« PS3いよいよ発売 | トップページ | イヤーフォン買い替え »

2006年11月12日 (日)

エリザベスは審議、降着!!

今年のエリザベス女王杯はまさに、3歳馬対古馬の戦い。人気は今年無敗で秋華賞を勝ち取った3歳馬「カワカミプリンセス」と昨年のエリザベス女王杯の勝ち馬「スイープトウショウ」とで二分する形となった。

レースは「シャエルズレイ」が大逃げして、少し間を空けて「ライラプス」、また少しあいて「アサヒライジング」、「アドマイヤキッス」、中段に「カワカミプリンセス」その後ろに「スイープトウショウ」という展開でした。

直線「カワカミプリンセス」がゴール前で抜け出し先頭ゴール、2着には「フサイチパンドラ」、3着には「スイープトウショウ」が入ったのですが、直線は行って直ぐ「カワカミプリンセス」がちょっと強引な入り込みをしたため、「ヤマニンシュクル」の進路妨害の審議対象になり、なんと降着になってしまった。

結果、1着には「フサイチパンドラ」、2着に「スイープトウショウ」、3着には「ディアデラノビア」が繰り上がることになって、オッズもやや荒れでしたね。

「カワカミプリンセス」にとっては無敗のエリザベス女王杯馬および、無敗の三冠馬になれるところだっただけに、騎乗した本田騎手も悔しい思いをしたでしょうね。

パイロットビデオも見たけど、進路妨害も微妙といえば微妙、力負けはしてないのだから本田騎手もあと少し前に行ってからコース変えても十分勝てたと思うので、ちょっと残念な結果でしたね。

|

« PS3いよいよ発売 | トップページ | イヤーフォン買い替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/12656632

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベスは審議、降着!!:

« PS3いよいよ発売 | トップページ | イヤーフォン買い替え »