« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

ディープ不在で混戦

結局、天皇賞を回避することになった「ディープインパクト」、元々無理なローテーションだったんだから出る見たいのことを言わなければ良かったのにと思うんですが、そんなディープのいない天皇賞は何が来ても不思議ではないほど混戦模様。

1番人気は前走の京都大賞典の勝ち馬「スイープトウショウ」、2番人気は3歳馬ながら札幌記念を勝った「アドマイヤムーン」、3番人気は「コスモバルク」でした。

レース前、「オースミグラスワン」が検量前に放馬して、一時馬体重が計測不能の表示がされたり、かえし馬で「トリリオンカット」が放馬して出走除外になったりとちょっとごたごたしてました。

レースは「インティライミ」が鼻を切り先頭、その後に「ダイワメジャー」、「ダンスインザムード」が続く展開、人気の「スイープトウショウ」は中段後方、その後ろに「アドマイヤムーン」。直線先頭に立った「ダイワメジャー」がそのまま押し切って先頭でゴールイン、2着には「スウィフトカレント」、3着には「アドマイヤムーン」でした。

私個人的な話ですが、今回は思い切って1番人気の「スイープトウショウ」を切って、「ダンスインザムード」と「アドマイヤムーン」を軸に何頭か三連複の馬券をIPATで買ったんですが、相手に「スウィフトカレント」と「ダイワメジャー」も勝っていたので、直線で一時「ダイワメジャー」、「スウィフトカレント」、「ダンスインザムード」になったとき「そのまま」と思ってたんですが、その後3着が「アドマイヤムーン」に変わったとき、ちょっとヒヤッとしたんですが両方軸で買っているから大丈夫と思って喜んでたんです。

しかし・・・、「ダンスインザムード」と「アドマイヤムーン」を軸に同じ馬に流して買っていたはずが、投票結果を見てみると「ダンスインザムード」、「スウィフトカレント」、「ダイワメジャー」の三連複は買ってるんですが、「スウィフトカレント」、「ダイワメジャー」、「アドマイヤムーン」が見当たらないんです。そう、勝ったつもりが勝っていなかったという、しかもその馬券が来たという最悪の結果。へこんでいます。(≧◇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

とうとう国内PCでも発火

国内のパソコンメーカーもソニー製のリチウムイオン電池のリコールを開始したとこの間書いたけど、とうとう国内でもリコール対象のリチウムイオン電池を搭載した富士通のノートパソコンから発火して利用者が火傷を負う事故が発生したらしいです。

ニュースによると電源を切った状態で充電中に火花が発生したらしく、利用者はにおいと音で気付いて火花を消そうとして火傷したそうなんです。

事故の発生件数から確率的にはかなり低いと思うんですが、やはり同じ国内で事故が発生すると不安なので一応リコール対象機種かどうか調べておこうと思い、自分のLOOXとVAIOの型番が載っていないかそれぞれのホームページで調べたけど、対象機種ではなかったようです。とりあえず一安心です。

でもやっぱり不安は不安ですよね、ノートパソコンは充電池の部分は電源を入れているときは結構熱くなっていますし、充電なんて常にしていないといざというときに使えないですからやってますしね。留守中に発火しているなんてことがあったらと思うと・・・。

この間ソニーが改めて、ここまでリチウムイオン電池発火の問題が拡大してしまったのは当初の原因解析が不十分だったことを会見で認めたそうです。(ニュース記事)

ソニーが原因説明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

EAZYモバイルSuica

昨日、携帯で銀行サイトにアクセスしたとき、新たにモバイルSuicaへチャージするメニューが出来ていました。当初、モバイルSuicaはauとドコモだけのサービスだったので興味は持ってなかったんですが、ボーダフォンもSoftBankになって、いよいよ12月からサービスを開始する予定で、我がAQUOSケータイも該当機種になっているのでちょっと考えて見ようかと思ってます。

モバイルSuicaも当初はVIEWカードの会員にならなければならないという理不尽な制限も今月から他社のクレジットカードが選択できるようになったし、この間からEAZYモバイルSuicaというクレジットカード不要のサービスが開始されたみたいで、お金をかけている割にはあまり増えない会員数の増加に必死みたい。

もうひとつ気になっていたのは、年会費なんですが、今なら初年度は無料らしいが別途1,000円の年会費が必要だという。ちなみにVIEWカードなら当面無料と差別化が図られている。

EAZYモバイルSuicaなら年会費は必要ないみたいだが、駅のコンビニ「NEWDAYS」や「ファミリーマート」の一部店舗で入金するか、大手銀行のモバイルバンキングからチャージするしか出来ない。私はモバイルバンキングをしているので問題ないのだが、モバイルバンキングでチャージする場合、1回105円の手数料と通信料がかかるのでどちらが特かは微妙な感じです。

また、EAZYモバイルSuicaではSuica定期券とSuicaグリーン券の利用が出来ない。私は定期券は使わないし、Suicaグリーンシステムを導入している列車に乗る機会も無いので今のところは必要ない。

将来的には来年の3月から始まる私鉄のPASMOと相互利用も開始されるので、使って見たいという気持ちは膨らんでいるんですが、いずれにしろSoftBankは12月からなのでちょっと待ち状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

番号ポータビリティ スタート

いよいよ、今日から携帯電話の電話番号を変更しなくてもキャリアを変更できる「番号ポータビリティ」が始まりました。前にも書いたかもしれないけど、私としては今年「AQUOSケータイ」に変えたばかりだし、余程の事が無ければ他社に切り替えるつもりはなかったんでそんなには期待してなかったです。

ここ数ヶ月はやたらと各社が競ってコマーシャルを流していたけど、これぞ価格破壊といえるような料金設定もサービスも目に付かなかったです。

一応、ソフトバンクで「予想外割」というのが月額2,880円で提供され無料通話、無料メールを謳っているが、ソフトバンク同士に限られるとか、色々と制約があるらしい。しかも期間限定キャンペーンで期間内に契約した人が対象らしい、プラン変更だと適用してもらえないのであろうか・・・?

テレビでどこかの調査会社が調べた結果によると、「番号ポータビリティ」を利用したいと考えている人が10%もいないとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

今年の三冠は・・・

去年の菊花賞は「ディープインパクト」の無敗の三冠馬の特集としてフジテレビのスーパー競馬の出演者も関西テレビのドリーム競馬に乗り込んで京都競馬場から放送するほどの大騒ぎだったのに、無敗では無いにしろ同じ三冠を狙う今回の「メイショウサムソン」では、ドリーム競馬では一応14時35分から「メイショウサムソン」の特集を組んでいたけど、スーパー競馬は通常通りの放送枠。ちょっと格差がありすぎじゃないと思って見てましたけど。

1番人気は当然、「メイショウサムソン」でしたけど、これまでずば抜けて他馬に勝って来た訳でもないし、「フサイチジャンク」の取引価格が3億3千万円だったのに対して、「メイショウサムソン」はわずか700万円の価格であったり、瀬戸口調教師自ら雑草と呼ぶほど華々しさの無い馬で、不安材料は多いはずなのに人気が高かったのはやはり皆勝って欲しいと思ってたんでしょうね。

レースは武豊騎手が「アドマイヤメイン」が大逃げ、「メイショウサムソン」は4、5番手の展開、4コーナー手前で仕方なく「メイショウサムソン」が「アドマイヤメイン」を捉えに行ったけど、直線後ろから来た「ドリームパスポート」が抜き去り先頭に踊り出たけど、直ぐに更に後ろから来た武幸四郎騎手が乗る「ソングオブウインド」が差しきり優勝した。

2着には「ドリームパスポート」、3着には逃げ残った「アドマイヤメイン」で、残念ながら「メイショウサムソン」は4着で三冠の達成はなりませんでした。

ちょっと「メイショウサムソン」が三冠を取って、有馬記念辺りで「ディープインパクト」と新旧三冠馬対決なんかあるかなと期待してたんですけど、競馬は思うとおりにはなりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

ウルトラマンタロウが教官

今日の夕方、テレビを付けたらウルトラマンタロウが怪獣と戦っていた。再放送でも始まったのかと思ったが、ウルトラマンメビウスに登場していたのだ。プロ野球の日本シリーズの影響で放送時間が1時間早まっていたので誤解しちゃいました。

話の中でウルトラマンタロウがウルトラマンメビウスの教官で助けに来たみたいな流れでした。この間の映画には唯一出演しなかった篠田三郎氏は出ていなかったけど、来週も引き続きウルトラマンタロウが出るみたいだから出てこないかなと思ってます。

子供の頃、ウルトラマンレオまでは確かに見ていた記憶はあるのだが、レオやタロウのオープニングの曲は覚えているけど、どんなストーリーがあったかはあんまり覚えていないんですよね。逆に初代ウルトラマンやウルトラセブンは幼すぎて放送当時の記憶があるわけが無いけど良く覚えている。それだけ何度も再放送をやっているということなんでしょう。

この間、MXテレビの円谷劇場でウルトラセブンが放送しているのを見ました。今までなら映像はノイズだらけで音声がやっと聞こえるくらいだったんですけど、地上デジタルになってからは見られるようになりました。ちょっと前までは地上デジタルでも映らないことがあったんですが、最近はなぜか映るようになってますね。

DVD ウルトラマンタロウ 激レアアイテム封入 Vol.1~5メモリアルセット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

ディープが失格の可能性?

さっきニュースで「ディープインパクト」から禁止薬物が検出されて、凱旋門賞を失格になる可能性があるという、競馬ファンにとってはショッキングなニュースが流れていた。いわゆるドーピング検査に引っかかったんですが、検出されたのはイプラトロピウムという気管支を拡張させる作用のある薬物らしく、「ディープインパクト」がフランス滞在中に治療のために使ったものらしい。

この薬品は体内残留期間が短いらしく、レース前に使用を止めていれば問題なかったらしいんですが、日本国内では流通していない薬品で、JRAでは禁止薬物としては指定されていないということで、誤解があった可能性があるということらしい。

この間の引退発表で大騒ぎしたと思ったら、今度はちょっと悪いニュースで、常に世間を騒がせるところはさすがスターホース?とはいえ当の「ディープインパクト」にはまったく責任のない話、周りで勝手に大騒ぎして、勝手に落胆している位に思ってるかもしれませんね。

今後「ディープインパクト」は、天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念に出走を予定しているとのことだが、今のところ国内のレースには支障はないとのことです。

でも、フランスから帰ってきて直ぐの天皇賞から出走登録していたのは驚き、ローテーション的に酷な気がするんですがね。まだ3レースとも走るかは決定していませんが、来年からも過酷な種付け生活が待っているのだからあまり無理をさせて寿命が縮まるんではないかと心配ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

住所録はどこへ?

コンビニに行ったら、年賀状の印刷予約の張り紙がしてあった。「えっ、もうそんな時期なの!?」ってちょっとこの歳になると時間が経つのが早くかんじるんですかね・・・。この間、年賀状を印刷したような気がするんですがね。

そこで、去年年賀状を出した人をチェックしようと思って「筆まめ」を起動してみて住所録を開こうとしたんだけど、更新日付が2004年の12月になっている。おかしいなと思って中を見てみたんですけど、去年更新したはずのデータが反映されていなかったから、やはり古いデータ、でも去年の12月に作成した文面ファイルは存在しているので作成はしてるはずなんですよね。

違うところに保存したかなと思って、ドライブを検索してみても見つからない。今年始めにハードディスクがクラッシュしたときにデータが飛んでしまったのかと思い、「ファイナルデータ」で検索したけど見つからない。

もう、あきらめて届いた年賀状から住所を入力しようと思ったとき、何気なく開いたサーバーのフォルダーに住所録を見つけました。ちゃんと去年末の更新日付になっているもので中身の最新のものでした。

なぜ、サーバー上に住所録が移っていたか?と考えると、あまり覚えていないんですが、多分ノートPC上にデータを渡そうとしてサーバー上に保存したんではないかと思います。

ちょっと記憶力もやばくなってきたんでしょうかね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月16日 (月)

ソニーのバッテリー問題は拡大

とうとう、国内メーカーからも賠償責任を検討されることにまで膨らんだ、ソニーのバッテリー問題、知らない間に東芝や日立はリコール開始していて、富士通やシャープもリコールを行うことを発表しているらしい。

だったら、SONYのVAIOはどうなるのと思いソニーのホームページにいくと、一応、各種の安全施策を考慮したシステム構成となっているので安全だということは謳いつつ、自主交換プログラムについても検討していくということが出ていました。ソニー製パーソナルコンピューター VAIO のバッテリーの安全性について

ということは問題があるということは自他共に認められているということですよね。私のVAIOが該当するかどうかわからないですけど、もしそうなら発火されたら困るので交換して欲しいとは思うけど、もし交換によって稼働時間が減るなどの性能が悪くなるならちょっと考えてしまうかもしれませんね。

また、どうせただで交換してくれるなら、バッテリーだって元々何年か使ったら交換しなければならない消耗品なんだから、交換期限ギリギリまで待って交換したほうが特かも知れないとせこい事を考えてしまいます…。

それにしても、ソニーは世界中で700万台もリコールされているらしく、最近良いニュースを聞かないソニーにとってはこの上、賠償責任まで要求されると大打撃を喰らうでしょうね。「世界のソニー」は何処に行ってしまったんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

無敗の秋華賞馬

先程、秋華賞で無敗のオークス馬「カワカミプリンセス」が優勝しました。桜花賞もオークスに引き続き今回も1番人気だった武豊騎手が乗る「アドマイヤキッス」はまたまた勝てずに4着に敗退しました。

勝った「カワカミプリンセス」は4戦4勝のオークス馬だったけど、春のオークスからレースに出走せず、ぶっつけの本番だったためか2番人気。3番人気には桜花賞馬「キストゥヘブン」でした。

逃げたのは「トシザサンサン」、「コイウタ」、「シェルズレイ」で、少し離れて「アサヒライジング」、「カワカミプリンセス」は中段、「アドマイヤキッス」はそれよりも後ろの位置取りの展開。

直線で先頭に立った「アサヒライジング」をゴール前で「カワカミプリンセス」が捉えて1着、2着は「アサヒライジング」、3着には4番人気だった「フサイチパンドラ」が入り、後ろから追い込んできた「アドマイヤキッス」は4着までしか届きませんでした。

2着の「アサヒライジング」は今年のアメリカンオークスの2着馬だったけど、こちらも休み明けということで人気は5番人気でしたが、この馬も強いということでしょうね。結局、オークスの1着から4着までの馬が2着と3着の着順が入れ替わっただけの結果だったんだけど、1番人気がこけたために配当はまあまあでしたね。私は毎回「アドマイヤキッス」に裏切られているのですが・・・。

やはり強かったのは「カワカミプリンセス」。もし桜花賞に間に合っていれば、無敗の牝馬三冠馬になっていたかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

ディープが年内引退

Yahooでニュースを読んでたら、「ディープインパクトが年内で引退へ JRA発表」という記事が目に入った。オーナーの金子真人氏の意向らしいです。残念だけど51億円のシンジケートが組まれるそうですから、その判断も止む得ないのですかね。確かナリタブライアンが20.7億、ラムタラが44億だったと思うので、それ以上ということですね。

でも、JRAとしては去年からディープインパクト様様だったのに、少し早い引退にファン同様、がっかりしているのではないでしょうか。ディープに続くスターホースは出てくるでしょうかね。一応今年も三冠馬の可能性はあるのですが…。

私としてもこの間の凱旋門賞で残念な結果だっただけにちょっと残念な気はします。年内の出走は未定だそうですが、出るとしたら天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念だと思うのですが、天皇賞は時期的に難しいでしょうね。

出来ればジャパンカップか有馬記念でハーツクライにリベンジをしてから引退させてあげたいのですが、陣営としては無事に引退させることが第一になってくるでしょうから、どうなるかわかりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

中日が優勝したんだ・・・

久々に更新が二日もあいてしまいました。気が付くとなんだか昨日中日がリーグ優勝を決めたみたいで、阪神の猛追も届かなかったのかとちょっとがっかり。それにしても昨日野球なんてやっていたっけと思って、テレビ欄をチェックしてみたけど関東地方ではまったく中継していなかったみたい、じゃあ東海地方ではやっていたのかなと思ったら、東海地方でもやったいなかったみたいですね。

結果を見ると、相手も巨人で東京ドームの試合、しかも延長で勝つという劇的な勝ち方をしたみたいだから、これを見たかった中日ファンも多かったのではと思って、ニュースのほうも検索してみると放映権を持っているのが日テレで「今シーズンの野球放送予定が終了しているため」らしい。とりあえずNHKがBSの方で中継したらしいが、リーグ優勝のかかった試合が地上波で中継されないなんて、プロ野球もここまで低迷してしまっているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

はじめての粗大ゴミ処理

リクライニング式でごろ寝も出来る、ちょっと大き目の座椅子があったんですが、リクライニングの部分などいろんな部分が壊れていたので処分しなければと考えていたんですが、そのまま捨てるには大きすぎるし、面倒でなかなか手をつけづにいたんですが、この間粗大ゴミに出しました。

最初、廃品回収業者に頼のもうかとおもったけど、前に使ったとき結構な料金をボッタクられたので止めました。そこで正規のルートを利用しようと、市のホームページに行き、粗大ゴミを出す方法を調べて見ました。

するとネット上で申請できることがわかったので、ホームページ上でネットIDを申請して申請用のアカウントをつくり、粗大ゴミの出す日、場所、粗大ゴミの種類、サイズを選んで申請、あとは必要な粗大ゴミ処理券をコンビニで買って、そのときに発行された番号を記入して粗大ゴミに貼ってゴミ置き場に出すだけと、意外と簡単でした。

処理券の料金も今回の大き目の座椅子で500円と廃品回収業者に出すよりは安く済んだと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 6日 (金)

目黒線に急行

昨日、客先に言ったときに目黒線に乗ってたんですが、武蔵小山に停車したときになんだか急行と待ち合わせをします見たいなアナウンスが流れていた。最初聞き間違いかなと思ってたんですけど、しばらくすると向かいの線路に急行が入ってきた。

一瞬わけがわからなかったけど、行き先が武蔵小杉になってたし急行も走るようになったんだと判断して直ぐに急行に乗り換えました。停車駅は武蔵小山、大岡山、田園調布、多摩川と確定よりは、5駅停車駅が少ない程度だけど、まあ便利は便利です。

そういえば、武蔵小山と西小山の駅が地下に移ったときになんで武蔵小山だけ片方のホームの両側に電車が止まれるようになっていて計4線あったのが不思議だったんだけどこういうことだったのかと合点がいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

PodCastを楽しむ

結構高い割合で各ラジオ局がポッドキャストで番組を配信しているんですが、秋の番組編成を機にまた新しいポッドキャスト向け番組も始まるようです。基本的にはラジオの本放送の一部を編集して流しているところが多いようですが、中にはポッドキャスト向けにわざわざ録音して配信している番組なんかもあるんですよね。

ラジオの本放送の宣伝が目的だと思うのですが、そのラジオが聞けない地方の人には意味のないような・・・。でも、聞くほうの立場としてはどんどん番組配信をしてほしいですね。

最近は仕事のバックミュージック的にポッドキャストでダウンロードした番組を聴いていますが、なかでもTBSラジオがやっているpodcasting954でやっているJUNKが面白くて聞いてますね。ポッドキャスト用に録音していることも多く、殆どの曜日が番組を配信しています。

同じ時間帯のニッポン放送のオールナイトニッポンもニッポン放送Podcasting STATIONでこの秋からいくつかポッドキャスト番組をはじめるみたいですよ。

他にもポッドキャスト番組をやっている全国の主なAMラジオを紹介しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

ディープは3着

期待された「ディープインパクト」の凱旋門賞挑戦は残念ながら3着に終わった。勝ったのは3歳馬「レイルリンク」で、2着は唯一の牝馬の「プライド」でした。

地上波の凱旋門賞の中継より30分前からやっていたBSの前番組で1999年に凱旋門賞で2着に入った「エルコンドルパサー」の蛯名正義騎手が出ていて凱旋門賞のレースについて話したりしているのをそわそわしながらみていました。

中継が始まって、色々日本と勝手が違うんだなということにちょっと驚いた。まず、パドックに馬が出てきたら、馬も止まらずに騎手が乗ってそのまま直ぐに馬場に出てしまうんですよね。後、馬が移動するときものすごく周りの人との距離が近くて、見ていて人ごみの中を馬が歩いているように見えましたね。ゲートの後ろに普通に車が通っている道路が見えているのにもちょっとビックリしましたね。また、ファンファーレも無いようでした。

レースの方はスタートの苦手なディープが上手なスタートを切って、このまま先頭に立ってしまうかと思うほどだったけど、何とか2番手につけ、中盤は3番手からの競馬でした。直線先頭に立ったように見えたんですが、直ぐディープの真後ろをマークしていた「レイルリンク」にかわされ、ゴール前にしんがりにいた「プライド」にも差されて3着でした。

3強といわれていた「ハリケーンラン」は4着、「シロッコ」は最下位だったので3強の中では一番早くゴールしたとは言えるんですがね。

展開的には差し馬が有利な展開だったと思えるので、ディープもスタートが良すぎて前で競馬することになったのが計算外だったかもしれない。後、パドックで気持ち腹が上がっている様な気がしました。馬体重は量らないのでわからないけど、仕上がりもギリギリだったんではないでしょうかね。

岡部幸雄元騎手が解説で3歳馬との斤量差が3.5kgもあるので、凱旋門賞は3歳馬が有利に出来ているといってましたね。

やはり凱旋門賞の壁は厚いです。「ディープインパクト」も無事に日本に帰ってきて、日本の競馬でもまた活躍して欲しいです。「ハーツクライ」へのリベンジもまだ果たしていないですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

2006年秋GⅠ開幕

いよいよ今年も秋のGⅠシーズンがやってきました。この間春のGⅠが終わったばっかりだと思ってたら、なんかあっという間にこの時期になってしまった。

秋のGⅠシーズン初戦は今年から国際GⅠに格上げになったスプリンターズ・ステークス。でも、フジテレビの「スーパー競馬」では、レギュラー人がみんな凱旋門賞を観戦にフランスに言ってしまい、代理の三宅アナと居残りの井崎脩五郎氏の二人だけという寂しい中継でした。別に凱旋門賞の中継するわけではないんだからレギュラー番組をほって置いてわざわざ行かなくてもと思ったけど、なんか特番するんですかね。

スプリンターズ・ステークスのほうは6番人気までが単勝10倍以下の混戦模様、1番人気はオーストラリアの「テイクオーバーターゲット」、2番人気は日本の「シーイズトウショウ」だが、3番人気が昨年のスプリンターズ・ステークスの勝ち馬、香港の「サイレントウィットネス」、4番人気がイギリスの「レザーク」と上位は外国馬のほうが人気を占めていた。

レースはスタート前に「メイショウボーラー」がゲート嫌い、福永騎手が一旦馬から降りて馬がゲートに入ってから乗るというちょっとしたハプニングがあって1分程スタートが遅れた。それで焦らされたからかわからないけど、レースはスタートして「テイクオーバーターゲット」、「サイレントウィットネス」、「ステキシンスケクン」が速いペースで逃げる展開、結局「テイクオーバーターゲット」そのまま押し切り優勝、2着にはスタートでごたついた「メイショウボーラー」が入った。3着にはしんがり人気の「タガノバスティーユ」が入ったので、3連複は569,750円、3連単は2,637,570円という超高配当がついた。

「こんな馬券はとれません・・・・・・(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »