« 菊花賞も波乱 | トップページ | 不運続きのポルトフィーノ »

2008年11月 3日 (月)

牝馬の激戦

人気馬不在で行われた先週の菊花賞に対して今週の天皇賞horseは昨年と今年のダービー馬「ウオッカ」と「ディープスカイ」、昨年の最優秀3歳牝馬「ダイワスカーレット」が参戦してこの3頭に人気が集中しました。1番人気は「ウオッカ」、2番人気は「ダイワスカーレット」と牝馬が、3番人気には「ディープスカイ」と3歳馬が続き、他の牡馬はちょっと不甲斐ない感じですね。sad

また、「ウオッカ」と「ダイワスカーレット」の因縁の対決ということでも期待してたのですが、レースは期待通りこの2頭の激闘というレースになりましたね。予定通り「ダイワスカーレット」は逃げ、6番手位に「ディープスカイ」、それを見る形で「ウオッカ」という展開、直線に入り「ウオッカ」と「ディープスカイ」が上がって来て「ダイワスカーレット」をかわすかと思ったのですが、そこから更に伸びて「ウオッカ」と1,2着写真判定でレコードタイムという好勝負でした。happy01

私は「ダイワスカーレット」が逃げ残ったと思ったのですが、「ウオッカ」が2cm差で差しきったそうです。

これで去年は負け越して最優秀3歳牝馬座も持っていかれた「ダイワスカーレット」今年1勝目、久々の競馬でこの競馬をした「ダイワスカーレット」の方が凄いと思うけど、この後何回戦ってくれますかね。

|

« 菊花賞も波乱 | トップページ | 不運続きのポルトフィーノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/42991238

この記事へのトラックバック一覧です: 牝馬の激戦:

« 菊花賞も波乱 | トップページ | 不運続きのポルトフィーノ »