« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2008年12月28日 (日)

37年ぶり牝馬が優勝

今年も最後のGⅠ、有馬記念horseが行われました。秋のGⅠは本当に「なんでこの馬が?」と思うような馬が勝ち続けているという印象が強いので、今回もまたまた伏兵が飛んでくるのか、はたまたは順当な名勝負が見られるのかという気持ちで観戦してました。

1番人気は牝馬ながら「ダイワスカーレット」、「ウオッカ」がいないので人気投票で2位のこの馬が最高順位だし、なんせ今まで連を外した事が無いというのが魅力、しかも去年の有馬記念の2着馬ということもあり、この馬が1番人気になるのは妥当というところでしょうか。不安材料としては、ややテンションが上がりすぎに見えたところと牝馬は有馬記念で37年間優勝してないということくらい。

レースでは予定通り「ダイワスカーレット」が逃げてそのまま1度も先頭を譲らず逃げ切って勝ちました。去年も言ったけどやっぱりこの馬は強いsign03

1着が1番人気で順当かと思いきや2着にとんでもない伏兵、最下位人気の「アドマイヤモナーク」がやってきて大波乱、3着にも10番人気の「エアシェイディ」が入って三連単は95万馬券でした。coldsweats02

今回が最後で有終の美を期待された「メイショウサムソン」は8着、去年の有馬記念優勝馬で2番人気だった「マツリダゴッホ」は12着と11着だった「コスモバルク」にも負けてしまいました。「コスモバルク」は5年連続出場、GⅠは確か22戦目で勝ったのはシンガポールの1戦のみ・・・違う意味で凄い記録です。smile

結局、今年の秋のGⅠはほとんど牝馬が勝ちましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

武豊復帰

有馬記念までには復帰したいと言っていた武豊騎手が本日行われた朝日フューチュリティで復帰しました。一週早く言った事を実現させるとはさすが武豊。

その武豊騎手が乗る「ブレイクランアウト」が1番人気、続いて新潟2歳ステークスを勝手久々の「セイウンワンダー」、ペリエ騎手の乗る「ミッキーパンプキン 」、デイリー杯2歳ステークスを勝った「シェーンヴァルト」と人気が続くのですが、どれも僅差で混戦模様でした。

レースは予想通り「ツルマルジャパン」「ゲットフルマークス」が逃げて速い展開、「ブレイクアウト」は後方、「セイウンワンダー」は中段からの競馬でした。

最後の直線に入って「ブレイクランアウト」が先頭に並びかけこのまま1着になるかと思いきや、内から「セイウンワンダー」が上がって来て1着でゴールイン、2着には5番人気「フィフスペトル」、「ブレイクランアウト」は3着まででした。

レース前、「セイウンワンダー」はイレ込んでいて、テレビの解説者も久々で動きが硬いとか10kgの馬体重増はやや重いとか結構言われていたけど、それでも勝ったこの馬が凄いということでしょうか。

武豊騎手は今週このレースだけの騎乗でよっぽど「ブレイクランアウト」が凄いから間に合わせたのかと思ったけど、結局3着でしたからね。
来週の有馬記念で「メイショウサムソン」はどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

強いブエナビスタ

阪神ジュベナイルフィリーズhorseが先ほど行われました。

1番人気に推されたのは、1勝馬ながらその血統と前走の勝ちっぷりから「ブエナビスタ」、2番人気は前走「黄菊賞」を勝った「ジェルミナル」、3番人気は関東馬「ダノンベルベール」という順番でした。

レースは「シゲルキリガミネ」が逃げたけど全体的にはひとかたまりの展開、「ブエナビスタ」は後ろから3頭目位の位置取りで、こんなところから届くのかなと思ったけど、最終コーナーを大外で回って一気dashに他の馬を抜き去り2着の「ダノンベルベール」2馬身半つけて勝っちゃいました。3着には4番人気の「ミクロコスモス」でした。

人気馬が上位を占めてオッズも余りつかない順当な結果になりました。

阪神3歳牝馬ステークスという名前の時代から比較的勝率が高いレースなんだけど、このところの波乱続きで悩み過ぎて残念ながら取れなかったです。weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

阪神でJCダート

今年からは阪神で1800m、開催日もジャパンカップhorseの翌週に移ったジャパンカップダートが開催されました。私が注目していた「カジノドライヴ」が新馬戦以来の日本での出走、しかもGⅠという大舞台でどこまでやるのかということでした。

人気はやっぱり日本でのGⅠは連勝中の「ヴァーミリアン」、2番人気は前走でその「ヴァーミリアン」に初めてダートで負けた「サクセスブロッケン」、3番人気に「カジノドライヴ」という順番でした。

レースはスタートしてアメリカの「ティンカップチャリ」が先頭に立ったけど、それの抜かして「サクセスブロッケン」が逃げる形、「カジノドライヴ」は4,5番手、「ヴァーミリアン」はかなり後方からの競馬でした。後方過ぎると思ったのか「ヴァーミリアン」は向う上面で徐々に順序を上げて最終コーナーを曲がる辺りで先頭に並びかかる勢い。

しかし、結局勝ったのは屈腱炎で休んでいた2年前の王者「カネヒキリ」でした。この馬の復活を思っていた人は泣けたでしょうね・・・。crying

2着には7番人気の「メイショウトウコン」、「ヴァーミリアン」は3着でした。
「カジノドライヴ」は直線で「ヴァーミリアン」と並んでそのまま突き抜けるかと思ったけど・・・6着で掲示板にも載りませんでした。「サクセスブロッケン」も8着と3歳勢は敗退でした。weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »