« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

JCは伏兵が…

結局、武豊騎手はジャパンカップには間に合わなかったようでブログで年内に復帰できればと語ってました。

今回のhorseジャパンカップはダービー馬が3頭に菊花賞馬が2頭と豪華な面々で、その中で1番人気に推されたのは今年のダービー馬「ディープスカイ」、2番人気は先の天皇賞を勝った去年のダービー馬「ウオッカ」、そして3番人気は凱旋門賞から帰国した一昨年のダービー馬の「メイショウサムソン」で、上位人気はダービー馬で独占されていましたね。

しかし、これらの名馬を蹴散らして勝ったのはなんと9番人気の「スクリーンヒーロー」でした。「スクリーンヒーロー」は重賞勝ちが1回のみ、やはり騎乗したデムーロ騎手が凄いんですかね。coldsweats02

でも、2着には「ディープスカイ」、3着には「ウオッカ」が入ったので大荒れにはなりませんでしたね。「ウオッカ」はスタートして一時先頭に立ってしまうほど行きたがってたのが敗因でしょうかね?

有馬記念のファン投票の中間発表では上位3頭は「ウオッカ」「ダイワスカーレット」「ディープスカイ」と天皇賞の着順と同じになっているけど、「スクリーンヒーロー」は上位に入ってくるでしょうかね?

来週のジャパンカップダートには「カジノドライヴ」が帰国して参戦するようで、どのようなレースをするのか楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

武豊また落馬

先週に引き続き、不運にも今日の5レースで武豊騎手が落馬してしまったようです。今度は骨折ということで今後のレースに支障が出るかもしれません。think今日のマイルチャンピオンシップに騎乗予定だった「スズカフェニックス」も乗り替わりとなっちゃいました。

マイルチャンピオンシップの方は昨年のこのレースは2着だった「スーパーホーネット」、前走の毎日王冠を勝ち調子は良好なようで人気が出ているようです。2番人気には7才馬の「カンパニー」、この馬の名前はどんだけこれまでのGⅠで見てきたことか…、未だGⅠ勝ちは無くこの年齢でこの人気はちょっと不思議、前走の天皇賞4着が評価されているのでしょうかね。

でも結局、レースで勝ったのは4番人気の「ブルーメンブラット」でスプリンターズS、天皇賞に引き続き、また牝馬が牡馬を降して勝利する結果になりましたね。

「スーパーホーネット」は2着、大外を駆け上がってきたときはこのまま優勝するかと思ったけど、内からスルスルっと「ブルーメンブラット」に差されて負けちゃいました。3着には10番人気の「ファイングレイン」が入りました。

来週のジャパンカップで「メイショウサムソン」の武豊騎手の騎乗は難しそうだとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

不運続きのポルトフィーノ

この間の天皇賞で牡馬を蹴散らした「ウオッカ」と「ダイワスカーレト」は出走していないので、最強牝馬決定戦とはいかないけど、horseエリザベス女王杯が行われました。

1番人気は一昨年の二冠馬「カワカミプリンセス」、その年のエリザベス女王杯は1着通過したけど審議で降着になったので、本当は三冠を取ってたはずなんだけど今回はその汚名返上に向けての挑戦。

2番人気は「ベッラレイア」、昨年「ウオッカ」や「ダイワスカーレト」同世代で争った実力から人気になったんでしょうね。

3番人気はまだ重賞勝ちがなくマイルしか走ったことない「ポルトフィーノ」、しかしその血統は父が「クロフネ」母が「エアグルーブ」という良血で武豊騎手が鞍上ということもあって一時は2番人気だったんですがね。不運続きでクラッシックには参戦できなくやっとエリザベス女王杯に出走できたというところ。

レースはゲートが開いたとたんアクシデント!なんと武豊がいきなり落馬して「ポルトフィーノ」がカラ馬になって先頭を走る展開に。人気馬の競争中止に客席がどよめいてました。何年か前の菊花賞で武豊が1番人気の「ノーリーズン」でスタート直後落馬したのを思い出しました。

レースの方は5番手辺りを追走していた4番人気「リトルアマポーラ」が1着でゴールイン、「カワカミプリンセス」はとどかず2着、3着には「ベッラレイア」が入りました。

ゴールを最初に通過したのはカラ馬になった「ポルトフィーノ」だったのでなんか変な絵でしたね。

結局、上位は人気馬が占めたので今回はオッズはあまり良く無かったですね。ニュースによると武豊騎手も「ポルトフィーノ」も大きなケガは無かったとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

牝馬の激戦

人気馬不在で行われた先週の菊花賞に対して今週の天皇賞horseは昨年と今年のダービー馬「ウオッカ」と「ディープスカイ」、昨年の最優秀3歳牝馬「ダイワスカーレット」が参戦してこの3頭に人気が集中しました。1番人気は「ウオッカ」、2番人気は「ダイワスカーレット」と牝馬が、3番人気には「ディープスカイ」と3歳馬が続き、他の牡馬はちょっと不甲斐ない感じですね。sad

また、「ウオッカ」と「ダイワスカーレット」の因縁の対決ということでも期待してたのですが、レースは期待通りこの2頭の激闘というレースになりましたね。予定通り「ダイワスカーレット」は逃げ、6番手位に「ディープスカイ」、それを見る形で「ウオッカ」という展開、直線に入り「ウオッカ」と「ディープスカイ」が上がって来て「ダイワスカーレット」をかわすかと思ったのですが、そこから更に伸びて「ウオッカ」と1,2着写真判定でレコードタイムという好勝負でした。happy01

私は「ダイワスカーレット」が逃げ残ったと思ったのですが、「ウオッカ」が2cm差で差しきったそうです。

これで去年は負け越して最優秀3歳牝馬座も持っていかれた「ダイワスカーレット」今年1勝目、久々の競馬でこの競馬をした「ダイワスカーレット」の方が凄いと思うけど、この後何回戦ってくれますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »