« 強いブエナビスタ | トップページ | 37年ぶり牝馬が優勝 »

2008年12月21日 (日)

武豊復帰

有馬記念までには復帰したいと言っていた武豊騎手が本日行われた朝日フューチュリティで復帰しました。一週早く言った事を実現させるとはさすが武豊。

その武豊騎手が乗る「ブレイクランアウト」が1番人気、続いて新潟2歳ステークスを勝手久々の「セイウンワンダー」、ペリエ騎手の乗る「ミッキーパンプキン 」、デイリー杯2歳ステークスを勝った「シェーンヴァルト」と人気が続くのですが、どれも僅差で混戦模様でした。

レースは予想通り「ツルマルジャパン」「ゲットフルマークス」が逃げて速い展開、「ブレイクアウト」は後方、「セイウンワンダー」は中段からの競馬でした。

最後の直線に入って「ブレイクランアウト」が先頭に並びかけこのまま1着になるかと思いきや、内から「セイウンワンダー」が上がって来て1着でゴールイン、2着には5番人気「フィフスペトル」、「ブレイクランアウト」は3着まででした。

レース前、「セイウンワンダー」はイレ込んでいて、テレビの解説者も久々で動きが硬いとか10kgの馬体重増はやや重いとか結構言われていたけど、それでも勝ったこの馬が凄いということでしょうか。

武豊騎手は今週このレースだけの騎乗でよっぽど「ブレイクランアウト」が凄いから間に合わせたのかと思ったけど、結局3着でしたからね。
来週の有馬記念で「メイショウサムソン」はどうでしょう。

|

« 強いブエナビスタ | トップページ | 37年ぶり牝馬が優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/43484687

この記事へのトラックバック一覧です: 武豊復帰:

« 強いブエナビスタ | トップページ | 37年ぶり牝馬が優勝 »