« 冷涼グッズ | トップページ | 南びわこ駅 »

2006年8月 3日 (木)

亀田興毅の世界タイトル

昨日、亀田興毅選手の世界タイトルへの挑戦が行われた。本当にいよいよかという感じ。TBSもこの日を「亀田の日」と名づけるほど力を入れているようで、中継も実際の試合は午後9時頃から始まったのに、7時30分から引っ張っていましたね。

試合は1Rが終わる寸前、ファン・ランダエタ選手の右フックが亀田興毅選手の顎に決まりまさかのダウンを奪われた。直ぐに立ち上がり、その後ゴングに救われたのだが、ちょっとダメージのある感じ。

2Rから単調な打ち合いが続き、地デジで見ているとリング脇の観客席もくっきり映っているので、思わずそこに座っている著名人に目がいってしまった。朝青龍やサッチー、川島なお美などがいたと思うが、あと何人か知ってる顔があったけど名前がちょっと判らなかったです。

6Rの終了間際ランダエタ選手の頭が興毅選手の顔面に当たり、 右目の上から少し出血したとき辺りからちょっと苦しい表情が目立ってきたようで、ちょっとやばいかなと思ったけど7Rにレバーへの攻撃が効いて来たのか、ランダエタ選手が後退する場面があり、まだ一進一退という感じでした。

それにしても毎回コーナーに戻るたびに、親父のビンタで気合を入れられていたけど、そのビンタが効いちゃっているんじゃないの。

客席から興毅コールが起こって優勢になったシーンもあったがスタミナが続かないのか、ラッシュも途中で止まってしまった。

11R以降はまさしく死闘という感じで、興毅選手が途中苦しくなりクリンチに逃げることが多くなり、これは負けてしまうなと思ったんですが、結局12Rを戦いきり、僅差の判定で亀田興毅選手が新チャンピオンになることになった。

最後にマイクを向けられて亀田興毅選手が「どんなもんじゃい!」と叫び、またお得意の強気な発言が出るのかなと思いきや、「不細工な試合してすんません」と頭を下げ、「親父のボクシングが世界に通用すると証明で着てよかった」と言って泣き出したときはちょっとうるっと来てしまいましたね。

最後は朝青龍に抱えられて拳を突き上げているところで中継は終わりました。

本人もそう思っていただろうが、やはりスッキリとKOで決めて欲しかったですね。微妙な判定ではあったけど、ダウンを一度奪われているし、最後の2ラウンドは苦しそうだったし、負けたと思った人は結構多かったんではないでしょうかね。

|

« 冷涼グッズ | トップページ | 南びわこ駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/11226620

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田興毅の世界タイトル:

« 冷涼グッズ | トップページ | 南びわこ駅 »