« ダイワスカーレット引退! | トップページ | 日本馬はドバイで完敗 »

2009年2月22日 (日)

ダートの世代交代

今年最初のGⅠhorseフェブラリーステークスが行われました。残念ながら「ダイワスカーレット」はもう出ないけれど、奇跡の復活を遂げた「カネヒキリ」や昨年の覇者「ヴァーミリアン」、そして注目の「カジノドライヴ」とメンバーは結構そろったようです。

1番人気はジャパンカップダートで勝手から地方のGⅠで2連勝している「カネヒキリ」、2番人気は「ヴァーミリアン」、そして3番人気にわずか6戦しかしていない「カジノドライヴ」と続いてました。

レースは予想通り逃げる「エスポワールシチー」に続き「カジノドライヴ」、「カネヒキリ」も「サクセスブロッケン」も先頭集団、「ヴァーミリアン」も先頭後方の位置取りの競馬でした。

直線で「エスポワールシチー」を「カジノドライヴ」がかわしたが、内から「カネヒキリ」、外から6番人気の「サクセスブロッケン」が迫って来て、最後は3頭の叩きあいdashでゴール前で首差抜け出した「サクセスブロッケン」が勝ち、2着には何とか逃げ残った「カジノドライヴ」、3着に「カネヒキリ」となりました。「ヴァーミリアン」は6着と掲示板にも載らなかったです。

7歳馬「カネヒキリ」を4歳馬の「サクセスブロッケン」と「カジノドライヴ」が破り世代交代をした形になりました。happy01

鳴り物入りでデビューした「カジノドライヴ」だが未だGⅠに勝てないままweep
「カネヒキリ」にはGⅠ8勝目が懸かっていたが、やはりこの壁は厚いらしい。

|

« ダイワスカーレット引退! | トップページ | 日本馬はドバイで完敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/44141464

この記事へのトラックバック一覧です: ダートの世代交代:

« ダイワスカーレット引退! | トップページ | 日本馬はドバイで完敗 »