« 勝ったのはなんと8歳馬! | トップページ | 8歳馬がGⅠ連勝 »

2009年11月15日 (日)

大波乱のエリザベス女王杯

本日はエリザベス女王杯horseが行われました。前走の秋華賞で残念な結果になってしまった「ブエナビスタ」がここで名誉挽回できるかという注目レースでした。

その「ブエナビスタ」が今回もダントツの1番人気、少し離れた2番人気が秋華賞で「ブエナビスタ」降着の原因になってしまった「ブロードストリート」、3番人気にはフランスから参戦した「シャラナヤ」で3歳馬が上位人気を占めていました。

レースは「クィーンスプマンテ」と「テイエムプリキュア」が逃げる展開で「ブエナビスタ」は後方からの競馬でした。人気どころの馬はそれぞれ問題ない位置でレースを進めていたのですが、3コーナー位で前の2頭がいつの間にか20馬身くらい離して逃げていたんです。このときはまさか届かないなんて思ってませんでしたが、4コーナー回ってもまだ大分離れていて、あれ、あれ、と思っていたら、なんと結局この2頭が行った行ったでそのままゴールしました。coldsweats02

1着には11番人気の「クィーンスプマンテ」、2着には12番人気の「テイエムプリキュア」、3着にはものすごい勢いで追い上げてきてわずかに「テイエムプリキュア」をかわせなかった「ブエナビスタ」がなんとか入りました。結果馬連で10万馬券の大波乱のレースとなってしまいました。

前走同様に「ブエナビスタ」の強さは十分に示せたレースだったんですが、結果はまた3着と競馬は強いだけでは勝てないんですね。think

|

« 勝ったのはなんと8歳馬! | トップページ | 8歳馬がGⅠ連勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116932/46769464

この記事へのトラックバック一覧です: 大波乱のエリザベス女王杯:

« 勝ったのはなんと8歳馬! | トップページ | 8歳馬がGⅠ連勝 »