« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

ウオッカ強し!

いよいよ今年もジャパンカップhorseが行われる時期になりました。年々1年が経つのが早くなる感じですね。

今回のジャパンカップもやはり1番人気は「ウオッカ」、有馬記念の人気投票中間発表でも1位になってましたね。2番人気は昨年の菊花賞馬「オウケンブルースリ」、3番人気はイギリスから参戦の注目の外国馬「コンデュイット」で、6番人気までがオッズが10倍以下、それ以降が30倍以上と6頭に人気が集中した形。

レースはスタートで「コンデュイット」が出遅れ後ろから、「リーチザクラウン」は予定通り逃げる展開。「ウオッカ」は前から4頭目辺り、「オウケンブルースリ」最後方辺りでの競馬でした。

最後の直線、途中まで持ったままだった「ウオッカ」が先頭にたちこのままゴールかなと思ったが、最後方から一気に追い込んできた「オウケンブルースリ」がゴールでほぼ同着となり写真判定に。本当にわずかながらに「ウオッカ」が残り日本の牝馬で初のジャパンカップ制覇、牝馬のGⅠ最多勝記録を7勝に更新しました。happy01

3着には3歳牝馬の「レッドディザイア」が入りました。前走で有馬記念の人気投票中間発表2位の「ブエナビスタ」を負かしているし、斤量のハンデももらっているので当然かもしれないけど3歳牝馬としてはやはり凄い。有馬記念では是非「ウオッカ」「ブエナビスタ」と三つ巴の決戦をやって欲しいですね。delicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

8歳馬がGⅠ連勝

本日はhorseマイルチャンピオンシップが行われました。
1番人気の推されたのは前回最高齢で天皇賞を勝った「カンパニー」でしたが、全体的には最下位人気まではそんなに離れていない混戦模様になってました。

8歳という高齢で天皇賞を取るなんて凄いのにGⅠ連勝するなんて出来るのかなと思ってたんですが、結果はあっさり勝っちゃいました。しかも「カンパニー」はこれがラストランで有終の美を飾るという良いとこ尽くし。世のおっさん連中に希望を与えた?かもしれませんね。happy01

レースは14番人気の「マイネルファルケ」が逃げ、3番人気の「キャプテントゥーレ」が続く展開、「カンパニー」は前から8頭目辺りでの競馬でした。
2着には「マイネルファルケ」が逃げ残り、3着には2番人気でフランスから参戦の「サプレザ」が入りました。

Ⅰ、2番人気が3着までに入っていたけど3連複は2万馬券と結構ついていたのでこの馬券取れなかったのはちょっと残念でしたね。weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

大波乱のエリザベス女王杯

本日はエリザベス女王杯horseが行われました。前走の秋華賞で残念な結果になってしまった「ブエナビスタ」がここで名誉挽回できるかという注目レースでした。

その「ブエナビスタ」が今回もダントツの1番人気、少し離れた2番人気が秋華賞で「ブエナビスタ」降着の原因になってしまった「ブロードストリート」、3番人気にはフランスから参戦した「シャラナヤ」で3歳馬が上位人気を占めていました。

レースは「クィーンスプマンテ」と「テイエムプリキュア」が逃げる展開で「ブエナビスタ」は後方からの競馬でした。人気どころの馬はそれぞれ問題ない位置でレースを進めていたのですが、3コーナー位で前の2頭がいつの間にか20馬身くらい離して逃げていたんです。このときはまさか届かないなんて思ってませんでしたが、4コーナー回ってもまだ大分離れていて、あれ、あれ、と思っていたら、なんと結局この2頭が行った行ったでそのままゴールしました。coldsweats02

1着には11番人気の「クィーンスプマンテ」、2着には12番人気の「テイエムプリキュア」、3着にはものすごい勢いで追い上げてきてわずかに「テイエムプリキュア」をかわせなかった「ブエナビスタ」がなんとか入りました。結果馬連で10万馬券の大波乱のレースとなってしまいました。

前走同様に「ブエナビスタ」の強さは十分に示せたレースだったんですが、結果はまた3着と競馬は強いだけでは勝てないんですね。think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

勝ったのはなんと8歳馬!

本日は秋mapleの天皇賞horseが行われました。

ダントツの1番人気は「ウオッカ」で前走は2着に敗れてもこの人気です。2番人気は他のGⅠ馬を抑えて東京競馬場に強い上がり馬「シンゲン」。3番人気には昨年の菊花賞馬「オウケンブルースリ」でした。

レースは「エイシンデピュティ」が逃げ「キャプテントゥーレ」「スクリーンヒーロー」が続き、「シンゲン」は中段、更に後ろに「オウケンブルースリ」、「ウオッカ」は更に後ろで後方からの競馬になりました。

直線に入って「ウオッカ」はまだ後ろの方、先頭に立ったのは「スクリーンヒーロー」で外から前走「ウオッカ」に勝った「カンパニー」が追い込んできて先頭に立っちました。「ウオッカ」はやっと内から追い込んできましたが、粘る「スクリーンヒーロー」を差し切れずに3着。勝ったのはなんと8歳馬「カンパニー」でした。coldsweats02

「ウオッカ」は前走で他に逃げる馬がいなくて逃げて負けたので、今回も「逃げないで~」と思った人は多かったと思うけど、今回は後ろ過ぎましたね。coldsweats01

確か同じ秋の天皇賞で「オフサイドトラップ」が8歳馬で勝った記録があったけど、あのときの馬の年齢の数え方だと「カンパニー」は9歳馬ということになるから、この年齢でGⅠを勝ったのは史上初らしいですよ。happy01

前走に続き「ウオッカ」を打ち負かしているわけですからまぐれともいえませんしね。正に「カンパニー」はおっさんの星diamondですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »