« いよいよ有機ELテレビ | トップページ | 寒の戻り »

2007年4月15日 (日)

今年の皐月賞は勝春が…

今年の牡馬クラッシク第一弾の皐月賞が先程行われました。1番人気は弥生賞の勝馬で武豊騎手の「アドマイヤオーラ」、2番人気は無敗の「フサイチホウオー」鞍上は安藤勝巳騎手、2歳チャンピオンの「ドリームジャーニー」は3番人気でした。昨年の朝日杯フューチュリティステークスの時も史上最小の2歳チャンピオンと紹介したように、相変わらず小さい馬で今日は更に6キロ少ない410kgで、パドックを見たとき思わず「小っちゃ!」と口に出してしまいました。ほんと子馬が交じっているって感じでしたね。

レースの方は最初ハナを切った「サンツェッペリン」を1コーナーを回ったところで「ヴィクトリー」が先頭に立って逃げる展開、「フサイチホウオー」は中段後方、「アドマイヤオーラ」はそれより更に後方、「ドリームジャーニー」は後ろから2頭目辺りでの競馬になりました。

直線に入っても「ヴィクトリー」と「サンツェッペリン」が逃げ続け、ゴール手前になってものすごい勢いで「フサイチホウオー」が突っ込んできたんだけどハナ差届かず3着どまり、結局勝ったのは「ヴィクトリー」で鞍上は15年ぶりのGⅠ勝ちを得た田中勝春騎手、2着は松岡正海騎手の「サンツェッペリン」で逃げた2頭がそのままゴールするという結果でした。

「アドマイヤオーラ」も追い上げてきたんですが4着、1,2番人気の2頭は今思えばちょっと位置取りが後ろ過ぎたということでしょうかね。「ドリームジャーニー」更に後ろで8着でした。

勝った「ヴィクトリー」は7番人気、「サンツェッペリン」は15番人気だったので結果は大波乱、馬連は94,630円、三連単はなんと1,623,250円とものすごい配当がついていましたね。
私も「ヴィクトリー」はヒモ馬としてはマークしていたけど、やはり勝春が乗るなら勝ちはないなんて思っていたのでね…、勝春騎手ゴメンなさい。(^^;)

|

« いよいよ有機ELテレビ | トップページ | 寒の戻り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/14688765

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の皐月賞は勝春が…:

« いよいよ有機ELテレビ | トップページ | 寒の戻り »