« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

2007年12月23日 (日)

えっ!マツリダゴッホ

今年も最後のGⅠ、有馬記念が行われました。勝ったのは、まさかまさかの「マツリダゴッホ」でした。

1番人気になったのは当然、春秋の天皇賞を制したファン投票で2位だった「メイショウサムソン」、2番人気はGⅠの優勝はないが2、3着の安定した走りを見せる「ポップロック」、3番人気は牝馬で日本ダービーを制して競馬界を騒がせてファン投票1位の「ウオッカ」でした。

レースは「チョウサン」が逃げて「ダイワスカーレット」、「マツリダゴッホ」と続く展開、人気の「ウオッカ」は中断の後方、「メイショウサムソン」はその後からの競馬でした。最後の直線で「マツリダゴッホ」が先頭に立ち、そのまま逃げ切り優勝、2着にはこれも逃げねばった「ダイワスカーレット」、3着に「ダイワメジャー」で、「ポップロック」は5着、「メイショウサムソン」は8着、「ウオッカ」は11着と掲示板にも載れませんでした。

パドックでも人気どころの馬は落ち着いていて調子よさそうに見えたんですけど、やはり敗因は馬場が稍重だったことでしょうかね。単勝5,230円、馬連22,190円、3連単は800,880円と大波乱の結果でしたね。

「マツリダゴッホ」に乗った蛯名正義騎手でさえ勝利者インタビューで勝ったことに驚いていたくらいですから、この予想は流石に出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

今年の朝日FSは大きい馬

昨年は最小の馬が優勝し朝日フューチュリティステークスですが、今年は出走馬中一番大きな馬が優勝しました。

1番人気は「スズジュピター」、2番人気は京王杯2歳ステークスの勝ち馬「アポロドルチェ」、ともに3戦2勝馬が人気になりましたが、残りの馬とも差が無く、何が来てもおかしくない混戦模様。馬インフルエンザで全体的に順調にデビューできなかったことが影響しているのかもしれないとテレビで言ってましたね。

レースはゲートで「セレスハント」が立ち上がったりしてゲートを嫌がるトラブルもありましたが、そんなに遅れることも無くスタートしました。綺麗にスタートできたのが3番人気の「ゴスホークケン」でそのまま先頭に立ち、「ギンゲイ」、「キャプテントゥーレ」の芦毛の馬が続く展開、人気の「スズジュピター」、「アポロドルチェ」は中段からの競馬でした。

結局、逃げた「ゴスホークケン」がそのまま逃げ切り、2着には「レツゴーキリシマ」、3着には「キャプテントゥーレ」が入り、先行していた馬が先着する結果になりました。

「スズジュピター」は5着と何とか掲示板に載りましたが、「アポロドルチェ」は11着と敗退、レース前発汗が激しく入れ込んでいたのと、ちょっと掛かり気味だったのが敗因でしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

阪神JF 2007

今年の2歳牝馬のチャンピオン決定戦、阪神ジュベナイルフィリーズが先ほど行われていました。昔は阪神3歳牝馬ステークスという名前で馬の年齢の数え方も違っていたので、未だに馬齢を勘違いすることがあるんですよね。

私自身、毎年このレースに関してはなぜか結構勝率が高いです。この時期数戦しか経験をしていない2歳馬を選ぶのにはパドックの様子しかないと思ってパドック重視しているからかなと勝手に思うんですがね。

レースの方は逃げると思っていた「エイムアットビップ」が逃げずに「エイシンパンサー」と「マイネブリッツ」が逃げる展開、最後の直線に入って1番人気の「オディール」が直ぐに先頭に立ったんですが、2番人気の「エイムアットビップ」にかわされ、さらに大外から「トールポピー」と「レーヴダムール」にかわされ、結局、1着には3番人気の「トールポピー」、2着には1戦1勝馬の「レーヴダムール」が入り、「エイムアットビップ」が3着で「オディール」は4着まででした。

パドックで「オディール」が少しちゃかついて見えたのでちゃんと外しておいたのが良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »