« 電池切れ? | トップページ | NHKマイルカップは大波乱 »

2009年5月 3日 (日)

やっぱり荒れた春の天皇賞

今年の春の天皇賞horseは飛びぬけた人気馬がいなく5番人気までは単勝10倍以下という混戦模様、しかも過去10年フルゲートのときは荒れたというから荒れる要素たっぷりでした。smile

レースは予想通り「シルクフェイマス」、「ホクトスルタン」、「テイエムプリキュア」が逃げる展開、人気の「アサクサキングス」、「スクリーンヒーロー」は中段での競馬でした。
3コーナー辺りで「アサクサキングス」、「スクリーンヒーロー」が早々と先頭に並びかける勢いだったが、直線に入って馬群に沈んでしまった。coldsweats02

結局勝ったのは、終始内ラチ沿いの経済コースを通った12番人気の「マイネルキッツ」が入り、2着には外から追い詰めたんですが届かず、4番人気の「アルナスライン」、3着には5番人気の「ドリームジャーニー」でした。

1番人気の「アサクサキングス」は9着、2番人気の「スクリーンヒーロー」は14着、3番人気の「モンテクリスエス」は12着と大敗でした。weep

「マイネルキッツ」は重賞未勝利の馬ですからまさしく大金星diamondですね。配当は馬連が10,200円で万馬券、3連単では221,080円と高配当で本当に荒れた結果になりましたね。
昨日の「サタうま」六車奈々さんが「マイネルキッツ」を本命にしていましたね、すごいです。

|

« 電池切れ? | トップページ | NHKマイルカップは大波乱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/44882620

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり荒れた春の天皇賞:

« 電池切れ? | トップページ | NHKマイルカップは大波乱 »