« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

やっぱりディープは強かった。

本日行われた、「ディープインパクト」の今年最初のGⅠレース、春の天皇賞で、ディープは3分13秒4のレコードタイムで優勝した。終始好位置で競馬の出来ていた「リンカーン」を3馬身半離しての完勝で、無敗で三冠を取った貫禄を見せ付けた。

レースはスタートで「ディープインパクト」が少し出遅れ観客席が少しざわついたりしたけど、後ろから2頭目で折り合いがついた感じでレースが進みました。出遅れたおかげで上手く折り合いがついたという解説もありましたが。

展開は予想通り「ブルートルネード」と「トウカイトリック」が逃げたんですが、そんなに大逃になりませんでしたね。

ディープは3コーナー手前でポジションアップをし始めたと思ったら4コーナー手前でもう先頭に立ってしまって、見ていてちょっと早過ぎるんじゃないのと思っていたけれど、追い上げてきた「リンカーン」との差はぜんぜん縮まらずそのままゴールしちゃいました。

本当に強いですね。一度だけ土のついた有馬記念も、相手はドバイで買っちゃうほど強い馬だし、あれは武豊騎手の騎乗ミスという声もありますからね。

「キングジョージ6世&クイーンエリザベス ダイヤモンド ステークス」で「ハーツクライ」に借りを返せる機会が出来ることを祈ります。

■送料無料+10%OFF■競走馬 DVD【ディープインパクト三冠の軌跡】11/16 【競馬ぬいぐるみ】ディープインパクト(年度代表馬):Sサイズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

CHKDSKが終わらない

前から調子が悪くて、だましだまし使っていた160GBのSATAのハードディスク上のいくつかのフォルダーが消えているのに気付いた。間違って消してしまったのかなと思ってゴミ箱をチェックしたけど見当たらない。

データ復元ソフト「ファイナルデータ」を使ってチェックしてみると、一応フォルダーは存在しているステータスになっている。そこで1度CHKDSKをかけてみることにして再起動しました。しばらく時間がかかるだろうと思い、そのままにしてお風呂に入りテレビを見たりして、3時間後くらいにパソコンに戻ってみると、まだ終わってなかった。

しばらく画面を見ていても、STAGE4で5パーセント終わったという表示のまま進まない・・・しかし、DISKのアクセスランプは点滅してカチカチという音もしているので動いているようには思えるのでもう少し我慢して待ってみることにした。

最悪は「ファイナルデータ」を使って別DISKにデータを復元して、それを一つ一つ戻そうと思ったが、それだけの空き容量を確保するのも面倒だなと思っていたら、その後CHKDSKは正常に終了した。結局5時間もかかった・・・。

今回は復元には使わなかったけど、この不安定なハードディスクのおかげで「ファイナルデータ」が結構重宝しています。仕事でも一度客先のデータの復元に役立ったし、それほど高くないですし、単に復元だけでなくバックアップや完全抹消の機能等、いろいろなバージョンがあるみたいです。

6年連続シェアNo.1データ復元ソフト。さらに復元力と使いやすさを向上ファイナルデータ2006 特... 6年連続シェアNo.1データ復元ソフト「ファイナルデータ2006」データ復元+抹消。復元力と使いや...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

要件定義の憂鬱 (3)

基本的には顧客側で個々の要件の必要性や納期を考慮して優先順位をつけてもらい、ベンダー側からは個々の要件に対してコストと期間を提示して、どこまでを今回の開発範囲にするかという話し合いを元に開発がスタートしているはずなんですが、後から抜けていた要件に気付いたり、状況が変わって新しい要件が必要になったりするケースはよくあることです。

顧客は折角お金を払うのだから、何とかこの気に良い物を作りたいと思い、あれも欲しいこれも欲しいと、次から次へ要件を言ってくるものです。でも、ベンダー側としては、要件がなかなか確定できずに次の設計段階に進めなくなり、結果納期が大幅に遅れるという悪循環を生み出したりします。

今はオブジェクト指向などの要件変更に強い開発手法を取り入れているベンダーなんかもあるようですが、それでもどこかの段階で線を引き、要件を確定させなくては品質的に不安定なものが出来かねません。

前にも書いたように、顧客の要件どおりにシステムを作って余計なことはしないというスタンスのベンダーは多いです。多少面倒でも一歩踏み込んで、担当者レベルの意見なども聞かせてもらえる機会をもらって要件をまとめた方が後々システム開発がスムースに進むはずなんですが、ベンダー主導で要件をまとめたときの責任問題が怖いというのと、そういったスキルを持った人材がなかなか確保できないというのが現状らしいです。

また、実際に要件のヒアリングの機会を得られたとしても、部署間で言い分が違ったり社内的に目的が一致していなかったりすると、外部のベンダーがそれを調整して要件をまとめるのは非常に困難です。

最終的に効果を得られるシステムを作るには、顧客側に全体の要件を取りまとめられるスキルと権限を持った人員を配置するべきなのですが、「人手が無いから外注に出してるんだ」と鼻から協力的でない顧客もいますからね・・・。

やはり「Win-Win」という顧客もベンダーも利益を得られる結果を目指して、十分なコミュニケーションをとることが、成功の秘訣になるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

チョコレート効果

最近、ポリフェノールを多く含んでいるチョコレートが出回っているようで、この間近くのコンビニでカカオ99%というのが置いてあったのでちょっと買ってみた。

パッケージに「非常に苦いチョコレートです」と書いてあったのでとりあえず、ひとかけら食べてみたら、本当に漢方薬並みに苦かったです。甘いものと一緒に食べるか、薬と割り切って食べるしかないかな(薬ではないけれど)。

よくCMでGABAがストレスに効くといっているので、本当にストレスに効果があるならこの苦味も我慢できる範囲かな。

1ケース チョコレート効果 カカオ72% BOX 82g ×5個入り  LINDT(カカオ99% リンツチョコレート)ビターチョコレート

1ケース メンタル バランスチョコレート GABA ビター缶 ×3個入り ロッテ カカオの恵み なめらかビター85%CACAO 10入

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月26日 (水)

ココログ また不具合

昨夜、ブログをアップしようと思ったら、なんか緊急メンテナンスをやっているとかで、2時から6時まで更新できませんというようなメッセージが出た。

なんだ、まだ安定していなかったんだと思い、とりあえずそのときはアップするのを断念しました。まぁ、別に緊急性も無かったので。

さっき、ココログからのお知らせを見たら、その緊急メンテナンスが実は6時までの予定が8時32分までかかってしまったとお詫びのコメントが載っていた。元々はレスポンスが悪くなる障害が発生したために緊急メンテナンスを要したということだったが、4時間の予定が6時間半もかかるような、どんなメンテナンスをしたのか気になりますね。最初適当に4時間くらいと思って言ってしまったのかもしれないけど。

対応に追われていたエンジニアたちの状況が目に浮かぶようですが、やはりこの規模のシステムの対応としては、トップ側が手を抜きすぎているのではないかと疑いたくもなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

山手線またまたストップ

今日の10時半頃から山手線の全線が線路に異常な盛り上がり部分が発見され運行を見合わせているとのこと。現場は高田馬場駅から付近のの高架部分で真下では都道の拡張工事が行われており関係が無いか調べている。山手線の運行再開は早くても午後4時頃になるらしい。(ニュース)

たしか2月にも新橋-浜松間で線路に異常な沈み込みが発見され3時間近く運行を見合わせる事故があったばかり。そのときも山手線に交差する道路の工事が原因だったと思うのですが、ちょっと対策がいいかげんなんではないでしょうか。

責任がJRにあるのか道路工事をしているほうにあるのかはわからないですけど、一歩間違えれば大惨事にもなりかねないトラブルだと思います。

JR福知山線の脱線事故から1年、あの悲惨な体験を繰り返すようなことの無いよう、ちゃんとした対応をしてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

野球中継に女子アナ

今日、BS-hiで中継していた、巨人対阪神戦の実況を女子アナがやっていた、普段は誰が実況しているかはあまり気にしていないけど、やっぱり女性が実況しているとかなり違和感を感じるものですね。

前に高校野球の実況も女子アナがやっていたような気がするけど、そのときもやっぱり違和感があったし、競馬実況なんかも女性がやっていると違和感を感じてしまいます。

結局慣れていないだけだとは思うんですけど、今後慣れるほど女子アナの実況は続くんでしょうかね。

慣れといえば、最近野球の実況はハイビジョン放送で見ないとなんか物足りなくなってしまいましたね。通常のワイドでないアナログ放送だとなんか迫力や臨場感に欠けるんですよね。

今日は女子アナの実況以上に巨人の新しいユニホームには違和感を感じましたね。なんか巨人で無いチームと戦っているのかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

DV-ARW15 その3

DV-ARW15にはスポーツ延長やドラマ延長という、最近のDVDレコーダーには大概付いている機能が付いている。スポーツ延長というのはプロ野球中継の後の番組が延長などによって開始時間がずれたとき、それに合わせて自動的に時間をずらして録画してくれる機能で、ドラマ延長というのは、ドラマなどを毎週録画などに設定したとき、最終回だけいつもより放送時間を拡大して放送されるときは自動的に録画時間を拡大してくれるものらしい。

一応、これらの機能はちゃんと機能どおり動作するのですが、深夜番組のように開始時間が変動しやすい番組などを毎週録画にしていても、開始時間が変わったときちゃんと録画されてなかったし、毎週録画にしている番組が野球などで中止になったときに録画を中止してくれるまでの便利な機能は無いようです。

メーカによっては番組が時間を繰り上げて放送された場合でも、追っかけて録画してくれる機種があるらしいのすがね・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

要件定義の憂鬱 (2)

システム開発において、顧客側の窓口には社内の情報システム部門がなる場合が多いのですが、小さな会社だと情報システム部門もないケースが多いですし、要求を出してきた部署が単独で外注に出して、後から社内の情報システム部門が参入してくるようなケースなんかもあります。

我々、仕事を受ける側としては、社内情報システム部門で要件をまとめて、こちらは言われたとおり作って納品するというのが簡単で楽なのですが、大概は抽象的で曖昧な要求をしてきて、「これ、いくらくらいで出来る?」と聞かれます。

値段は品質や納期に依存するので、この場合、いくつか案を出して検討してもらうというような方法を取っていますが、納得してもらえるまで時間がかかったりして、それなりの労力が費やされてしまいます。ここでやっぱり止めたと言われてしまえば、この労力は水の泡になってしまうわけですから、曖昧なまま受注して後から「これは出来ない、あれは出来ない」といって揉めるケースをいくつも見てきました。

ベンダーは基本的にリスクを負わないようにしたいので、要求通りの物を作って、それが上手く動かなくても、要求通りに作ったから責任はありませんというスタンスのところが多いと思います。ビジネスなんで仕方ないといってしまえばそれまででしょうが・・・。

中には酷いベンダーもいて、以前そこで開発したある顧客のプログラムを同じ業種だからといって、別の会社に殆どそのまま導入して、業務に会わないと顧客が言うと、「これが一般的な処理だから、あなたのところの業務をあわせてください。」なんて言っているのを見たことがある。しかもプログラムが使い回しなどとは顧客に言わず・・・。

だから、依頼する側もシステムのことは解らないから任せますなんて事を言っていると、結局、使えもしないシステムを納品されて、後であわてる羽目に陥ることになってしまうので、面倒でもしつこいくらいに確認はやっていたほうが良いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

暴風で遅刻

前にも書いたように、最近、非接触型カード「PASMO」に使われると思われる、カードをかざす部分が東急や地下鉄の駅の自動改札に取り付けられていますが、今日、日比谷線の八丁堀駅でSuicaは使えませんというシールが貼ってあった。多分間違えてSuicaをかざす人がいるんでしょうね。

「PASMO」の利用開始が来年からなら、やはり設置するのは早すぎたんではないでしょうかね。

その八丁堀で京葉線に乗り換えて客先に向かっていたんですが、暴風の影響で電車が遅れていて、駅で20分程待たされました。更に電車に乗ってからも徐行運転が続き、通常なら舞浜まで10分位なんですけど、今日は25分もかかっていました。

その後、通常の速度でしばらく走ったんですが、市川塩浜を過ぎた辺りからまた徐行運転が始まった。この頃にはちらほらと車内で遅れる旨を伝える電話を入れる人がちらほらと出てきていましたね。

結局、客先には1時間ほど遅れて到着、事前に連絡を入れておいたので何とかなりました。言い訳の効かない客先のときで無くて良かったです。帰りはダイヤは乱れていましたが、通常運転に戻ってました。

やはり、JRも去年の山形での脱線事故の影響でナーバスになっているんでしょうかね。人命第一なので仕方ないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

駐禁取締り民間委託

ここ何年かは車にも乗っていなかったので、駐車違反の取締りが民間委託されるというのは聞いたことはあったけど、今度の6月からもう施行されるのは全然知りませんでした。昔見た韓国映画「八月のクリスマス」のヒロインが確かこの民間の駐車監視員で、韓国ではかなり前から導入されていたようですけど。

毎日新聞の記事を読んでみると、民間委託により取り締まりも厳しくなるらしい。これまで見たいにミニパトの婦人警官がタイヤにチョークでマークすることも無く、スピーカーで呼び出しすることも無く、運転手のいない駐車違反の車を見つけたら、その場でデジカメで写されて違反ステッカーを貼られてしまう。貼られる前に帰ってくればOKということだが、逆に注射して1分で貼られる可能性もあるということかな?

警察の人員を警察にしかできない仕事に力を注げるというのと、駐車違反を減らすという目的には良いとは思うのだが、これは配達関連の仕事をしている人にとっては死活問題ですよね。まさか荷物の配送も電車やバスを使いなさいとは言えないでしょう。

大手の運送会社なんかは対策を立てているみたいだけど、出前やケータリング、商品配達などをしている小さな会社は大丈夫ですかね?

ちなみに郵政民営化なんだから郵便配達の車も同等に扱われるんでしょうね?逆に介護用車両なんかは例外になっているべきだと思うのですが。

よくよく考えると、これによって配達サービスの値段が上がったり、配達サービスをやめてしまうところまで出てくるなどして、車を利用しないから関係ないと思っている人にも少なからず影響はでてくると思いますね。

実際これもPSEマークのときのように、導入してから次々と綻びが出てくるようなことがないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

家庭用プラネタリウム

最近、テレビでよく家庭用のプラネタリウムを購入して、使ってみたらかなり良かったみたいなことを、何人かのタレントが言っているのを聞きますね。家庭用プラネタリウムと聞いて、学研の子供向け雑誌「科学と学習」に付録で点いていたおもちゃみたいなイメージを持ったんですが、価格的にはちょっと高価なのでどれほど凄いのか気になります。

【送料無料】セガトイズ 家庭用星空投影機ホームスター 春季限定版「春星」HOMESTARHARUBOSI[...

HOMESTAR-S【送料無料】セガトイズ 家庭用星空投影機ホームスター(スターシルバー)HOMESTAR-...HOMESTAR-B【送料無料】セガトイズ 家庭用星空投影機ホームスター(コスモブラック)HOMESTAR-...

また、天井に波模様やオーロラが投影できるルームパレットという製品、こちらは安いですがちょっと気になってますね。「癒されるのかな?」

癒しのインテリアライト★ルームパレット★まるで宇宙にいるみたい。ルームパレット(オーロラタイプ)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年4月16日 (日)

石橋守騎手 おめでとう!

先週の桜花賞に引き続き、牡馬クラッシクの初戦、三冠の第一歩、皐月賞が先程行われました。雨の予報だったんですが、午後には雨も上がり良馬場での競馬になりました。

昨年の「ディープインパクト」のような圧倒的に強い馬がいないのでかなり悩みました。上位人気馬をパドックで見ても甲乙付けがたかったので、マイナス要素を探してみようと試みた。

1番人気の「アドマイヤムーン」は前走より馬体がゆるい感じがした。2番人気の「フサイチジャンク」は無傷の4連勝中だが、実は重賞を1度も走っていない。3番人気の「フサイチリシャール」はパドックで元気が内容に映ったと、更に甲乙付けがたい状態に陥ってしまった。

レースの方は予定通り「ステキシンスケクン」が逃げる展開、2番手には「フサイチリシャール」が続いて、他の人気馬は後方からの競馬となった。4コーナーを周るときに、「アドマイヤムーン」と「フサイチジャンク」が並んで上がってきたけど、そのときもう届かないなと思いました。

レースに勝ったのは、序盤4、5番手につけていた6番人気の「メイショウサムソン」、2着には10番人気の「ドリームパスポート」という馬連が万馬券になる波乱の結果。ようやく3着に「フサイチジャンク」、4着に「アドマイヤムーン」、5着に「フサイチリシャール」という着順になった。

1着の「メイショウサムソン」の鞍上は石橋守騎手でデビュー22年目にしてGⅠ初勝利となりました。石橋守騎手おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

要件定義の憂鬱

システム開発において、最も労力を使うのは要件定義と言っても過言ではないでしょうか。

例えば、顧客が間違った知識を持っていたり、思い込みが激しかったりしたときに、顧客を傷つけないように要件定義を進めるのは精神的にもかなりしんどいですし。

また、逆にお任せしますと言われてなかなか意見をくれないので、過去の似たような事例を元に設計して開発を始めたら、実は目的が違っていたというのを途中で気付いて慌てて設計しなおすみたいな事態になったりします。

そういった悲惨な事例は結構、日常茶飯事に起こっているのではないでしょうかね。

世間にはそれに対していろんな手法が出てきているけど、やはりそれは大規模なシステム開発をターゲットにしているような気がします。

どんなに品質の高いシステムを構築できたとしても、要件定義で間違っていれば、最悪使い物にならないということも有り得る訳ですから、要件定義の重要性は無視できないでしょう。

結局、この部分はコンピュータの技術とは違い、どれだけ上手く必要な要件を顧客から聞きだすことが出来るかという、人とのコミュニケーション能力がものを言います。コンピューターが趣味で人と話すのが得意でないという人には難しい分野なのです。

私が経験した要件定義の話はまた別の機会に書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月14日 (金)

貨物船沈没!

昨日未明に東京湾口で起こった、貨物船の沈没の映像はタイタニック宛らの迫力あるものでしたね。偶然にもタイタニックが沈没したのは1912年の今日だったそうです。

不謹慎かもしれないけど、来月から公開される海猿の三部作の最後を飾る「LIMIT OF LOVE 海猿」でもこの映像を使いたかったんではないかと思うほど、沈没の瞬間を上手く撮られてました。

最初、東京湾と聞いたので、もっと内海の方かと思ったけれど、場所は館山の先辺りで、約100トンの燃料用の重油も漏れ出しているということで、辺りの漁業も心配ですね。

海猿 スタンダード・エディション ◆20%OFF!【DVD】海猿 プレミアムDVD-BOX<初回限定生産>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

DV-ARW15 その2

購入してから使い勝手にちょっと苦労しているハイビジョンレコーダー(DV-ARW15)ですが、この間、新たな問題が発生しました。

録画した番組を見ていたとき、突然画像が乱れて「ぷちっ」と電源が切れ、再起動されて画面にはしばらくの間「ディスクを修復しています」というメッセージがでてたんですよね。もう一度同じ番組を見るとだいたい同じところで先程と同じ症状になるので、とりあえずその部分をスキップして視聴して、仕方ないのでその番組は消去しました。

ハイビジョンの番組で情報量も多く、ハードディスクの容量も大きいので、ディスクエラーの確立は高くなるから仕方ないかもしれないけど、買ってまだ間もないのにちょっとショックでしたね。

一応それ以来はエラーが出ていませんが、同じような症状が出るようでしたら、メーカーに電話を入れようと思います。

「結構、メーカーに電話入れて説明するのもちょっとした労力が必要なんで面倒くさいですよね・・・・・・。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

ウルトラマンメビウス

先週の土曜日から、いよいよ「ウルトラマンメビウス」が始まりました。オープニングからウルトラの父や歴代のウルトラマンがバックに流れるなど、当初言っていた通り歴代のウルトラマンにリンクするストーリーで始まり、番組内でも「帰ってきたウルトラマン」の最終回で使われたウルトラ5つの誓いが出てくるなど、マックスに引き続き懐かしい要素を取り込んだ構成みたい。やはり子供より大人をターゲットにしている感が否めない。

ウルトラマンシリーズ誕生40周年作品だから、予算が削られたとは考えられないので、多分わざとだと思うけど特撮シーンは昔ながらの手法を多く取り入れられていたように見えた。これも昔のウルトラマンシリーズを見ていた大人には懐かしく映ったかもしれないけど、最近のCGをふんだんに使った映像に慣れている子供にはどう映ったのだろう・・・。

まあ、まだ1回目ということもあるし、この手の作品は状況に応じて方向性が変わるのは当たり前みたいだから、今後の展開を見守ってみましょう。

ウルトラヒーローシリーズ2006 01ウルトラマンメビウス ソフビ人形 バンダイ

【予約商品】 ポピニカ ガイズマシンシリーズ1 ガンウインガー ウルトラマンメビウス 玩具完...【予約商品】 ポピニカ ガイズマシンシリーズ2 ガンローダー ウルトラマンメビウス 玩具完成...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

地上波デジタル

私もとりあえずこの間買ったハイビジョンレコーダー経由で地上波デジタル放送の視聴できるようになりました。だからってアナログ放送と放送内容は同じなんですけど。

でも、ハイビジョン対応放送の番組だと画質の違いがはっきりとわかるので、一度慣れてしまうとアナログ放送の画質の悪さが気になっちゃいますね。あとアナログ放送だと切れてしまうワイド放送の両端の映像が見れないのがなんとなく存した気分になります。

ドラマなんかは殆どハイビジョン放送になっていて、バラエティでも「笑っていいとも」や「アッコにおまかせ」などもなっていて、「チビまる子ちゃん」や「サザエさん」までハイビジョン放送になっていて驚いた。比較的フジテレビのハイビジョン化が進んでるように思える。

私のところだとアナログ放送だとMXテレビは音声は入るけど画像は殆どノイズだったけど、デジタル放送だと調子の良いときははっきり映ります。逆に調子が悪いときは音声さえ入りませんけど。新東京タワーが出来たら調子よくなりますかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

牝馬クラッシク初戦、桜花賞

今年最初の牝馬のクラッシク、桜花賞が先ほど終わりました。昨年のラインクラフトのような絶対的な人気馬が不在でどの馬にも一発逆転の可能性があったのですが、勝ったのは安藤勝己騎手の乗る6番人気のキストゥヘブンでした。直線で1番人気の武豊騎手のアドマイヤキッスをねじ伏せて、堂々の1着。3着には、歌手の前川清さんの馬、5番人気のコイウタが入りました。

2番人気だったフサイチパンドラは直線のびずに14着、3番人気の2歳チャンピオン、テイエムプリキュアも8着に終わった。私が軸にしていた4番人気のダイワパッションは4コーナー手前で失速してしまい16着と大敗してしまいました。

残念なことに、今までBSフジで放送していた競馬予想TVも終わってしまい、スカパーに入らないと見れなくなってしまったので、情報源が不足気味で予想しづらいです。(なんて言い訳ですが・・・)

来週はいよいよ牡馬クラッシク初戦の皐月賞です。今年も三冠馬が誕生できるでしょうか。2年連続で三冠馬が誕生なんてしたら大騒ぎだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

DV-ARW15 その1

先月、とうとう地上波デジタル放送の録画できるシャープのハイビジョンレコーダー、DV-ARW15を購入しちゃいました。ネットで10万円をきっていたし、前から言っていた様に地上波デジタル放送がダブル録画できるものと思って、日立とどちらを買おうかと悩んでいたんですが、結局シャープを選んじゃいました。

いざ使ってみると、結構想像していたより扱いづらくって大変・・・・・・。

まず、ダブル録画が出来るということでチューナーが2つ搭載されているんですが、2つ搭載されているのは地上波デジタル放送だけ、BSデジタルやアナログはチューナが1つだけなので、BSデジタルを2つ録画するなんてことは出来ない。

これは予め判っていたので問題ないんですが、2つ搭載されている地上波デジタル放送も片方は裏録画専用のチューナーで視聴用には使えない。また、裏録画するときの録画画質はHDという最高画質でデジタル放送のデータ部分まで録画されるものしか選べません。ちなみに500GB搭載していてもHD画質だと44時間しか記録できないのでちょっと不自由です。

しかも、普通録画の方もHD画質で録画しないと、追っかけ再生や他のタイトルを再生する事さえ出来ないときたものだ。

使っていないので判らないが、日立のほうは地上波デジタルもBSデジタルもチューナーを2つ搭載しているらしいので、日立の方が良かったかもしれない・・・。

【今月のオススメ品!】SHARP DV-ARW15【地上波デジタル・BS・110度CSチューナー内蔵】 【即納☆】『送料込み!』ハイビジョンレコーダー(超大容量1TB)HITACHI DV-DH1000W

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

テレビの影響力

この間の月曜日の深夜に放送されて話題になっている、「緊急結婚特番」というタイトルの番組、その中身はスピードワゴン小沢一敬と小野真弓が結婚式を迎えるまでの模様を密着してドキュメンタリー風にまとめられたもので、本当ぽっく編集されているが実は嘘という茶番劇。

さっき、ナイナイのオールナイトニッポンでも岡村隆史が、嘘だと思いつつも、最後までもしかしたら本当かなと思って騙されて見てしまったと言っていました。

ネタばらしも番組の最後の最後にちょっとだけ行われただけだったので、途中までしか見なかった人で信じた人も多かったんじゃないでしょうかね。実際、いくつかのブログで信じているようなコメントを書いている人もいるようだし・・・。キャスティングも強ち無いとは言えない二人ですしね。

実際、先月から発売されているテレビガイドに載っているんだから、緊急な訳は無いのですがね。

昔、何の番組か忘れたけど、ゴールデンタイムにタレントの偽追悼番組を放送して、不謹慎だと問題になったような気がするけど、今回は深夜だし結婚なのだからその点は問題ないのかもしれないが、そもそもどういう目的があるのだろうか。

単に視聴者を驚かすために視聴率目的で作っただけの番組なのか、あるいはテレビなんて簡単に信用するもんじゃないよというメッセージが秘められているのか、その辺の意図はわかりませんが、当日のネットの検索キーワードはこの2人の名前が独占していたので、やはりテレビの影響というのは凄いなと思いましたね。

ネットマーケティングの分野でもちょっと興味のある実験になったのではないでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年4月 5日 (水)

ハナノアって

この間、テレビのCMを見ていて、なんか良さそうと思い「ハナノア」なる鼻の洗浄液を衝動買いしてしまった。鼻から洗浄液を流し込み、口から捨てるというもので、CMでも痛くない鼻うがいと謳っていたので、簡単そうなイメージを抱いていたのですが。

ところが、いざ使ってみるとこれが難しいのなんのって、鼻から入れた洗浄液は殆ど鼻から出てきてしまい大変でした。使い方を間違えているのかと思い、ネットで検索してみたら「ハナノアBlog」なるものが公開されていて、そこでもそういう声が多かったからか上手に鼻うがいするためのコツが書いてあった。

そのコツには怖がらないように、洗浄液を流し込み続けてくださいと書いてあった。そこでもう一度試してみたが、若干口の方には流れたようだけど、やはりあまりうまくいかなかった。それどころか今度は耳の方がガサガサと耳に水が入ったときのようになった。

「口でなく耳に流れたの!?」

さすがにこれには怖くなったので、それ以来は使えずにいるんですけど、誰でも出来るようになるもんなのでしょうか?一応、「口から出せないときは鼻から出してください」とは書いてあるが……。

でも、うまく出来る人にとっては気持ちいいだろうなとは思いますよ。

鼻の穴からゆっくり流し込み口から排出することで鼻の奥まで洗浄するハナノア300ml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

メジロマックイーン逝く

昨日、芦毛の名馬メジロマックイーンが心不全のために死亡したそうです。昨日はメジロマックイーンの誕生日でもあったらしいですよ。メジロマックイーンは私がちょうど競馬に興味を持ち出した頃に走っていた馬で、確か親子三代続けて天皇賞を制覇したことでも良く知られていたと思う。

残念ながら産駒は今のところ大きな勝ち星は無く、これで親子四代の天皇賞制覇はかなり難しくなりましたね。

賞金総額が史上初10億円馬だとは、今回のニュースを見るまでは知らなかったけど、確かに記録を見てみると、21戦12勝で2着が6回、不良馬場で2桁大敗はあるけど、連対率が86%の凄い馬だったので納得です。

安らかに眠ってください。

ポニーキャニオン 最強の名馬 メジロマックイーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 3日 (月)

新東京タワー

この間、新東京タワーが墨田区に建設されることが決定しました。目的は地上波デジタル放送の送信タワーとして。高さは600メートル級で今の東京タワーの約2倍で、電波塔としては世界一になる見込みだそうです。建築費は約500億円だって。

現在の東京タワーでも、地上波デジタル放送の送信タワーとして既に稼動していることや、景観が損なわれるというような意見、税金の無駄などの反対意見もあるそうですが、ちょっと前に話題になった日本橋の上の高速道路を移動させるのに何千億円も掛けようとする事の方が私的には理解できないですけど。

その他にも電磁波の問題なんかがあるみたいで、タワー付近は電磁波で体に悪影響が起こると言われているらしい。そんなことを言っても、今の世の中、携帯電話やら無線LANやら、至る所で電波は使われていますからね。電波を無くすなんて不可能でしょう。電波の影響を防ぐ研究を急いだ方が良いでしょうね。

我々システムエンジニアやプログラマーも、毎日、一日中コンピューターの前にしがみついて、コンピューターから発せられる電磁波の影響は受けてますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

ココログもしっかりして!

昨年から予定されていたとおり、ココログのベーシック以上のタイプもフリー版と同様のバージョンアップが先日行われたようですが、やっぱりというか、案の定というか、トラブルが続出しているようです。

昨年もトラブルでレスポンスが悪くなったときも、改善されるまで時間がかかっていたので、今回のバージョンアップも大丈夫なのだろうかと思っていたんだが・・・。

ユーザー側が懸念していたのだから、当然ココログ側もトラブル可能性は考慮していたはずだが、現状から考えると事前にテストなどを十分に行っていたとは思えず、とりあえず出たとこ勝負で対応しているように思えますね。まあ、実際に対応しているエンジニアは今大変な思いをしているのでしょうけどね。

影響といえば、この間も記事をアップしようとしたら中々アップされなかったり、昨日もアップしたと思っていた記事が途中で止まってしまったらしく、半日たって気付いて、アップし直したりと・・・。

まぁ、私の影響はその程度なのでとりあえず大丈夫ですが、他の人のクレーム記事を見ていると重大な影響を受けている方もいるみたいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »