« 2009年6月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月25日 (日)

菊花賞は荒れ模様

牡馬のクラッシック最終章、菊花賞horseが行われました。今回は先週の秋華賞と違って混戦模様。

一番人気は前走のトライアル神戸新聞杯でマイナス18kgdownでありながら2着に残ったダービー2着馬で武豊騎手が乗る「リーチザクラウン」、2番人気はその神戸新聞杯で勝った上がり馬「イコピコ」、3番人気には皐月賞馬の「アンライバルド」でした。

パドックでは「リーチザクラウン」は発汗が多く、「アンライバルド」もややテンションが高めだったけど、「イコピコ」は落ち着いた雰囲気でした。

レースは予想通り「リーチザクラウン」が大逃げ、「アンライバルド」は中段、「イコピコ」は後ろから3頭目辺りでの競馬でした。

最終コーナーを回っても「リーチザクラウン」が先頭でこのまま逃げ切るかなと思ったけど、残り200位で失速し変って先頭に立ったのが「スリーロールス」、しかし先頭にたった途端に外にふくれてしまって、そこに追い込んできた「フォゲッタブル」に差されそうになったけどギリギリハナ差で勝ちました。3着には「セイウンワンダー」が入りました。coldsweats02

「」は最終コーナーを回ってもまだ後ろの方にいてこれは届かないなと思ってたんですけど、ものすごい足で追い込んできて4着に入りました。「リーチザクラウン」は5着に何とか掲示板は死守しましたが、「アンライバルド」は15着と大敗でした。weep

「スリーロールス」は8番人気、「フォゲッタブル」は7番人気、「セイウンワンダー」は6番人気なので予想通り荒れた結果になりましたね。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

後味の悪い秋華賞

本日は牝馬クラッシックの最後を締めくくる秋華賞horseが行われました。今回は春に桜花賞とオークスを制覇して二冠を達成していて三冠目を狙う「ブエナビスタ」が圧倒的な1番人気で注目を集めたレースとなりました。up

2番人気には桜花賞とオークスで「ブエナビスタ」に負けて2着だった「レッドディザイア」。「ブエナビスタ」が三冠を取るか、「レッドディザイア」がリベンジを果たすか、あるいは他の上がり馬が台頭するかというレースでしたね。happy01

パドックでは「ブエナビスタ」はいつもどおり落ち着いた感じで、「レッドディザイア」も馬体重が-14kgと大きな変動があったけれどいつもより落ち着いている感じで、どちらも力を出せる雰囲気。

レースの方はスタートで3番人気の「ブロードストリート」がタイミングが合わず出遅れました。逃げたのは「ヴィーヴァヴォドカ」、「レッドディザイア」は中段、「ブエナビスタ」はその「レッドディザイア」をマークする様にその後方からの競馬でした。

そして最後の直線で抜け出したのは「レッドディザイア」、このままゴールで決まりかと思ったけど、ものすごい勢いで「ブエナビスタ」が追い上げてきて2頭並んでゴールイン。その後ろには出遅れた「ブロードストリート」が入りました。

写真判定でわずかながら「レッドディザイア」が先着していて、やはりオークスより直線が短かったから届かなかったんだなと思い掲示板にもその順番で表示されたんですが、なぜか審議の表示が中々消えなかったんですよね。

本来ならオークスでも同じようなレースでハナ差で負けた「レッドディザイア」が今度はハナ差で勝ってリベンジを果たして名勝負でしたねで終わるはずなんですが、テレビの放送時間内にも審議の表示が消えず。結局その後のローカルテレビの競馬番組で結果を見たらなんと「ブエナビスタ」が3着に降着になって、1着「レッドディザイア」、2着「ブエナビスタ」、3着「ブロードストリート」で確定しちゃっていました。coldsweats02

VTRをもう一度見てみましたが、確かに最終コーナーで「ブエナビスタ」前に出れなくなってゴタゴタしてたけど特に立ち上がった馬とか見れなかったし、正直何が審議の対象になったかわかんなかったですね。競馬場やWINSの払い戻しの場所では怒号とか飛んでなかったか心配ですね。coldsweats01

なんだかせっかくの名勝負にケチをつけられた感じですね。「ブロードストリート」が出遅れなかったらこんなレース展開にはなってなかったかもしれませんね。think

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年11月 »