« ウルトラマンタロウが教官 | トップページ | 番号ポータビリティ スタート »

2006年10月22日 (日)

今年の三冠は・・・

去年の菊花賞は「ディープインパクト」の無敗の三冠馬の特集としてフジテレビのスーパー競馬の出演者も関西テレビのドリーム競馬に乗り込んで京都競馬場から放送するほどの大騒ぎだったのに、無敗では無いにしろ同じ三冠を狙う今回の「メイショウサムソン」では、ドリーム競馬では一応14時35分から「メイショウサムソン」の特集を組んでいたけど、スーパー競馬は通常通りの放送枠。ちょっと格差がありすぎじゃないと思って見てましたけど。

1番人気は当然、「メイショウサムソン」でしたけど、これまでずば抜けて他馬に勝って来た訳でもないし、「フサイチジャンク」の取引価格が3億3千万円だったのに対して、「メイショウサムソン」はわずか700万円の価格であったり、瀬戸口調教師自ら雑草と呼ぶほど華々しさの無い馬で、不安材料は多いはずなのに人気が高かったのはやはり皆勝って欲しいと思ってたんでしょうね。

レースは武豊騎手が「アドマイヤメイン」が大逃げ、「メイショウサムソン」は4、5番手の展開、4コーナー手前で仕方なく「メイショウサムソン」が「アドマイヤメイン」を捉えに行ったけど、直線後ろから来た「ドリームパスポート」が抜き去り先頭に踊り出たけど、直ぐに更に後ろから来た武幸四郎騎手が乗る「ソングオブウインド」が差しきり優勝した。

2着には「ドリームパスポート」、3着には逃げ残った「アドマイヤメイン」で、残念ながら「メイショウサムソン」は4着で三冠の達成はなりませんでした。

ちょっと「メイショウサムソン」が三冠を取って、有馬記念辺りで「ディープインパクト」と新旧三冠馬対決なんかあるかなと期待してたんですけど、競馬は思うとおりにはなりませんね。

|

« ウルトラマンタロウが教官 | トップページ | 番号ポータビリティ スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/12376024

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の三冠は・・・:

« ウルトラマンタロウが教官 | トップページ | 番号ポータビリティ スタート »