« ダートの世代交代 | トップページ | カスペルスキーでトラブル »

2009年3月29日 (日)

日本馬はドバイで完敗

昨夜、「ウオッカ」と「カジノドライブ」がドバイに挑戦しましたが、それぞれデューティフリーとワールドカップに参戦しましたが、いずれも7着と8着という残念な結果に終わりました。bearing

デューティフリーで勝った馬はそんなに大逃げして大丈夫と思っていたらそのままぶっちぎりで勝ってしまった凄い馬でしたね。それを見る形で2着を追走していた「ウオッカ」は馬群に沈んでしまいました。

もう1頭、フェブラリーステークスで8着だった「バンブーエール」はゴールデンシャヒーンに出走して4着と健闘していました。なぜだか日本の馬は期待していないときの方が良い成績を残しているような・・・。coldsweats01

そして今日はいよいよ春のGⅠの始まり、高松宮記念が行われました。1番人気が単勝3.5倍の「スリープレスナイト」で飛びぬけた人気馬は無く混戦模様。私も馴染みの無い馬が多く何を買ったら良いか悩みました。catface

レースは「ジョイフルハート」と「ローレルゲレイロ 」が飛び出して「ローレルゲレイロ」が先頭で引っ張る形、最終コーナーではほぼひとかたまりだが、選考した「ローレルゲレイロ」と「スリープレスナイト」がそのまま逃げ切り。3着には「ソルジャーズソング」が入りました。1,2着馬が人気馬だったのでそんなには荒れませんでしたね。

|

« ダートの世代交代 | トップページ | カスペルスキーでトラブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/44505184

この記事へのトラックバック一覧です: 日本馬はドバイで完敗:

« ダートの世代交代 | トップページ | カスペルスキーでトラブル »