« 史上4頭目の春秋連覇 | トップページ | NTTは面倒くさい »

2007年11月11日 (日)

ウオッカ出走取消

エリザベス女王杯の前日オッズでは予想通り「ウオッカ」が1番人気、秋華賞は負けちゃったので今度はダービー馬として負けられないだろうと思っていたら「右寛跛行」で「ウオッカ」は出走取消とのこと、そこで秋華賞の勝ち馬で二冠馬の「ダイワスカーレット」が一番人気に躍り出た。続く2番人気は女傑「スイープトウショウ」となった。

「スイープトウショウ」はもう6歳、去年の秋の京都大章典以来優勝はないんだけど、走ったり走らなかったりの気性の激しさが人気の要因のひとつになっているんでしょうかね。本日も名物となった「スイープトウショウ」の本馬場および、ゲートへの先入れやってましたね。相変わらずのエリカ様っぷりでした。

レースのほうは「ダイワスカーレット」がスルスルっと先頭に立った、1番人気が逃げるなんて大丈夫かなと思いましたが、そのまま最後まで逃げ切り勝っちゃいましたね。2着には「フサイチパンドラ」、3着には女傑の意地で「スイープトウショウ」が入りました。

ちなみに出走取消になった「ウオッカ」の馬券の払い戻しは15億円以上になるらしいです。「ウオッカ」は日本ダービーで運を使い果たしてしまったのか、凱旋門賞を蹄球炎で断念に続き、今回は当日の出走取消、次回はジャパンカップに出走する見込みだが今度は無事に出走してほしいですね。

|

« 史上4頭目の春秋連覇 | トップページ | NTTは面倒くさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/17047186

この記事へのトラックバック一覧です: ウオッカ出走取消:

« 史上4頭目の春秋連覇 | トップページ | NTTは面倒くさい »