« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月29日 (月)

おサイフケータイの使い勝手

昨年12月から我がAQUOSケータイでも利用可能になったモバイルSuicaも何度か使って見ましたが、まだ改札で引っかかったことはないですし、ミュージックプレイヤーを使いながら改札機にかざしてもちゃんと反応したから、今のところ問題ないみたいです。

はじめて使ったときは、ちゃんと反応するか不安でこわごわ改札機にかざしたんですけどね。でも、Suicaカードを使ったときは何度か書き込みが上手くいかずに改札を通ってしまって、後で駅員のいる改札でエラーを訂正してもらったことがあるけど、モバイルSuicaも同じ様に出来るんでしょうかね。多分出来るんだとは思いますが、Suicaカードとは違ってSuica以外にもEdyやポイントカードなんかが入っているからちょっと不安ですね。

ポイントカードといえば、この間免許更新で川崎に寄ったとき、ヨドバシカメラでおサイフケータイにポイントカードが移せるのを思い出して登録してきました。受付で要件を言うとレジに案内されそこでポイントカードを読み取ってもらい、おサイフケータイを機械にかざすと、QRコードの印刷されたレシートと手順書を渡されて、このQRコードのサイトからアクセスして手順所の通り操作するとポイントカードが移行されるとのことだったので、家に帰ってやってみました。ちゃんと移行できたようで今持っているポイントが確認できます。

今度はビックカメラもやって見ようと思います。でも、何でもかんでもおサイフケータイに取り込むと、故障や紛失、機種変更なんかのときはソフトバンクでは移行作業はやってくれないそうなので、全部自分で移行作業をしなければならないので大変かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月27日 (土)

高級プラモ 宇宙戦艦ヤマト

子供の頃、夢中になったプラモデルとしては、ガンプラという言葉が独り歩きしているようにガンダムと答える人が多いかもしれないが、宇宙戦艦ヤマトと答える人も少なくないんではないでしょうか。私は多分、一番最初に作ったプラモデルはヤマトだったと思います。

そんな宇宙戦艦ヤマトの高級プラモデルが本日発売されました。テレビCMも流れていましたが、1/350スケールで全長は766mmと特別大きいわけではないけれど、リモコン操作でいろいろな部分が稼動するのが凄い。

今までも波動砲や波動エンジンが光るなんていうのはあったかもしれないが、それ以外にも主砲と副砲が左右に旋回して3つの砲身が順番に上下するのはちょっとカッコいいと思いましたね。あとパルスレーザーが左右に動くことや、スタンド内に内蔵されているスピーカーからリアルな音が出るというもの。

艦首ミサイルやエントツミサイル、艦側部ミサイル、ロケットアンカーなど稼動部分も豊富でかなり細かい部分まで再現されているとのこと。CMを見ていてかなり欲しくなったが、お値段が定価税込みで47,250円とお高い。明らかに大人向けのプラモデルなんですが、ホームページで見ると基本的には接着剤なしで組み立てられるということで、所要時間は10時間くらいと書いてありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月26日 (金)

免許更新

昨日何気なく机の上に載っていたハガキを手にとって見て焦りました。それは去年暮に届いていた運転免許証の更新連絡書でした。年末に行かなきゃと思っていたんですが、忙しくて完全に忘れていました。更新期間を見るとギリギリだったのでホッと一安心。そこで今日更新に行ってきました。

いつもなら最寄の警察署に行くのですが、後日交付になるのは面倒だったので即日交付が出来る川崎警察署に行くことにしました。川崎警察署だから川崎駅の近くにあるのかと思ったけど、行った事が無かったのでネットで調べると最寄り駅は「八丁畷」ということでした。

私は南武線でいったんですが、南武線の支線に尻手で乗り換えなければならないのですが尻手に着いて時刻表を見て驚いたんですが、電車が1時間に2本しかなく、次の電車まで20分以上あったんです。京急で行けばこんなことは無かったんですがね。

川崎警察署に着くと早速、更新手数料の印紙を道路向かいにある交通安全協会で入手するようにとの張り紙、「これが例の天下りとかが指摘されていたやつか」と思いながら来た道を戻って交通安全協会で印紙と教則本を入手しました。わざわざ別の場所で印紙を買わなければならないなんてなんだかパチンコの換金所をイメージしちゃいますね。

書類を書いて、印紙を貼って提出、目の検査をして、写真を撮ったら、「あそこで講習があるから行ってください。」といわれ講習の部屋に入ったら、例のごとく講習のビデオが流れていた。この時代なんだからDVDとかにすれば良いのにと思うのだが、未だに擦り切れたビデオを何回も繰り返し再生しているようです。

いつも行っている最寄の警察署では部屋も用意されず、隅っこでパイプ椅子に座って見てましたから、そこよりは良いのかな、さすが即日交付署?

今回は結構道路交通法の改正が多かったのでそのことを注意するよう念を押されました。それよりももうちょっとちゃんとした講習にした方がよいんではないでしょうかね?

帰りは川崎のドコモビルの3本の塔が見えていたので歩けると思い、川崎駅まで歩いて帰りました。20分くらいかかりましたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

地獄少女

去年の暮れあたりにたまたま深夜にテレビを見ていたら「地獄少女」という深夜ドラマがやっていた。最初ホラー物かと思ったがそのまま見ていると結構面白くて最後まで見てしまい、翌週から見続けるようになってました。

毎回怨みを持った者がパソコンで地獄通信というの深夜0時にしかアクセス出来ないホームページに怨みを晴らしたい人物の名前を書き込むと主人公岩田さゆりが扮する閻魔あいが現れて藁人形を渡してくれ、その藁人形に縛り付けてある赤い糸を解けば契約が成立して(五寸釘で打ち付けるのではないのです)怨みが晴らされるという展開のストーリーで構成されていて、最初はくだらないと思っていたけど、単純にそれだけでないところもあって結構はまっちゃってます。

ターゲットを地獄に流す前の決め台詞「闇に惑いし哀れな影よ、人を傷つけ貶めて、罪に溺れし業の魂。いっぺん、死んでみる?」が良いですね。

番組中か予告のときか忘れましたが、テロップでアニメ版の「地獄少女 二籠」がMXテレビで放送されているというのが流れて、そっちも見るようになってしまいました。ドラマ版は日テレで他局なのに宣伝していいのかなと思ったけど。

最初なんで二籠(ふたこもり)なんでろうと思っていたんですけど、実は初代のシリーズが存在していてこれが2シリーズ目なのでこういうタイトルらしいですよね。ドラマ版も5話から見始めて、二籠も8話あたりから見始めたので、それよりも前のシリーズがあったとはちょっとショックで、ネットで調べて見ると1回目のシリーズも深夜アニメにしては高視聴率だったと書いてあったので早速TSUTAYAに借りに行ってみたんだけど、あいにく全部レンタル中でした。やはり人気があるということでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

2007年最初のドラマは

2007年に入って今年1クール目の連ドラも2,3回放送が終わったところですが、今回はフジテレビ系列がダメみたいですね。昨年暮れは「のだめカンタービレ」「僕の歩く道」「Dr.コトー診療所2006」と高視聴率番組を抱えていたんですが、今回は月9を筆頭に苦戦を強いられているようです。

月9の「東京タワー  オカンとボクと、時々、オトン」は一度も見ていないのでなんとも言えないが、昨年スペシャルドラマで放送したからあらすじは大体知っているし、予告編で速水もこみちの髪形を見たとき見る気をなくしてしまった。「最初、コントかなんかかと思った・・・。」

木10の「拝啓、父上様」は倉本聰脚本で面白そうだけどあまり視聴率は良くないらしい。前のDr.コトー診療所2006」が良すぎたんだろうけど。

今回検討しているのがTBS、前回平均視聴率が1桁になって散々だった日曜劇場「鉄板少女アカネ!!」に変わって始まった「華麗なる一族」が好調スタートでさすがキムタクといったところでしょうか。今回のドラマ化は二度目ということでリメイクになるんですが、初回に放送されたのが1974年で、私の記憶には無かったです。「白い巨塔」くらいになると憶えているんですがね。逆にストーリーがわからない分のめり込めますが。

あとTBSは「花より男子2」が視聴率が良いようです。人気シリーズの続編で、これはある意味良くて当たり前のようなものだから、逆に今後視聴率は下げられないというプレッシャーは高いかも知れないですね。

あと検討しているのが日テレの「ハケンの品格」です。やはり格差社会でこれに共感できる人が多いということでしょうかね。

テレ朝の松本清張三部作の取りを飾る「わるいやつら」はまだ1回しか放送してないが、三部作の中では一番出足が悪いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

次から次えと賞味期限切れ

先週、東京ディズニーランドのレストランで賞味期限切れのモッツァレラチーズを使っていたのが発覚した後、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで販売されているチョコレートとクッキーに賞味期限切れの材料が使われていたのが発覚して、不二家の事件から次から次へと賞味期限切れ問題が発覚しているみたいですね。

まぁ、東京ディズニーランドは賞味期限が1日過ぎただけのもので、出したのも9食分だけだということ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは製造段階で賞味期限切れの原料を使ったものが合計2万個も販売されていたらしいが、こちらは検査機関で品質検査した結果健康上問題ないとのことだが、そう言われてもその商品を食べたかもしれない人は気持ち悪いだろうに。

でも驚いたのはユニバーサル・スタジオ・ジャパンのチョコレートとクッキーを作っていたのが「おたべ」だということ、八つ橋関連のお土産だけを作っているのかと思ったら、こんな洋菓子も作っていたんですね。なんかイメージと違う。

「おたべ」もISO認定を受けていたそうだが…。ISO認定を取るにはかなりのお金がかかるらしいが、それでも取得する企業が増えているのは、取引条件にしている取引先が増えているかららしいです。「取引してもらうために仕方なく品質管理をしているんじゃないの?」と疑いたくもなりますよね。

今、自分のところは大丈夫かと内部調査を始めている会社は多いんではないでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月20日 (土)

あるある大辞典が捏造

今年一発目に放送された「発掘!あるある大辞典Ⅱ」で捏造があったことを認める発表をしてHP上でも謝罪を載せています。まあ、今までネット上では偽実験や情報操作で捏造されているという噂はしきりとあって、例えば「あるある大辞典」と「捏造」で検索してみれば、色々と見つかると思いますよ。

問題のあった放送の内容は納豆でダイエットが出来るというような内容のもので確かこれはネット上のニュースで事前に放送内容が大手スーパーにリークされて買占めが起こり、中小のスーパーでは中々入手できないことなどから、スーパーに納豆が無いという状況が起こっているというのを見ました。

納豆嫌いな私にとってはこんな騒動はまったく関係なかったし、スーパーで納豆が売り切れているかどうかなんてのも知らずにすんだ話なので気にはしてなかったんですが、逆に明日から納豆がスーパーでどうなるのか見ものですね。「山済みになってたりして…」納豆を買い占めてしまった企業は大量な在庫に悩ませることになるんでしょうかね。

明日の「発掘!あるある大辞典Ⅱ」は別の番組に差し替えられて、今後番組を存続するかは検討されるらしいです。

問題の内容はちょっと違うけど、白いんげんで間違った情報を流して打ち切りになってしまったTBSの「ぴーかんバディ」のときも放送後、白いんげんが飛ぶように売れたらしいんだけど、問題が発覚した後は放送前より売れなくなったというから関係者は心配しているでしょうね。

今後この手の情報番組は厳しくなっていくでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

キャラメルコーンXはどこへ?

何年か前、甘くないキャラメルコーンとしてパッケージが青で黒のXマークのチーズ味のキャラメルコーンが売っていました。当時はCMや広告も多かったから結構「東ハト」も力を入れていたのではないのかなと思うのですが、コンビニやスーパーでも置いてあるときとないときがあって、私は個人的に好きだったのであるときは買うようにしていたんですが、しばらくすると全然置いてなくなってしまいました。

ブログやなんかで調べて見るとカールのチーズ味と同じだ見たいな意見も多かったみたいで、結局売上不信で販売停止になったぽいんですけど、私はカールよりも軽い感じの食感や濃厚な味も好きだったので残念だでした。

そんなのも最近になって忘れかけていたんですが、この間近所のスーパーでたまたまチーズスナックが売っていたので買って家に帰って食べて見たら「あれ?これってキャラメルコーンXじゃない?」と思って袋の裏面を見て見たら製造元に東ハトって書いているじゃあ~りませんか。

よく見て見るとキャラメルコーンXと同じクリーム、チェダー、ゴルゴンゾーラ、モツァレラの4種類のチーズを使用しているし間違いないと思い、もう一度そのスーパーにいって買い足してきちゃいました。(^^;)

でもよくよく食べて見ると何か違うような・・・、Webサイトに乗っている原材料と袋に書いてあるのも若干違うのでまったく同じものではないのかもしれませんね。

Cheese

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

パーソナルコミュニケーター?

ソニースタイルのサイトを見ていたら「パーソナルコミュニケーターmylo」というのが発売されるというのが目に入って、ちょっとどんなものなのかなと閲覧してみました。

アメリカ向けに昨年発売されているものを日本でも発売するということなんですが、内容的には日本でも通用するのかとちょっと疑問に思う内容でしたね。

まず本体は携帯電話と同じくらいのサイズでW-ZERO3の様に本体をスライドさせるとキーボードの現れるタイプで小型で問題ないんですが、通信方式が無線LANのみということで、他のPHPや携帯電話網を使えるものに比べると利用できる場所がかなり制限されてしまうということ。

パーソナルコミュニケーターだからコミュニケーションが主目的なんだろうけど、skypeで音声通話して、後はIMでチャットするのがコミュニケーション機能でメールは無いようだ。ただしWebブラウジングは出来るのでWebメールを利用すれば一応メールも出来るということにはなるのだが、やはりいずれも無線LANにつながってはじめて利用できることになるのでいつでも何処でもというわけにはいかない。

Webブラウザーも「Flash、JAVAには対応していません」と書いてあったので残念。あとメモリーカードも例によってメモリースティック型のみの対応で汎用性が低いです。

コミュニケーション機能以外で言えば音楽再生や動画再生が充実しているようです。携帯音楽プレーヤーだけとしたらちょっと大きすぎますけどね。

日本での競合製品といえばやはりWillcomのW-ZERO3[es]やソフトバンクのX01HT、あと法人向けだがドコモのhTc Zなんかでしょうが、これらはパケット通信網があるから何処でも利用できますしね。どうなんでしょう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

無料コミック

昨日、夕方のニュースで無料のコミックが登場したというのがやっていました。今までいろんなフリーペーパーは発行されてましたけど、コミックは無かったということで、とうとうコミックもフリーペーパーになったということでニュースになってました。

その夜、渋谷の方に出かける用事があったので、もしかしたらまだ配っているかなと思い駅の改札を出て周りを見回したら早速配っている女性が目に入ったので自分から近寄ってもらっちゃいました。雑誌の名前は「コミック・ガンボ」です。

中身はフリーペーパーだからといって広告が多いというわけでもなかったし、一応グラビアも載っていました。創刊号だから頑張っているだけかもしれませんがね。

漫画の方も江川達也氏や「六三四の剣」の村上もとか氏の有名どころが連載している。とは言っても江川氏は今回は予告編だけだったし、村上氏は昔の岳人列伝という作品、他のも次回も読みたいと思うようなレベルのものはちょっと無かったかな。

フリーペーパーのR25は機会があればもらうようにしているけど発効される木曜日でも棚に置かれてしばらくすると直ぐになくなってしまうので入手できないことが多いのだが、これが人気の連載ものなんかが出来た場合、続きを是非読みたいなんて思っても入手できなくていろんな駅を探して周るようなことになってもね…。

今後の動向が楽しみですが、これの影響を受けて販売されているコミック誌のほうが値下がりするようなことがあればいいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

ミルキーも撤去?

とうとう不二家の社長が辞任を表明したらしいですね。私の近所にある不二家のお店もシャッター下ろして、お詫びの張り紙が貼ってありました。

それに輪をかけて、各スーパーやコンビニで不二家の商品の販売停止が指示されているらしいです。今回問題が発生したのは洋菓子の工場だが、製菓の工場も調査すると発表されたかららしい。不二家といえばミルキーやLOOKチョコレート、カントリーマアム、ネクターなんかのメジャーな商品があるけどこれらもしばらく消えてしまうんでしょうかね。

ちなみに私が見たニュースではセブンイレブンも販売停止すると書いてましたが、近所のセブンイレブンではまだミルキーが売ってましたけどね。

最近は品質管理としてよく名詞なんかにも表示してあるISOのマークがありますが、今回の不二家の工場でも3工場で品質管理規格の「ISO9001」、今回の問題を起こした埼玉工場を含む5工場で環境管理規格の「ISO14001」を取得しているそうで、経済産業省が臨時の審査を要請したらしい。

そもそもISOで必要になる運用手続きなどが廃棄物が捨てづらく、今回の問題が発生した面もあるらしい。何のために品質管理をするのかを考えずに認証を取りための体裁作りだけをしていたと言われても仕方ないかもしれないですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

津波警報は信頼薄

今日昼過ぎに起こった千島列島沖で起こった地震の影響でテレビでは各局夕刻まで、日本列島の地図で示した津波警報を画面脇に表示していたけれども、避難勧告が出ていた地域でも避難した住民はごくわずかだったらしいです。

日本でも2004年のスマトラ島沖地震の映像が何回か流れているので、津波の恐ろしさは十分理解しているとは思うのだが、やはり日本でそんな大きな津波が来るというような実感がわかないのが正直なところでないでしょうかね。

昨年11月にもあったけど、テレビで津波の警報を表示しているあの日本地図は各局同じような大きさの表示をしているけど、なんか取り決めがあるんでしょうかね。番組上かなり邪魔になる大きさの表示で、字幕なんかが隠れてしまって読めなくなってしまってますからね。人の命にかかわることだから仕方がないといえば仕方ないんですが、CM中は表示されていませんからね。これも仕方ないとは思うんですがなんだかしっくりこない。

何か問題がおきたときに非難されないようにとりあえず警告を出しているとは言わないが、早くもっと精度の高い警報が出せるようにしないと、狼少年の話ではないが、本当に大きな津波が起こったときにかなりの被害が出てしまうことにもなりませんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月12日 (金)

超省スペースPC

今年になってから、ますますブログの更新頻度が少なくなってしまってます……。(^^;)

時事ネタで言えば世間では次々に起こるバラバラ殺人事件や年末のK-1の秋山対桜庭戦の無効試合の件、不二家の賞味期限切れ事件などつっこみたい事件は頻繁に起こっているようですが、正月開けて仕事を始めた途端、問合せなどで一気に忙しくなってしまって時間が取れなかったんですよね。

話は変わりますが、昨年末にも書いたようにVista対策に新しいPCを1台入手すべきか考えないといけないなと思っていて、いくつかBTOメーカーのサイトを物色していたら、ほぼハードディスクケースより一回りほど大きいサイズの超省スペースPCがエプソンダイレクトとマウスコンピュータから出ていた。

ここまで小さければ持ち運びも可能だし、自宅と会社にモニターとキーボードを置いておけばどちらでも使えるという環境にはなりそうだが、個人情報保護法が出来てからノートPCの持込や持出しも厳しくなっている企業が増えているので、そういう使い方が出来るかどうかは微妙ですけどね。

ただ、置く場所には困らないのは確かでしょう。拡張性は低いけどUSBで外に拡張していくと考えれば何とかなるでしょう。後はちょっとお値段が高いのと、放熱性が大丈夫かなという不安がありますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

世界最大の液晶

とうとうシャープが108インチの液晶テレビの開発に成功したらしいです。今まで大型はプラズマと相場は決まっていたんですが、世界最大のプラズマテレビがパナソニックの103インチのVIERAだから、それも超えてしまったということですよね。

価格はまだ液晶の方が高いと思うのですが、価格差は狭まってきていると思いますし、液晶は早い動きのある画像には不向きなんですが、最近は技術も上がってきているのか、量販店で比較していてもそんなに気にならなくなってきましたね。

私が5年ほど前にプラズマテレビを購入したときには、液晶テレビはまだ動きのある映像はぼやけて見えた記憶がありますからね。

プラズマテレビ所有者としてはやはり消費電力が液晶の方が低いというのは魅力的ですね。正直プラズマテレビに変えてから我が家の電気代は上がっていますから、電気代のことまで考えれば、今のの価格差ぐらいは逆転できると思いますよ。

あと、いわゆるちらつきもプラズマの方が多いと言われていますが、これも一度気になりだすと気になってしょうがなくなっちゃいますしね。

世界最大108V型液晶テレビを開発(シャープ)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月 6日 (土)

関西の非接触乗車カード

確か私の記憶では関東でパスネットが出来るよりずいぶん前に関西では私鉄で共通のプリペイドカードを使って乗り降りできるようになってたと思うが、非接触型の乗車カードも関東で今度PASMOが今年の3月から運用開始される予定だが、関西では2004年からPiTaPaというサービスを既に開始している。

PiTaPaをちょっと調べていたら、関東のものとは違ってプリペイド(前払い)では無くてクレジットカードのように使った分を後から請求するらしいので後どれくらい残っているか気にしなくて良いらしいが、クレジットカードと同じく与信が必要なので誰でも持てるカードではないらしいです。

私が関西にいるときは、わざわざ切符を買うのが面倒なので関西で使えるプリペイドカードを使って私鉄には乗っているんだが、折角モバイルSuicaが使えるようになったので、関西でも使えないか調べてみたら、今年相互利用が計画されているらしいが、まだ使えないようです。

そもそもJRも東日本はSuicaで西日本はICOCAで、去年東海でTOICAが出来たらしいが、みんなバラバラで、同じJRなのに後から相互利用が始まるので、昔SuicaとICOCAの相互利用が始まっていないころ大阪でSuicaを使おうとして通れなかった経験がありますからね。

試してはいないのですが、今はSuicaとICOCAの相互利用が出来るのでJR西日本でモバイルSuicaは使えるそうです。ただ関西ではモバイルICOCAがまだ無いので、そういった広告やCMはやっていないし、注意書きも見かけなかったので、改札に携帯をかざしていると変な人だと思われないかちょっと不安です。

行く行くは携帯一つ持っていれば日本中の電車に乗れるようになるとは思うのですがね。特に仕事で全国を回っている人なんかには早くそうなって欲しいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

2007年スタート

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

年末のテレビ番組もレコード大賞は銭湯のサウナのテレビでチラッと見ただけで、一応、最優秀新人賞が絢香、倖田來未が最優秀歌唱賞、レコード大賞が氷川きよしに決まったのは知っているけど、伝統的な大晦日の放送を30日に前倒しにしただけの効果はあったんでしょうかね。あと、おば様方にはお叱りを受けるかもしれませんが、レコード大賞を取った氷川きよしの「一剣」は私はこのとき初めて聴いたので、いまいちしっくりきませんでしたね。

大晦日も結局紅白はほとんど見ませんでした、だから抗議が殺到したという「DJ OZMA」のときの女性のバックダンサーが裸に見えるボディースーツで踊ったというシーンも見れなかったのがちょっと残念。再放送はされないんでしょうかね、されてもカットかな?それにしてもまたまた今回も視聴率は悪かったようですね。

でも検討した「K-1」の方もぐだぐだな感じの試合が多くて私にとってはちょっといまいちでした。

結局、正月に入ってからも色々とごたごたしているうちに今日に至るといったところで、とりあえず仕事の方のトラブルは発生していないようなので一安心というところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »