« 住所録はどこへ? | トップページ | ウルトラマンタロウが教官 »

2006年10月19日 (木)

ディープが失格の可能性?

さっきニュースで「ディープインパクト」から禁止薬物が検出されて、凱旋門賞を失格になる可能性があるという、競馬ファンにとってはショッキングなニュースが流れていた。いわゆるドーピング検査に引っかかったんですが、検出されたのはイプラトロピウムという気管支を拡張させる作用のある薬物らしく、「ディープインパクト」がフランス滞在中に治療のために使ったものらしい。

この薬品は体内残留期間が短いらしく、レース前に使用を止めていれば問題なかったらしいんですが、日本国内では流通していない薬品で、JRAでは禁止薬物としては指定されていないということで、誤解があった可能性があるということらしい。

この間の引退発表で大騒ぎしたと思ったら、今度はちょっと悪いニュースで、常に世間を騒がせるところはさすがスターホース?とはいえ当の「ディープインパクト」にはまったく責任のない話、周りで勝手に大騒ぎして、勝手に落胆している位に思ってるかもしれませんね。

今後「ディープインパクト」は、天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念に出走を予定しているとのことだが、今のところ国内のレースには支障はないとのことです。

でも、フランスから帰ってきて直ぐの天皇賞から出走登録していたのは驚き、ローテーション的に酷な気がするんですがね。まだ3レースとも走るかは決定していませんが、来年からも過酷な種付け生活が待っているのだからあまり無理をさせて寿命が縮まるんではないかと心配ですね。

|

« 住所録はどこへ? | トップページ | ウルトラマンタロウが教官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/12345520

この記事へのトラックバック一覧です: ディープが失格の可能性?:

« 住所録はどこへ? | トップページ | ウルトラマンタロウが教官 »