« 北近江が勝利! | トップページ | 生物彗星WoO »

2006年3月26日 (日)

ハーツクライがドバイで勝利

ディープインパクトを倒した唯一の馬「ハーツクライ」が、ドバイのGⅠレース、ドバイシーマクラッシクで、見事に逃げ切って優勝しました。騎乗したのは去年の天皇賞から乗っている、ルメール騎手でした。

それにしても、この馬は去年の競馬新聞を見ても、脚質が差しか追い込みとされていて、現に去年のジャパンカップまではそういう競馬をしていて、橋口弘次郎調教師も有馬記念前には後ろからの競馬しか出来ないみたいな発言をしていたのに、有馬記念で先行して「ディープインパクト」に勝って、今回も先行逃げ切りで勝利と元々先行馬だったの?

もっと早くにこの能力に気付いていれば去年はもっと凄い成績だったかもしれませんね。年度代表馬も違っていたかも・・・。

レース後、今度は英国のGⅠ、キングジョージ6世&クイーンエリザベス ダイヤモンド ステークスにでますよと橋口調教師は言っていたそうだが、そうなると世界の舞台で「ディープインパクト」との再戦が見れるかもしれないです。

今日国内では春のGⅠ初戦、高松宮記念が行われて、「オレハマッテルゼ」が優勝した。久々に競馬予想TVの予想が当たりましたね。柴田善臣騎手も久々のGⅠ勝利。

2着には「ラインクラフト」で、初めての距離のG1で2着に来ることが出来るのは凄いです。この馬はまだ掲示板から外れたことは無いので今年は期待したいですね。

|

« 北近江が勝利! | トップページ | 生物彗星WoO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/9268441

この記事へのトラックバック一覧です: ハーツクライがドバイで勝利:

« 北近江が勝利! | トップページ | 生物彗星WoO »