2009年12月27日 (日)

有馬記念09

今年もいよいよ有馬記念の開催されました。horse
今年は史上初めて4歳馬不在の有馬記念になりました。ファン投票でもトップ20に入った4歳馬は「オウケンブルースリ」と「キャプテントゥーレ」だけでだったしね。逆に3歳馬は7頭と半分近く出走して、3歳馬vs古馬という構図になってました。

その中で1番人気に押されたのは3歳でしかも牝馬の「ブエナビスタ」、続く2番人気には宝塚記念の勝ち馬で春秋グランプリ連覇に挑む「ドリームジャーニー」と人気も3歳と古馬でほぼ分かれた形になりました。

レースの方はスタートで「ドリームジャーニー」が出遅れ後方からの競馬、逃げたのは予想通り「リーチザクラウン」でいつも後ろからの競馬で前走は届かなかった「ブエナビスタ」は横山典弘騎手に乗り変って前から5頭目辺りのいつもと違う位置からの競馬になりました。

最後の直線、「ブエナビスタ」が先頭に立ったが、後ろから追い込んできた「ドリームジャーニー」に差されdash、1着は「ドリームジャーニー」と古馬が3歳の優勝を阻止しました。2着にはかわされても喰らいついた「ブエナビスタ」が半馬身差で入り、3着には11番人気の「エアシェイディ」が少し離れて入りました。

展開的には「ドリームジャーニー」の方が有利だったと思うので、2着には敗れましたが3歳牝馬でこの成績の「ブエナビスタ」は優秀だと思います。happy01

余談ですが、3着に入った「エアシェイディ」は去年も有馬記念3着で、これまでに「ナイスネイチャ」が3年連続3着、「ダイワメジャー」が2年連続3着と何故か連続で3着になるケースが多いですね。sign05この法則に気付いていれば3着固定の3連単で馬券を買っていれば・・・。weep

ちなみに「コスモバルク」は今年で6年連続での有馬記念出走。最初の有馬記念は2番人気だったが今年はブービー人気でした。ある意味凄いですね。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

ウオッカ強し!

いよいよ今年もジャパンカップhorseが行われる時期になりました。年々1年が経つのが早くなる感じですね。

今回のジャパンカップもやはり1番人気は「ウオッカ」、有馬記念の人気投票中間発表でも1位になってましたね。2番人気は昨年の菊花賞馬「オウケンブルースリ」、3番人気はイギリスから参戦の注目の外国馬「コンデュイット」で、6番人気までがオッズが10倍以下、それ以降が30倍以上と6頭に人気が集中した形。

レースはスタートで「コンデュイット」が出遅れ後ろから、「リーチザクラウン」は予定通り逃げる展開。「ウオッカ」は前から4頭目辺り、「オウケンブルースリ」最後方辺りでの競馬でした。

最後の直線、途中まで持ったままだった「ウオッカ」が先頭にたちこのままゴールかなと思ったが、最後方から一気に追い込んできた「オウケンブルースリ」がゴールでほぼ同着となり写真判定に。本当にわずかながらに「ウオッカ」が残り日本の牝馬で初のジャパンカップ制覇、牝馬のGⅠ最多勝記録を7勝に更新しました。happy01

3着には3歳牝馬の「レッドディザイア」が入りました。前走で有馬記念の人気投票中間発表2位の「ブエナビスタ」を負かしているし、斤量のハンデももらっているので当然かもしれないけど3歳牝馬としてはやはり凄い。有馬記念では是非「ウオッカ」「ブエナビスタ」と三つ巴の決戦をやって欲しいですね。delicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

8歳馬がGⅠ連勝

本日はhorseマイルチャンピオンシップが行われました。
1番人気の推されたのは前回最高齢で天皇賞を勝った「カンパニー」でしたが、全体的には最下位人気まではそんなに離れていない混戦模様になってました。

8歳という高齢で天皇賞を取るなんて凄いのにGⅠ連勝するなんて出来るのかなと思ってたんですが、結果はあっさり勝っちゃいました。しかも「カンパニー」はこれがラストランで有終の美を飾るという良いとこ尽くし。世のおっさん連中に希望を与えた?かもしれませんね。happy01

レースは14番人気の「マイネルファルケ」が逃げ、3番人気の「キャプテントゥーレ」が続く展開、「カンパニー」は前から8頭目辺りでの競馬でした。
2着には「マイネルファルケ」が逃げ残り、3着には2番人気でフランスから参戦の「サプレザ」が入りました。

Ⅰ、2番人気が3着までに入っていたけど3連複は2万馬券と結構ついていたのでこの馬券取れなかったのはちょっと残念でしたね。weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

大波乱のエリザベス女王杯

本日はエリザベス女王杯horseが行われました。前走の秋華賞で残念な結果になってしまった「ブエナビスタ」がここで名誉挽回できるかという注目レースでした。

その「ブエナビスタ」が今回もダントツの1番人気、少し離れた2番人気が秋華賞で「ブエナビスタ」降着の原因になってしまった「ブロードストリート」、3番人気にはフランスから参戦した「シャラナヤ」で3歳馬が上位人気を占めていました。

レースは「クィーンスプマンテ」と「テイエムプリキュア」が逃げる展開で「ブエナビスタ」は後方からの競馬でした。人気どころの馬はそれぞれ問題ない位置でレースを進めていたのですが、3コーナー位で前の2頭がいつの間にか20馬身くらい離して逃げていたんです。このときはまさか届かないなんて思ってませんでしたが、4コーナー回ってもまだ大分離れていて、あれ、あれ、と思っていたら、なんと結局この2頭が行った行ったでそのままゴールしました。coldsweats02

1着には11番人気の「クィーンスプマンテ」、2着には12番人気の「テイエムプリキュア」、3着にはものすごい勢いで追い上げてきてわずかに「テイエムプリキュア」をかわせなかった「ブエナビスタ」がなんとか入りました。結果馬連で10万馬券の大波乱のレースとなってしまいました。

前走同様に「ブエナビスタ」の強さは十分に示せたレースだったんですが、結果はまた3着と競馬は強いだけでは勝てないんですね。think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

勝ったのはなんと8歳馬!

本日は秋mapleの天皇賞horseが行われました。

ダントツの1番人気は「ウオッカ」で前走は2着に敗れてもこの人気です。2番人気は他のGⅠ馬を抑えて東京競馬場に強い上がり馬「シンゲン」。3番人気には昨年の菊花賞馬「オウケンブルースリ」でした。

レースは「エイシンデピュティ」が逃げ「キャプテントゥーレ」「スクリーンヒーロー」が続き、「シンゲン」は中段、更に後ろに「オウケンブルースリ」、「ウオッカ」は更に後ろで後方からの競馬になりました。

直線に入って「ウオッカ」はまだ後ろの方、先頭に立ったのは「スクリーンヒーロー」で外から前走「ウオッカ」に勝った「カンパニー」が追い込んできて先頭に立っちました。「ウオッカ」はやっと内から追い込んできましたが、粘る「スクリーンヒーロー」を差し切れずに3着。勝ったのはなんと8歳馬「カンパニー」でした。coldsweats02

「ウオッカ」は前走で他に逃げる馬がいなくて逃げて負けたので、今回も「逃げないで~」と思った人は多かったと思うけど、今回は後ろ過ぎましたね。coldsweats01

確か同じ秋の天皇賞で「オフサイドトラップ」が8歳馬で勝った記録があったけど、あのときの馬の年齢の数え方だと「カンパニー」は9歳馬ということになるから、この年齢でGⅠを勝ったのは史上初らしいですよ。happy01

前走に続き「ウオッカ」を打ち負かしているわけですからまぐれともいえませんしね。正に「カンパニー」はおっさんの星diamondですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

菊花賞は荒れ模様

牡馬のクラッシック最終章、菊花賞horseが行われました。今回は先週の秋華賞と違って混戦模様。

一番人気は前走のトライアル神戸新聞杯でマイナス18kgdownでありながら2着に残ったダービー2着馬で武豊騎手が乗る「リーチザクラウン」、2番人気はその神戸新聞杯で勝った上がり馬「イコピコ」、3番人気には皐月賞馬の「アンライバルド」でした。

パドックでは「リーチザクラウン」は発汗が多く、「アンライバルド」もややテンションが高めだったけど、「イコピコ」は落ち着いた雰囲気でした。

レースは予想通り「リーチザクラウン」が大逃げ、「アンライバルド」は中段、「イコピコ」は後ろから3頭目辺りでの競馬でした。

最終コーナーを回っても「リーチザクラウン」が先頭でこのまま逃げ切るかなと思ったけど、残り200位で失速し変って先頭に立ったのが「スリーロールス」、しかし先頭にたった途端に外にふくれてしまって、そこに追い込んできた「フォゲッタブル」に差されそうになったけどギリギリハナ差で勝ちました。3着には「セイウンワンダー」が入りました。coldsweats02

「」は最終コーナーを回ってもまだ後ろの方にいてこれは届かないなと思ってたんですけど、ものすごい足で追い込んできて4着に入りました。「リーチザクラウン」は5着に何とか掲示板は死守しましたが、「アンライバルド」は15着と大敗でした。weep

「スリーロールス」は8番人気、「フォゲッタブル」は7番人気、「セイウンワンダー」は6番人気なので予想通り荒れた結果になりましたね。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

後味の悪い秋華賞

本日は牝馬クラッシックの最後を締めくくる秋華賞horseが行われました。今回は春に桜花賞とオークスを制覇して二冠を達成していて三冠目を狙う「ブエナビスタ」が圧倒的な1番人気で注目を集めたレースとなりました。up

2番人気には桜花賞とオークスで「ブエナビスタ」に負けて2着だった「レッドディザイア」。「ブエナビスタ」が三冠を取るか、「レッドディザイア」がリベンジを果たすか、あるいは他の上がり馬が台頭するかというレースでしたね。happy01

パドックでは「ブエナビスタ」はいつもどおり落ち着いた感じで、「レッドディザイア」も馬体重が-14kgと大きな変動があったけれどいつもより落ち着いている感じで、どちらも力を出せる雰囲気。

レースの方はスタートで3番人気の「ブロードストリート」がタイミングが合わず出遅れました。逃げたのは「ヴィーヴァヴォドカ」、「レッドディザイア」は中段、「ブエナビスタ」はその「レッドディザイア」をマークする様にその後方からの競馬でした。

そして最後の直線で抜け出したのは「レッドディザイア」、このままゴールで決まりかと思ったけど、ものすごい勢いで「ブエナビスタ」が追い上げてきて2頭並んでゴールイン。その後ろには出遅れた「ブロードストリート」が入りました。

写真判定でわずかながら「レッドディザイア」が先着していて、やはりオークスより直線が短かったから届かなかったんだなと思い掲示板にもその順番で表示されたんですが、なぜか審議の表示が中々消えなかったんですよね。

本来ならオークスでも同じようなレースでハナ差で負けた「レッドディザイア」が今度はハナ差で勝ってリベンジを果たして名勝負でしたねで終わるはずなんですが、テレビの放送時間内にも審議の表示が消えず。結局その後のローカルテレビの競馬番組で結果を見たらなんと「ブエナビスタ」が3着に降着になって、1着「レッドディザイア」、2着「ブエナビスタ」、3着「ブロードストリート」で確定しちゃっていました。coldsweats02

VTRをもう一度見てみましたが、確かに最終コーナーで「ブエナビスタ」前に出れなくなってゴタゴタしてたけど特に立ち上がった馬とか見れなかったし、正直何が審議の対象になったかわかんなかったですね。競馬場やWINSの払い戻しの場所では怒号とか飛んでなかったか心配ですね。coldsweats01

なんだかせっかくの名勝負にケチをつけられた感じですね。「ブロードストリート」が出遅れなかったらこんなレース展開にはなってなかったかもしれませんね。think

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月28日 (日)

勝てないディープスカイ

「ウォッカ」不在の宝塚記念horse、当然ダントツの1番人気は「ディープスカイ」でここでは負けられないところ。しかも今週始めに父の「アグネスタキオン」が急死したため産駒としても注目を集めてました。

レースはここしか見せ場の無い「コスモバルク」が逃げ、「ディープスカイ」は中段、前には3番人気の「サクラメガワンダー」、後ろには2番人気の「ドリームジャーニー」に挟まれての競馬になりました。

最後の直線で「サクラメガワンダー」が先頭に立った後、「ディープスカイ」が並びかけてくるのかと思ったけど、後ろから来た「ドリームジャーニー」にあっさりかわされて、「サクラメガワンダー」にも届かず3着に終わった。down 1着は見事な足で差しきったdashdashdash「ドリームジャーニー」、2着は「サクラメガワンダー」でした。

「ディープスカイ」は調教もパドックも位置取りも問題なかったと思うのですが、4コーナーでは既に手応えが怪しかったですからね。何かあったのでしょうか?このところ勝ててないけど負け癖が付いたんですかね。sad

いずれにしろ、1~3番人気の馬が3着までに入ったのでオッズは付かなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

ウオッカ強し!

今日の安田記念horseで、ここにきて「ウオッカ」の強さを思い知ることになりましたね。牝馬ながらにダービーを勝ったことで有名になった馬ですが、その後は翌年の安田記念まで一勝も出来なかったし、私はどちらかというと「ダイワスカーレット」贔屓だったのでその強さに疑問を持っていたんだけど、昨年は天皇賞も勝って年度代表場に選ばれ、今年は前走のヴィクトリアマイルで2着に7馬身もの差をつけて圧勝して、今日も凄い勝ち方をした。happy01

その凄い勝ち方をしたレースの方ですが、1番人気に推された「ウオッカ」は好スタートして中段の内での競馬、2番人気の「ディープスカイ」はその後を追走。

直線に入り「ウオッカ」の内に並んだ「ディープスカイ」の前は開いてそのまま抜け出したんだけど「ウオッカ」の前は詰まり中々前に出られない状況、やっとこじ開けて前に出られたとき残り1ハロン程、このまま「ディープスカイ」が勝つのかと思いきや、あっという間に追い抜きdash3/4馬身差をつけて勝ってしまった。coldsweats023着には10番人気の「ファリダット」でした。

前走は相手に恵まれた感がありましたが、やはり「ウオッカ」は強いですね。3歳の「ブエナビスタ」にも強いという表現をしましたが、まだ3歳の中での強さなんでね。可能であればこの2頭の直接対決が見てみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

ダービーでは逆転

今日はhorse日本ダービーがあったのですが、所要で生で見ることが出来ませんでした。weep

帰って結果を見たら、なんと皐月賞でダントツの1番人気で大敗した「ロジユニヴァース」が優勝、2着にも皐月賞で2番人気だったのに大敗した「リーチザクラウン」が入り、今度は1番人気になった皐月賞馬の「アンライバルド」が大敗する結果になってましたね。

東京競馬場も天候が荒れて、不良馬場での競馬だったのも影響したのかもしれないですけど、やっぱり能力的には「ロジユニヴァース」が強い馬だったということでしょうか。happy01

鞍上の横山典弘騎手も今回で日本ダービー初制覇ということです。おっさん世代が頑張っていると勇気をもらえますね。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧