« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

帰省ラッシュ

今年もギリギリまで仕事があって、昨日なんとか大阪に帰省できたけど、結局大晦日と元旦に帰省先からしなきゃならない作業があるので完全な休みってなかなか取れないなぁと……。でも、われrわれが子供の頃はお正月なんかはどこのお店も休みだったけど、今はコンビニやスーパーは開いているし、デパートも大概二日からは開いているので、お正月も中々休めない人が増えているんで無いでしょうかね。大手銀行のATMも三箇日に稼動するくらいですからね。お正月をのんびり海外で過ごすなんていうのは芸能人と富裕層の方たちだけでないでしょうかね。と僻んでみたくもなります。

昨日は午前中まで仕事をして夕方の新幹線で大阪に向かうことにしていたんですが、昼のニュースで散々帰省ラッシュを扱っていたけど指定席は取ってあるしこれまでもお盆や年末年始でもそんなに混んでいるということは無かったので安心していたんですが、新横浜に着いてみるとものすごく混んでいたので驚きました。

でも、人の流れを見ていると新幹線の改札には向かわず、なぜか外に出て行く人が多いようでした。後から調べてわかったんですが、どうも横浜アリーナで「関ジャニ∞」のコンサートかなんかが開かれていたらしく、私が新横浜に着いた頃はちょうど1回目と2回目の公演の間だったので行く人と帰る人でごった返してたようです。

おかげで、お土産を買うのも一苦労で、お弁当なんかも売り切れ続出で買いたいものが買えませんでした。新横浜駅は改装工事をしているらしく、いつものお土産店なども無くて、一箇所に集中してたのも原因だと思います。

新幹線の改札に入ってからは例年通りの混み具合でそれ程は混んでいなかったです。改札内の方が良いお弁当が残っていたので最初から改札に入っていればよかったとちょっと後悔しましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

VistaとOffice2007

この間、客先で世間話をしているときに「VistaやOffice2007の対応って出来るの?」なんて聞かれちゃいました。そのときは適当に話をごまかしちゃいましたが、来年以降、気の早い顧客は導入するかも知れないし、新しいパソコンを購入する場合、VistaとOffice2007を選択する可能性は高いわけですから対応しないわけにはいかないでしょうね。

特に顧客のActive Directory の環境にちゃんとVistaを参加させられるか、Officeベースのシステムがちゃんと動作するか、その他にもVistaで動作確認する必要には迫られるでしょう。

そうすると、やはりVistaとOffice2007は入手しないといけなくなるんだけど、両方入手するとなるとかなり高いコストがかかってしまうし、当然古い環境のままの顧客もいるわけだから今の環境も残しておかなければならないので、新しいPCを買うかマルチブートを考えないといけないなんて考えて二の足を踏んでしまうんですよね。

忙しくなければ時間かけて調査したりしたいんですがね。当面は様子見ということになりそうです。

上新電機 上新電機

上新電機 上新電機

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

ディープがラストランで七冠馬

今年もいよいよ最後のGⅠレース有馬記念が行われました。「ディープインパクト」のラストレースということもあり、中山競馬場では11日も前から並んでいた人がいたそうなんですが、単勝は1.2倍まででした。去年の1.3倍よりは上まったけど、ラストランだから記念馬券を買う人が多くて菊花賞以来の1.0倍まで良くかと思いましたがね。

でも、昨日までは2番人気の「ドリームパスポート」も単勝1桁倍率だったんですが、馬体重がプラス12kgということで人気を落としたのか最終的には13.1倍まで落ち込み「ディープインパクト」がダントツの1番人気になったのはさすがです。

いつも馬場入りでトラブルを起こす「スイープトウショウ」は今回はスムースに馬場入りしたようですが、ファンファーレが鳴ってゲート入りさせられるとき、嫌がってしまって後ろ向きにゲートに近づけていって数人がかりで何とかゲート入りさせたときにはスタンドから歓声が沸き起こってちょっと笑えた。最初のゲート入りだったので他の馬には迷惑かけなかったですしね。

レースは宣言どおり「アドマイヤメイン」が大逃げする展開、「ディープインパクト」は後ろから3頭目の定位置で競馬でした。最後の4コーナー手前から一気に「ディープインパクト」が上がってきたときにはもう勝ったと思いましたね。直線でムチ一発だけで完勝でした。

2着には6番人気の「ポップロック」、3着には3番人気の「ダイワメジャー」で、「ドリームパスポート」は後数メートルあれば「ダイワメジャー」をかわせるという勢いで上がってきたんですが、惜しくも届かず4着でした。

凱旋門賞で汚点を残してしまったけれども、あれは馬の責任ではないですし、やはり「ディープインパクト」は凄い馬だと改めて思いました。「シンボリルドルフ」、「テイエムオペラオー」に続く七冠馬となり、本当は後一冠取って欲しかったですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

REIDEEN

先週WOWOWで「勇者ライディーン」が6話から10話が放送されていたので、録画して見ちゃいました。先々週から放送されていたようで、1話から5話は見逃しちゃったんですが、人面岩が割れて中から金色のライディーンが登場し主人公のひびき洸がフェードインと叫んでライディーンの中に入っていく姿をみてちょっと懐かしくて感動してしまいました。

確かに今のアニメなんかと比べたら絵なんか雑だしストーリーも単調な気はするけど、子供のころは夢中で見ていたと思います。私が子供のころ超合金で持っていたのは、ちゃんとゴットバードに変形するライディーンとガイキングだったはずなのでね。

でも何でWOWOWで今時放送しているんだろうと思ったら、来年の3月から放送される勇者ライディーンのリメイク版「REIDEEN」が放送されるからそうです。プロモーション映像を見たけどかなりイメージは違っていますね。でもちょっと面白そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

モバイルSuicaにチャレンジ

いよいよ今月からソフトバンクでモバイルSuicaが使えるようになったので、先週私もAQUOSケータイ(905SH)に入れて見ることにしました。

まず、悩んだのがクレジットカードを登録する従来タイプか、クレジットカード登録の必要のないEASYモバイルSuicaにするかです。

クレジットカードでチャージすると手数料がかからないし、Suicaグリーン券が使えるなどのメリットがあるけど、年会費が必要。EASYモバイルSuicaの方は特定の場所でチャージすれば手数料はかからないけど、ネットからチャージするなら銀行のモバイルバンキングを利用することになり、その場合は1回105円の手数料が取られるということで、10回以上モバイルバンキングからチャージするならクレジットカードからチャージする方が得ということになるんですが、やはりクレジットカード情報を登録するのはちょっと抵抗があったし後からクレジットカード登録することも可能みたいだったので、EASYモバイルSuicaの方で登録することにしました。

まず、EASYモバイルSuicaではパソコンでの仮登録が出来ないということで、携帯からアプリをダウンロードして登録を進めていくと、なんだかエリアB生成ICアプリが古いから新しくするよう要求されたので更新したりして、何とかアプリの登録が完了。

悩みつつもモバイルバンキングから3000円チャージして一応利用可能にしましたが、まだ使ってません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

久々のブルースクリーン

昨日、久々にデスクトップがブルースクリーンになって焦った・・・。前々からハードディスクに不安材料があって、騙し騙し使ってきたけど最近は異音もせず順調だと思ってたんですが密かに蝕まれていたようです。

とりあえず、OSは何とか再起動で立ち上がったけど、イベントビューアを見てみるとイベントIDが55のエラーが発生していた。ちょっと前のイベントも見てみるとだいぶん前からイベントIDが52の警告がずっと出ていたようです。

とりあえずCHKDSKをかけてみたが、3回ほどトライしたけどこのエラーが消えないので、仕方が無くこのディスクのデータを他のディスクに移して、ローレベルフォーマット、いわゆる物理フォーマットをすることにしました。

ハードディスクはMaxtorの160GBのSATAだったので、Maxtorのホームページからツールをダウンロードしてローレベルフォーマットをしようしたけど上手くいかなかったので、今まで繋いでいたSilicom ImageのSATAコントローラーで行うことにしました。

約1時間半くらいかかったんですが、何とかローレベルフォーマットが終わり、パーティションを作り直してとりあえずエラーはなくなったけど、またいつ壊れるかわからないので、しばらくは一時ファイルとか消えても良いようなデータのために利用して様子を見てみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

ノロウイルスって怖い

ネットでニュースを読んでいたら「ノロウイルス347人発症、ホテルの残留吐物で感染か」という記事が目に入った。記事を読んでみると感染した人がホテルのロビーや通路で嘔吐したらしく、それをちゃんと中性洗剤で掃除したんだけれども、その後、従業員や利用客に不調を訴えるものが相次いだというもの。

原因はじゅうたんに残った微量の吐物の可能性が高いということ、「えっ、そんな事で感染するの!?」とちょっと驚きましたね。

基本的にお年寄りや子供が感染する可能性が高いらしく、私の周りでも感染した人の話を良く聞きます。私自身も3年位前のこの時期に3週間くらい下痢が止まらなかったことがあります。ノロウイルスかどうかはわからないのですが、医者嫌いの私が1週間下痢が続いて仕方なく病院にいったら、ウイルス性の腸炎と診断されました。

最近は手にすりこむタイプの消毒液も売っているみたいなんで、予防には良いかも知れませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

ゴールドプランって・・・

なんか、色々とお騒がせ中のソフトバンクの「予想外割」の対象プランである「ゴールドプラン」に、料金プラン変更で出来るようになるそうです。今までは新規加入か機種変更で新たに携帯機器の購入が前提になっていたので、「予想外割」なんて言っても既存ユーザーには冷たいなと思ってたのですが、やっと既存ユーザーにも目を向けてくれたということでしょうか。

でもゴールドプランを調べているうちに、いつも電話やメールをやり取りするソフトバンク携帯を持った知り合いや友人がいないとあまり意味が無いみたいです。基本料金だけでも1年間の割引と組み合わせれば「予想外割」より安いものは他にもあるし、色々考えてやっぱりゴールドプランにはしないことにしました。

ただ、ソフトバンクになってから出た料金プランはオレンジプランやブループランなど他のキャリアの対抗プランでいっぱいありすぎてどれがお得なのか非常にわかり辛い。

ボーダフォン時代にはあった料金シミュレーターも無いようだし、いくつかフリーウエアで出ているのを見つけたけど、どれもちょっとわかりづらかった。

いずれにせよ、今変更してもプラン変更の場合は翌月から適応ということなので年末までに妥当なプランを選ぼうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

最小馬の優勝

先週に引き続き、サンデーサイレンス産駒がいない世代のGⅠ、朝日杯フューチュリティステークスが行われました。出走15頭中11頭の父親は私が競馬を始めてから走っている馬でこの父親がそのまま出ているレースなら凄いだろうなと思う名馬ばかり、先週はタニノギムレット産駒が勝ったけど、今週はどの馬の子供が勝つのかという点も気になりましたね。

今日のレースで単勝1番人気はスペシャルウィーク産駒の「オースミダイドウ」、三戦三勝でかつ、ペリエ騎手が乗るとういことで人気も上がったんでしょうけど、この寒空にパドックで1頭だけ発汗が激しく、かえし馬でもイレ込んでいたのにそんなに人気は下がんなかったですね。

レースはゲートが開いて単勝2番人気のステイゴールド産駒「ドリームジャーニー」が出遅れ、直ぐに先頭に立ったサクラバクシンオー産駒「アドマイヤホクト」がそのまま逃げるのかと思いきや、抑えきれなくなった「オースミダイドウ」が逃げる展開になりました。

最後の直線に入って、キングヘイロー産駒「ローレルゲレイロ」が「オースミダイドウ」を抜いて先頭に立ったけど、シンガリにいた「ドリームジャーニー」が一気に上がってきて、ゴール前で差しきり優勝しました。

「ドリームジャーニー」は父親譲りの小さい馬で今回の馬体重416㎏は朝日杯史上最小の優勝馬らしいですよ。私もディープインパクト以降、小さい馬にも注目していたので、「ドリームジャーニー」は買ってたんですけど、「ローレルゲレイロ」は買ってなかったんでね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月 9日 (土)

20世紀少年 実写映画化

先週、約9ヶ月ぶりに浦沢直樹氏の「20世紀少年」の最新刊、22巻が発売されたので、購入して早速読もうと思ったら結構話の内容を忘れてしまっているので、思い切って1巻から読み直すことにして、毎日ちびちび読んでいたら昨日までかかってしまいました。

回想シーンなのかいつの時代か時々読んでいてわからなくなることがあったので、今回読み返して、そういうことだったのかと再発見することもあって良かったです。

22巻を読み終えてみて「えっこんな終わりかたなの?」とちょっと驚いたけど、本の最後に最終章連載開始と書いてあったので、まだ続きがあるみたい。このまま多くの謎を残したまま終わったらちょっとがっかりだと思うので、納得の出来るエンディングを期待したいですね。

この22巻の本の帯に書いてあったんですが、2008年に第一部の公開予定の実写映画化決定したそうです。2008年ってまだ先の話だけど、第一部って書いてあるということは何部かに分かれて映画化されるということなんでしょうかね。

そういえば前にハリウッドに権利が買われた「MONSTOR」の方の映画化はどうなっているんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

昨日、「14才の母」を見ていて志田未来の弟役をやっている男の子がどこかで見たことあるなと思っていたら「ALWAYS三丁目の夕日」で鈴木オートの子供をやっていた子だとわかった。ちょっと成長して雰囲気も変わってたんで最初見たときは気付かなかったですね。

去年、映画館で見たときも感動したけど、先週金曜日に日本テレビで放送してたのをもう一度見たけどやっぱり感動しましたね。番組の最後に続編が「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が来年の11月に上映されるとのことです。

「続編やればいいのにな」と思っていたので実現してよかったです。「パッチギ!」の続編もやるみたいで、こちらはキャストが一新されるみたいだけど、ALWAYSは主要キャストはそのままだそうです。よかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

師走だ・・・

なんだか忙しくしているうちに、いつの間にか紅白の出場歌手も決まっていて、流行語大賞も発表されていた。今年の大賞は「イナバウアー」と「品格」に決まったそうだが、「イナバウアー」は、まぁ納得だけど、「品格」はどうなんでしょうね?

「イナバウアー」と言えばフィギュアスケートのグランプリ・ファイナルの出場選手も決まりましたね。今年は好調の安藤美姫がハンガリーのユリア・シェベシュチェンが1位で、浅田真央と村主章枝、そして浅田真央のライバルとされている韓国のキム・ユナが3位で、スイスのサラ・マイアーが6位で出場を果たしたそうです。

外の気温も一気に寒くなって、もう今年も1ヶ月を切ったんですね。年々1年が経つのが早く感じるのは忙しすぎるからでしょうかね・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 3日 (日)

SS産駒不在の阪神JF

とうとう、サンデーサイレンス産駒がいない世代になって初めてのGⅠ、阪神ジュベナイルフィリーズが開催されました。私が競馬を始めてまもなく「フジキセキ」や「ダンスパートナー」など凄い産駒が出来て以降、毎年GⅠクラスの産駒を出してきて、迷ったらサンデーサイレンス産駒を買っとけと思ったほどです。

ノーザンテーストと同じ11年連続のリーディングサイヤーで、多分今年もサンデーサイレンスがリーディングサイヤーになるだろうだから、最多になる予定。サンデーサイレンスに続くリーディングサイヤーはどの馬になるんでしょうね。

阪神ジュベナイルフィリーズの方ですが、武豊騎手の騎乗の「アストンマーチャン」が単勝1.6倍で圧倒的1番人気。

しかし、最後の直線で逃げる「ルミナスハーバー」をかわし先頭に抜け出した「アストンマーチャン」がそのままゴールするかと思いきや、中盤「アストンマーチャン」をマークしていた「ウォッカ」がゴール前で差しきり優勝、3着には何とか逃げ残った「ルミナスハーバー」が入りました。結局、3着までは人気サイドが入ったのでオッズはそんなにつかなかったですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

シルバー假面

昨日のニュースでウルトラマンシリーズの演出などを手掛けた実相寺昭雄氏が胃癌のためお亡くなりになったというニュースがやっていた。今日ウルトラマンが40年も愛され続けてきた理由のひとつとして、実相寺昭雄氏が演出した作品があったことだと思います。

このニュース記事を読んだときに知ったのですが、シルバー仮面のリメイク映画「シルバー假面」が今月上映予定で、この監督をしていたそうです。

シルバー仮面といえば姿形は覚えているのですが、どういう内容か?等身大だったか巨大化したか?どんな変身方法だったか?などまったく記憶に残っていないんですよね。

そこでちょっと調べてみたらミラーマンの裏番組だったらしく、ミラーマンのほうは薄っすら記憶に残っているので多分そっちを見て痛んだと思いますね。確かまだ見ていませんがミラーマンの方も「ミラーマンREFLEX」というリメーク映画をやってましたね。

姿形を覚えているのは俳優の柴俊夫さんが主人公をやっていたので、懐かしい映像を流すテレビなんかで見ていたのかもしれませんね。

実相寺昭雄氏のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »