« 後味の悪い秋華賞 | トップページ | 勝ったのはなんと8歳馬! »

2009年10月25日 (日)

菊花賞は荒れ模様

牡馬のクラッシック最終章、菊花賞horseが行われました。今回は先週の秋華賞と違って混戦模様。

一番人気は前走のトライアル神戸新聞杯でマイナス18kgdownでありながら2着に残ったダービー2着馬で武豊騎手が乗る「リーチザクラウン」、2番人気はその神戸新聞杯で勝った上がり馬「イコピコ」、3番人気には皐月賞馬の「アンライバルド」でした。

パドックでは「リーチザクラウン」は発汗が多く、「アンライバルド」もややテンションが高めだったけど、「イコピコ」は落ち着いた雰囲気でした。

レースは予想通り「リーチザクラウン」が大逃げ、「アンライバルド」は中段、「イコピコ」は後ろから3頭目辺りでの競馬でした。

最終コーナーを回っても「リーチザクラウン」が先頭でこのまま逃げ切るかなと思ったけど、残り200位で失速し変って先頭に立ったのが「スリーロールス」、しかし先頭にたった途端に外にふくれてしまって、そこに追い込んできた「フォゲッタブル」に差されそうになったけどギリギリハナ差で勝ちました。3着には「セイウンワンダー」が入りました。coldsweats02

「」は最終コーナーを回ってもまだ後ろの方にいてこれは届かないなと思ってたんですけど、ものすごい足で追い込んできて4着に入りました。「リーチザクラウン」は5着に何とか掲示板は死守しましたが、「アンライバルド」は15着と大敗でした。weep

「スリーロールス」は8番人気、「フォゲッタブル」は7番人気、「セイウンワンダー」は6番人気なので予想通り荒れた結果になりましたね。smile

|

« 後味の悪い秋華賞 | トップページ | 勝ったのはなんと8歳馬! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/46579518

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞は荒れ模様:

« 後味の悪い秋華賞 | トップページ | 勝ったのはなんと8歳馬! »