« 中国産の食品は… | トップページ | 小説選び »

2007年5月27日 (日)

嘘でしょ!ウオッカ?

今年の春のGⅠは荒れたレースが多く、本当に何がくるのか予想が付かなくなってきたところだと思っていたら、先程行われた日本ダービーでまたまた大荒れの結果に、なんと勝ったのは牝馬の「ウオッカ」でした。

「ウオッカ」が桜花賞を負けたときに、ゴール手前で苦しそうだったからこの馬は距離が延びたらダメなんじゃないかと思って、NHKマイルカップに出た方が良いんではと前回書いて、日本ダービーなんて無謀だと思ってたんですが・・・恐れ入りました。牝馬の日本ダービーを征するのは64年ぶりだそうです。 

今回、ダントツの1番人気だったのは、皐月賞で怒涛の追い上げでゴール前ギリギリ届かなかく3着だった「フサイチホウオー」、2番人気は皐月賞馬「ヴィクトリー」、「ウオッカ」はなんと牝馬ながら3番人気で、皐月賞で1番人気だった「アドマイヤオーラ」は4番人気でした。「ウオッカ」は牝馬で日本ダービーに挑戦するので応援してあげようと単勝人気が上がったんでしょうけどね。

レースは逃げると思われた「ヴィクトリー」が出負けして後ろから順位を上げて行き、1コーナーを回ってから4番手辺りに落ち着くといった感じで、代わりに逃げたのが「アサクサキングス」、2番手に「サンツェッペリン」がつける展開、「フサイチホウオー」は前回後ろから過ぎたのを反省してか5番手辺りの先行策、しかし少しかかり気味、ちょっとパドックからうるさい所を見せていたからこれが敗因かもしれないですね。結局「フサイチホウオー」は7着で掲示板にも載れませんでした。

上手くスピードを殺し逃げ残りを図った「アサクサキングス」を3馬身差しきって「ウオッカ」が完勝、3着にはなんとか「アドマイヤオーラ」が飛び込んできました。結果が荒れたのは14番人気の「アサクサキングス」が2着に入ったからですけどね。3連単の払い戻しは2,155,760円でした。

NHKマイルカップに引き続き牡馬を抑えてまたまた牝馬が勝つという結果、前にもこんなこと書いたような気がするけど、今年も牝馬が強いんでしょうかね。
「ウオッカ」は凱旋門賞に出る計画もあるそうだが、今度は軽々しく無謀だ何て言えないですね。

|

« 中国産の食品は… | トップページ | 小説選び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/15220577

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘でしょ!ウオッカ?:

« 中国産の食品は… | トップページ | 小説選び »