« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月26日 (日)

菊花賞も波乱

皐月賞馬「キャプテントゥーレ」はケガ、NHKとダービー二冠馬は天皇賞へと有力馬不在となったhorse菊花賞、最下位人気でも43.5倍と本当にどれが来てもおかしくない混戦模様となりました。

1人気に推されたのは4月にデビューしたばかりの上がり馬「オウケンブルースリ」、2番人気には「マイネルチャールズ」、3番人気は「スマイルジャック」と春に活躍した馬が続きましたが先週の秋華賞が大荒れだったし、rain雨も降って荒れる要素たっぷりだから何を買ってよいのか悩みましたね。

レースは絶好のスタートを切った「アグネススターチ」が逃げ1週目で「ノットアローン」が追い抜き先頭に立ってこの2頭が逃げる展開、「オウケンブルースリ」は中段からの競馬でした。

結果は1着にはちゃんと「オウケンブルースリ」が人気に答えて入ったんですが、2着には2着には15番人気の「フローテーション」、3着には9番人気の「ナムラクレセント」が入ってやはり波乱の結果になりました。秋華賞ほどではないけどね。delicious

アメリカではブリーダーズCクラシックに期待の「カジノドライヴ」が出走したんですが、逃げ切れず途中で失速して最下位着順になったようです。despair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

牝馬三冠は全て大荒れ

牝馬三冠の最後を締めくくるhorse秋華賞が本日行われ、三連単がdollar1000万円馬券と超大荒れの結果になりました。今年の牝馬三冠は桜花賞がdollar700万円、オークスがdollar500万円と荒れたレースが続いていたのですが、まさか全部大荒れになるとは・・・。

競馬を知らない人のために言っておくと、三連単とは1着から3着までどの馬がどの順番で入るかを決めて購入する馬券でそもそも難しい馬券で、10万円いかない位が普通だと思うのですが、今回はその何十倍ですからね。100円が1000万円、もし1000円買っていれば1億ということだから凄いと言う事はお解かりでしょう。

今回1番人気に推されたのはオークス馬の「トールポピー」、2番人気は桜花賞馬の「レジネッタ」と順当な人気、両馬とも追いきりも好調だったのでこの人気は当然なんですが、やっぱり競馬は難しいですね。強いて言えばパドックで「レジネッタ」がチャカチャカしてたというのと、「トールポピー」は背中の肉が落ちてちょっと老馬のように見えたということくらいでしょうか。

結局勝ったのは11番人気の「ブラックエンブレム」、2着には8番人気の「ムードインディゴ」、3着に入ったのがなんと16番人気で逃げ残った「プロヴィナージュ」でした。

これで三連単は10,982,020円、馬連が23,080円、ワイドでも「プロヴィナージュ」絡みは万馬券でしたね。

このレースでもうひとつ注目されていたのは白馬で初めてGⅠに参戦した「ユキチャン」、とりあえず強い馬ではないんですが白馬の中では最強ということでしょうか。ぬいぐるみなんかも良く売れているアイドルホースで今回の鞍上が武豊騎手ということで人気も9番人気と実力以上の人気がついたようです。とりあえず大差で最下位ということにはならずに後ろから2番目のブービーでした。

今回の三連単の的中は410票だそうです。一人で100円以上買っていた人がいるんでしょうかね。この不景気にとても羨ましい話です。gawk

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月 6日 (月)

凄い馬「ザルカヴァ」

今年の秋のGⅠ第一戦、horseスプリンターズステークスが行われました。勝ったのは重賞連勝中で1番人気の「スリープレスナイト」でした。

鞍上は上村洋行騎手にとってもGⅠ初勝利ということで涙を見せていましたね。2着には2番人気の「キンシャサノキセキ」、3着には6番人気の「ビービーガルダン」で順当な結果であまりオッズも高く無かったです。confident

一方、ロンシャン競馬場では凱旋門賞が行われ「メイショウサムソン」が日本から挑戦しました。「ディープインパクト」の時とは違って期待度は低く現地のオッズでも16頭立ての8番人気で真ん中辺り、もしもということもあるのでテレビで中継を見ていたんですけど、スタートから馬込みに囲まれて、接触があったりして後方からの競馬になってしまい、その後も馬込みを抜けられずに最後の直線で内から抜け出そうとしたのですが、窮屈になってしまい10着と2桁着順でした。

勝ったのは1番人気のフランスの「ザルカヴァ」、この馬はフランスの3冠馬でしかも無敗、3歳牝馬ということで「メイショウサムソン」とは5kgの斤量差があって有利ではあったのですが、スタートも出遅れ気味だったし、最終コーナーでは「メイショウサムソン」とほぼ変らない位置にいたのにちゃんと馬込みを割って優勝しちゃいました。これで無敗の7連勝だそうです。

中々日本馬は凱旋門賞に勝てないですね。やはり斤量のことを考えると3歳のときに送り込めたら良いのだけど難しそうですね。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »