り下げて取引時間の短縮を行う対策をとるようです。

11月のシステムダウンに始まって、先月のジェイコム事件、そして今回と東証のシステムの問題が続き、テレビでは「まだ対応できないのか」なんてことが言われていますが、それはちょっと難しいのではないでしょうか。

現在、どのようなシステムの増強案があって、どこまで進んでいるのかわかりませんが、これまでの状況を見ていると、システムの抜本的に改修するか、あるいは一から作り直すような対応をしないと膨大な取引件数の処理に耐えるシステムは出来ないのではないかと思います。そうなると、1ヶ月や2ヶ月で改善できるものではないと思いますね。今後、どのようなシステム改善が行われるかは見ものです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年1月18日 (水)

ウイルス定義は最新ですか?

最近ではウイルスに対して認知も上がってきているようで、客先でウイルス対策ソフトをインストールしていないパソコンもあまり見かけることはなくなってきました。

少し前に伺ったある客先ではウイルス対策ソフトはインストールしてあったけど、更新期限が過ぎていたので「更新手続きが必要ですよ」と担当者に言うと「それって必要なの?一応動いているから大丈夫でしょう」と言われてしまいました。

とりあえず、大丈夫と言って後で責任問題に発展したら大変なので、どんどん新しいウイルスが発生していて、亜種はもっと発生しているので、新しいウイルス定義にしておかないとそれらには対応できないですよ。と伝えてその場は帰えりました。

数日後、その担当者が各パソコンのウイルス定義の更新をしたら何台かウイルスがいましたよ。と連絡をもらったので、あの時大丈夫と言わなくて良かったと思いました。

確かに小さな会社でも十数台パソコンがあればパソコン対策ソフトの年間費用も結構な額になってしまうので更新するのを躊躇するのもわかりますがね。

最近のウイルス対策ソフトはスパイウエア駆除やファイヤーウォール、スパムメール対策など機能も多彩になってきて、昨年話題になったフィッシング詐欺対策なども付いているものが販売されています。avastなどの自己責任で設定する自身のない方はメジャーなソフトを購入した方が無難だと思います。

★閉店セールNorton Internet Security 2006 特別優待版 マカフィーマカフィー・インターネットセキュリティスイート 2006 優待版

トレンドマイクロウイルスバスター2006インターネットセキュリティ コンピュータ・アソシエイツeTrust インターネットセキュリティスイート2006 特別優待版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

異常気象

日曜日に3月並みの暖かさになったとかで、気象庁の暖冬予報もここに来て当たりかと思っていたら、また冬型の気圧配置に戻ってきて雪の心配が続くらしい。今回の大雪での死者がとうとう100人を超したとのことで、ちょっとただ事ではない。これも地球温暖化の影響なのでしょうか?数年前に観た「デイ・アフター トゥモロー」が思い出されます。

この間の暖かさで解け出した雪が再び凍り、その上に新たな雪が積もると表層雪崩が起こりやすいと言うことで、今後は雪崩による被害に注意が必要だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

ホリエモン危うし

今日、出先で客先の人と喫茶店で打ち合わせをしていたら、店にあったテレビにライブドアに強制捜査というニュースが突然入ってきた。客先の人と何事かとその後のテレビを見ていたけれども証券取引法違反がどうのこうのでよく分からなかった。

家に帰ってから報道ステーションを見たが、要は相場を操作する偽装が行われた子知れないというもの、と言っても私自身はこれがどれほどのことかは見ていてよく分からなかった。(ニュース)

それにしても突然すぎるなと思ったら、東京地検は相手がIT企業であるためにコンピューター上にあるデータを改竄や消すなどして証拠隠滅されやすい状況にあるので隠密に行動していたらしい。IT企業でもそんな簡単ではないと思うが…、逆に東京地検はコンピューターに疎いのかと思ってしまった。

最近はテレビに出ずっぱりだったライブドア社長のホリエモンこと堀江貴文氏と秘書の乙部綾子氏の放送予定のテレビ番組は今回の突然の強制捜査に番組変更にてんてこ舞いらしいです。

事実はどうあれ東京地検が強制捜査に踏み切ると言うことはよっぽどのことだと思うが、はたしてホリエモンはこれを乗り越え追い風に変えることが出来るのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年1月15日 (日)

仮面ライダー響鬼が終わる

来週とうとう仮面ライダー響鬼が最終回を迎える。他のブログを読んでいるとこの一風変わったこの仮面ライダーのファンも多かったようだが、私には結局最後まで馴染めなかった。仮面ライダーらしくない風体でライダーだからといって後から取って付けたようにバイクに乗るようになったのも違和感の感じるところ。仮面ライダーでなくても良かったのではと思える作品でした。

政策サイドでもごたごたがあったようで、放送も中盤に差し掛かった頃にプロディーサーが降板するというこれまでに無い事態も起こってたようです。そういえばその頃に少し雰囲気が変わったような・・・。でも、仮面ライダー響鬼は去年の紅白歌合戦にも出場してしまったので、知名度自体はかなり上がったのかもしれませんね。

次回からは仮面ライダーカブトという新しいシリーズが始まるそうです。今度は見た目から仮面ライダーと分かる昆虫をモチーフにした王道に戻したようです。

石坂浩二の水戸黄門のように王道から路線を外れると良くないということでしょうかね。仮面ライダー35周年を迎える作品として申し分ない作品であれば良いんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

パッチギを見た

今日はTSUTAYAで借りてきた「パッチギ」を見た。そもそも井筒和幸監督が今ひとつ好きではなかったし、前回の「ゲロッパ」も面白がったが絶賛するほどでもなかったので今回もあまり期待していなかったが、周りで面白かったという意見が多かったので、どんなものか見てみようと思ったのだが。

私も関西出身でこの作品の時代に近い世代でもあるので時代背景の描写もよく出来ていると思った。全体的には井筒和幸監督のお得意の乱闘シーンが目立った感じでラスト15分前ぐらいまでは、やっぱりこの程度の映画かと思っていたんですが、その最後の15分で不覚にもうるっときてしまいやられたって感じでした。

そもそも、非難する気満々で見始めるという不純な動機で見始めてしまったんですが、今回は完敗でした。

劇中30過ぎのケンドーコバヤシさんが高校生役でその親父に40半ばの徳井優さんが出てたのにはちょっと笑えました。その他にも細かい突っ込みどころは満載なんですがね。

最後にこの映画を見て若い人にどういう影響があるのか少し気になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

2006年の一期目のドラマ

昨日、月曜に録画した「西遊記」を見た。われわれ世代としては「西遊記」といえば堺正章、夏目雅子の大ヒットを記録したのが印象が強いので同なんだろうと思ってみていた。最初はいきなり全員そろっているんだなと思ってみていた、やはり1クールで終わるから省略しているんだろうか。

最後、物語のクライマックスに差し掛かった頃に終わってしまった。どうも途中で録画が切れているみたいで、調べてみると放送は15分拡大だったみたいだけど、私が予約したときは9分拡大だったので最後の6分が尻切れで後味の悪いものになってしまった。録画はその前の週にiEPGを使ってネットから最新の番組表を元に予約したので事前になって15分に延長になったのではないだろうか。iEPGを使っていて野球の延長以外で録画を失敗したのは初めてだったのでちょっとショックでした。

あわててまだ見る予定ではなかった火曜日に録画した「アンフェア」も確認したがこれは問題なく録画されていた。内容は謎解き要素の多いもので私の好きなタイプのドラマのようだ今後の展開が楽しみです。

前回書いた「白夜行」はやはり予想通り原作とはストーリーの進め方が違うようで、いきなりクライマックスから始まった。原作では最後に桐原洋介と西本文代が死んだ真相が語られるが、今回はそこから語られていてこちらは謎解きの要素があまりない感じになっているようだ。内容もテレビ向けにするためか事件もソフトにしてあるようだ。しかし、原作では謎を残したまま救われない感じでエンディングを迎えてしまっていたので、原作を読んだ人にもこうであって欲しいと思える内容になっているように思う。これも今後の展開で裏切られないよう期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月11日 (水)

白夜行

いよいよ明日から東野圭吾氏原作の「白夜行」のドラマが始まります。私も東野圭吾氏の本は結構読んでいますが、この作品は中でもかなり面白い方だし、主演の山田孝之と綾瀬はるかのコンビもセカチュー以来で期待してます。でも、今回はさわやかイメージというわけには行かないはずですが。

ちょっと気になったのは、番組のホームページで見たあらすじの時代背景が原作より20年くらい新しくなっているようだ、原作ではその時代でしか通用しないトリックなどもあるけどどうなるんでしょうか。また予告などを見ていると原作とは異なる進行をしそうな気がします。

そういえば、これまでも原作を先に読んだ後に見たドラマはあまりいい印象を持っていないですね。東野圭吾氏の作品で言うとWOWOWでやった「宿命」もいまいちだったし、NHKでやった「時生」はかなりがっかりしたのを覚えています。色々な事情があって原作どおりに映像には出来ないかもしれないが、見る側としたら原作を読んで感動しているのだから、余計な脚色をしてつまらない作品にしてしまうなら、極力原作通りに映像化して欲しいものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

FeLiCaポート

VAIOに標準で内蔵されていたFeLiCaポートを折角なので使ってみようと思い、自分が持っているFeLiCaのカードでまず思いついたのがJRのSuicaだったので、それをポートにかざしてみるとSF Card Viewerの起動を促す画面が立ち上がりそのまま起動させるとSuicaの残高とどこの駅からどこの駅まで乗っていくら使ったかという利用履歴が新しいものから20件分表示された。

SF CardはSuicaやICOCAのカードのことを言うようで、これでは情報の表示のみで入金などはできないようだ。交通費の精算するときに多少便利なくらいでしょうか。

次にEdy付きのANAのポイントカードがあったのを思い出し、それをかざしてみたところ、同じようにEdy Viewerの起動を促す画面が立ち上がりそのまま起動させると、Edyのチャージとギフト、残高のメニューが表示された。ちょっと調子に乗ってEdyにチャージしてしまったんですが、その後あまり利用できるサイトが多くないので失敗したって感じです。

音楽ダウンロードサイトのMoraで利用できるのがわかったので、試しにそこで1曲購入してみようと思い早速やってみたが、途中でエラーになってEdyからは残高が減ってダウンロードはできなかったという状態になってしまい、メールで問い合わせてみると失敗した分は8日後に返金されるので新たに曲を購入し直してほしいというような内容のメールが返信されてきました。

もう一度やってもうまくいかないような気がしたんで曲を買うのは断念。他のサイトでもそうだがEdyを利用して購入する方法の手引きなどのヘルプなども少なすぎで、Edy側では使えるサイトとして載っているサイトでも、Edyが使えると明記されてないところがあったり、あまりWebで普及しているとはいえないと思いますね。WebMoneyの方が対応サイトも多く、より普及しているんじゃないでしょうか。

将来、指紋認証などのバイオメトリクスのどと組み合わせでネットで決算処理が出来るようになれば、ネットショップももっと活気付くんではないかと思っていただけに、もうちょっとFeLiCaも頑張って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

功名が辻

昨日から今年の大河ドラマ「功名が辻」が始まりました。ここ数年は大河ドラマなんて見てなかったんですが、久しぶりに司馬遼太郎氏の本が選ばれたので今年は見てみようかと思い地上波よりは2時間早く始まる夜6時からBS-hiのほうで見たんですが、第一話は桶狭間ということだった。

織田信長を舘ひろし氏、秀吉を柄本明氏が演じていたんですが、確か桶狭間の戦いのときは二人とも二十代半ばだったはずなのに、五十代半ばのこの二人が演じているのは少し滑稽に思えました。でもそもそも功名が辻の主役、山内一豊の妻、千代は当時三歳くらいで山内一豊も十五歳くらいだったはずなので時代設定がめちゃくちゃではないか。

確か原作の「功名が辻」にも桶狭間の記述なんか無かったんじゃと思っていたら、この脚本を手がけた大石静さんのブログにも原作に無いオリジナルシーンと書いてありました。フィクションとして見ればいいわけですが、中には山内一豊は桶狭間の戦いに参戦したと間違った歴史観を鵜呑みにしてしまう人もいると思うし、NHKなのに子供の教育上よくないのではと思ったりもします。

まあ、NHK大河ドラマの時代背景がおかしかったりしたのは今回が初めてではないし、ドラマとして面白ければ良いとは思うのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

VAIO TYPE-S

昨年末から調子の悪いデスクトップPCが使えなくなるような問題が発生すると、仕事に支障をきたしてしまうので、一応昨年末にノートPCを手に入れた。持ち歩くのに苦にならないように2㎏以下で、開発負荷に耐えれるレベルの処理能力、出来れば20万円を切る価格でと探していたら、ちょうど良いのがタイトルに書いた機種であったので購入することにした。

サイズは13.3型のワイド液晶搭載でA4では大きすぎでB5では小さすぎると思っていたので、ちょうど手ごろな大きさでした。重量は1.95kgとギリギリですが2㎏以下だし、何よりCPUがPentium M 760(2GHz)でメモリーも1GBの構成にして20万円以下で買えるというし、更に標準で無線LANは当然だけどBluetoothが付いていてFeLiCaポートまで着いているので決めました。

贅沢を言えばバッテリーの時間が少し短いのとACアダプターが大きいのが難ですが、使っていてそれ程機になることは無いです。また、ソニーは壊れ易いというイメージがあったので不安ですが、今のところ問題なく動作しています。

ソニースタイルから購入したのですが、最初はサービスなんかも特に期待なんかはしていなかったんですが、キャンペーンで1万円~2万円相当になる、いろいろなクーポンが貰えたし、問い合わせにも親切で好印象でした。どこぞのカスタマーサービスとはえらい違い。

本屋でソニーが危ないみたいなタイトルの本を見かけるけど、頑張っているってことなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

デスクトップが危機です

去年から異音を発していたデスクトップのハードディスクが12月初めにとうとう、OSが立ち上がらなくなるという状態にまでなってしまったんですが、何とか別ドライブからOSを立ち上げ、CHKDISKやデフラグで復旧して異音も無くなっていたんですが、昨日今度はSYSTEM ファイルが存在しないとか言うエラーで立ち上がらなくなってしまったんですよ。

とりあえず、WindowsXPの回復コンソールからMicrosoftのサポートページに従い回復しようとしたんですが、WindowsXPのインストールCDを入れて起動させたがドライブを認識しない。そういえばシリアルATAのHDDだったのでドライバーを読み込ませないといけないことに気付きやっと回復コンソールから修復が行えた。その後Windowsは立ち上がるようになったが、ディスプレーやネットワークのドライバーの設定まで消えてしまっているようで、今度はシステム復旧から1日前の設定に戻して何とか元通り稼動するようになった。

もう一度DISKにCHKDISKをかけてみたがエラーは無かったので大丈夫かとは思うが、ちょっと不安なので、バックアップ用にLANDISKを購入しておこうと思う。

実はシリアルATAのドライブがおかしくなったのは2回目で、前におかしくなったのは物理フォーマットをして外付けで利用しているが問題ないようで、もしかしたらシリアルATAのRAIDコントローラに問題があるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

郵便不祥事相次ぐ

昨日、郵便局でアルバイトをしていた高校生が「面倒くさい」という理由で年賀状を含む627通もの郵便物を雪の中に隠すなどしたというニュースをみた。郵便法違反容疑で山形地検に書類送検されるらしい。本人もこんな大事になるとは思ってなかったんではないでしょうかね。でも、アルバイト高校生ならそれくらいのことをやってしまいそうなきもするんだが、郵便局側は何らかの対策は備えていたんでしょうかね。事前に十分な教育をするとか。

年賀状は年賀メールなどに置き換わるなどをして、年々減少しているらしいし、昔ながらのしきたりを重んじる人も減ってきているとは思うけど、やはり元旦に届くのに拘る人もいるでしょうからね。そういう人が仮に訴訟を起こしたら賠償が認められたりするんでしょうかね。

昨年も年賀状を普通郵便と間違えて年内に配達してしまったり、年賀状に間違えて昨年の消印を押してしまったりと何かと問題が多いように思える郵便局ですが、郵政民営化で局員のモチベーションも落ちてしまったんでしょうか?

こういうことを対称にしているのでは無いかもしれないけど、郵便局の管理職に対し、不祥事を見逃した利した場合、降格などの厳罰を与える新制度を始めるらしいけど、逆に今までは無かったのかと驚きですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月 4日 (水)

大雪で大混乱

北海道や東北、北陸地方では昨年に引き続き、大雪や暴風の影響で色々な被害が起こっているようですね。スキー場では雪崩が発生してゲレンデを閉鎖しているところなんかもあるそうです。でも、スキー場は雪が降らないなら降らないでオープンできないし、降り過ぎてもこのような問題でなかなか大変な商売ですね。

子供の頃はよく2mを越える積雪が北陸でもあった記憶があるんですけど、最近はそんなに積もる事が無かった気がするんですが、これも地球温暖化の影響なんでしょうかね。今のところ東京や大阪では直接的な被害を受けていないので、深刻な問題は無いようですが、大雪の降っている地方に工場や倉庫を持っている企業には影響も出ているようで、私も年末に送った北海道産のお歳暮が少し遅れたりするという影響を受けました。

そもそも11月に暖冬なんて予想を出していた気象庁は大雪が降ってから、暖冬を撤回したそうだが、180度異なる結果を出すレベルの予報しか今の科学では不可能なのか、それとも予算が無くて高いレベルの予報が出来ないのか、または気象庁の努力が足りないのか分からないが、今回の大雪が原因で亡くなっておられる方もいるのですから、当たらないなら当たらないで、何らかの改善はされるべきでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

謹賀新年

遅れ馳せながら、明けましておめでとうございます。

昨年の大晦日は結局、チャンネルを変えるがらテレビを家で見ていたのですが、レコード大賞はeBetの1番人気の倖田來未さんが予想通りレコード大賞を取りましたね。これは文句なしの結果だと思いますが、最優秀新人賞のAAAはそんなに売れてたんですかね。倖田來未さんはレコード大賞で歌った後、紅白のオープニングにも出場していたのでNHKホールと新国立劇場を間を行ったり来たりしたんでしょうね。

あと今回の格闘技はどちらかというとK-1よりPRIDEのほうが金子賢の試合以外は見応えがあった感じだったと思うんですが、でも2004年や2003年のK-1レベルの面白さはまではいってなかったんでないでしょうか。

最終的に私は紅白は殆ど見なかったんですが、なんか変わったことがあったんでしょうか?ニッカンスポーツの記事にはみのもんた氏が自己採点で10%と不満を漏らしていたと書いてありましたが。紅白をぶっ壊せなかったみたいですね。視聴率は前回の最低記録からは持ち直したみたいですけど、ワースト2位らしいですね。

紅白の勝ち負けは結局どっちが勝つかにみんな関心がないし、それをデジタルテレビや携帯で投票する仕組みが必要なのかも疑問ですね。そもそも紅白を見る視聴者層が白組のファン層が多ければ白組が勝つし、逆なら赤組が勝つということになってしまうような気がするんですがね。紅白はまた再放送するようだったらそこでどんなもんだったか見てみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »