2009年4月 2日 (木)

カスペルスキーでトラブル

今朝、パソコンpcを立ち上げて、メールmailを見ようとOutlookを立ち上げたら、しばらくして聞き覚えのないアラームsign01がなった。見てみるとウイルス対策ソフトのカスペルスキーが機能の一部が使えなくなったという警告を出していた。

どうもアンチスパムの機能が使えなくなっているようで、問題の解決という指示に従うとカスペルスキーの修復作業が始まって、最後にコンピューターpcの再立上げの指示がでたので、指示通り作業を進めて、もう一度Outlookを立ち上げました。今度はアラームが出なかったので直ったかと思ったんですが、しばらくするとまた同じ警告が出てしまいました。catface

問題解決の画面からリンクされているジャストシステムのサポートのページに行ったけど、特にこのエラーについての記述が載っていなかったので、Outlookのほうが悪いのかと思い、Outlookを修復して再起動してみました。また、しばらくは問題なかったんですが、やはり同じ警告が発生、どうもスパムメールmailtoを処理するときにエラーが発生するようで、通常のメールではエラーが出ないため警告の発生が不規則だったようです。

もしかしたらハードディスクの問題かなと思ってchkdskを実行したり、念のためにバックアップを取ったりと、いろいろ試しても改善しなかったので、午後になって問い合わせしようとサポートのページに行こうとしたら、今度はサポートのページに繋がらない。これはもしや問い合わせが殺到してパンクしているのではと思い、ホームページの方を見たらアンチスパムの問題が載ってました。もっと早く言ってくれたら余計な作業をしなくてもすんだのに・・・。punch

問題発生時には登録ユーザー全員にメールを送るなどの対策を取ってくれればと思うのですがね。gawk

この件はINTERNET Watchのニュースにもなってましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

フレッツ光のお引越

今回の引越で当然インターネット接続環境も引越手続きが必要だったのですが、NTT東日本からNTT西日本に切り替えなくてはならないので少々面倒でした。

まず、プロバイダーのページから移転申し込みを行うと、しばらくしてNTT東日本から確認の電話がきて回線撤去の日時などを決めて、その後そのままNTT西日本に電話が転送され移転先の情報なんかを確認されました。

移転先では開通後、プロバイダーの再申し込みが必要と言われていたのですが、移転先で回線の開通後同じIDとパスワードで問題なく接続が出来たのでそのまま使っていたんですが、一週間くらいしたら突然繋がらなくなりました。

慌ててプロバイダーに問合せをすると案の定、再申込をしていないのでNTT東日本の契約が切れたので止めたとのことでした。でも、切り替えなしでNTT西日本エリアでも普通に使えてたんですけど…。

その電話で再申込をしてそのまま使えるようになったので問題はなかったんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

パソコンは熱に弱いです。

東京では8月に入ってやっと梅雨が明けたかと思ったら、暑い日が続き最も暑い夏になる可能性があるらしい。やっぱりラニーニャ現象は影響しているってことですかね。

この暑さのせいか、最近、客先でパソコンのトラブルが多くなっている。どうもパソコンが熱に弱いということを忘れてしまう人が多いようだ。この季節、会社から全員帰宅したら当然エアコンは切って帰られるであろうが、夜中でも締め切った室内の温度は結構高くなる。そんな中パソコンを立ち上げたまま帰ったり、24時間稼動するサーバーがあったりすると影響を受けてしまうことがあるようです。

普段使っているパソコンも吸気口のホコリを取り除いてやったりするだけでも結構寿命が延びると思うんですが、デスクの下に置かれホコリまみれで稼動しているパソコンをよく見かけますからね。

自分でパソコンパーツを取り付けられる人は、5インチベイや拡張スロットに取り付けれれるファンやノートPCなら下に引くタイプのものやカードスロットに挿せるタイプのものもあるので、試してみてはいかがでしょう。

iconicon iconicon

iconicon iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

SBS2003をSP2にアップグレード

現在サポートしている顧客に面倒を見ているWindows Small Business Server 2003(SBS2003)があるんですが、今年初め頃、そのSBS2003のR2が出荷されると聞いて、最初無償でバージョンアップしてくれるのかと思っていたら有償との事、新機能に謳われている部分は特に使っている機能ではなかったのでR2にするのは断念したんです。

ところが先月くらいから、自動更新プログラムがWindows Server 2003のSP2にアップデートするように促すメッセージが出て、「あれ、無料でアップグレードできるの?」と思ったけど、どうもR2とSP2は別物とのこと、勝手にSBS2003はR2でWindowsServer2003はSP2だと思い込んでいました(^^;)

自動更新でダウンロードされているんだから、アップグレードしても大丈夫だろうと、客先に行ったついでに、自動更新プログラムのインジケーターから更新処理を開始してみたんですが、しばらくするとwindows installerが応答しなくなりエラーで終了してしまいアップグレードが出来ないんです。しかもそのままシステムがシャットダウンしてしまい、ちょっと怖くてその日はもう一度試すのを止めました。

しばらく経ってもアップデートを促すインジケーターが出続けたままで、このままでは他の更新プログラムが反映されないのではないかと思い、ちょっと時間を取って対応することにしました。まず、アップデートの手引きを読むとUPSが繋がっていると問題が生じる可能性があるというので線を外し、更新時間を削減するためにウイルス対策ソフトを止め、一応SQLServerも終了させて、自動更新プログラムからではなく自分でダウンロードした更新ファイルで試してみました。

するとエラーなどは出ることも無く、一時間ほどで更新処理が終わってSP2にバージョンアップできました。とりあえず今のところ問題は起こっていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月30日 (土)

ユーモアUSB製品(非実用編)

そろそろ窓を開けていても暑い季節になってきて、ちょっとでも涼しくなるかなと思ってネットでUSBファンを物色していたら、USBメモリーやUSBハブとしての実用的な機能を備えていない、結構笑えるユーモアUSB製品を見つけたのでいくつか紹介します。

1つ目はUSBポートに差し込むと犬の人形がひたすら腰を振るという「Humping Dog ハンピング ドッグ」という製品で、腰を振る以外は何もしません。製品ページの例にもあるように、ノートPCで横にUSBポートがあるものが適しているんでしょうね。デスクトップの後ろにあるUSBポートでひたすら腰を振っていてもね…。

2つ目はUSBカメレオンでこちらもUSBポートに差すと目がくるくる回り舌を出すという動きをするだけの製品です。これはコードタイプで腕とシッポが自在に曲がりディスプレイの上などにしがみつけるのでデスクトップでも使えそうです。

最後は非実用的というより遊ぶことが目的なんですが、USBポートに差こむことの出来るミサイルランチャーです。ちゃんとパソコンにインストールしたソフトから操作できるそうで、ストレス発散には向いているかも。

こんなのを置いているだけで白い目で見られるような、息の詰まるような職場の方は別のストレス発散方法を探してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

8GのUSBメモリー

何気にネットの広告を見ていたら8GのUSBメモリーが6千円台というのがあったので、これは安いと思ったんだけど、今や8Gで1万円以下というのはそんなに珍しくないんですね、驚きました。

一昔前は1Gでも1万円以上していた記憶があるんですが、いつの間にか安くなっているようで、この手の値動きはちゃんと捉えておかないと客先で恥をかきかねないですからね。

でも、8Gといえば私が買った最初のパソコンのHDD容量と変わらないんですから…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月17日 (木)

ルーター2000台がダウン

おとといの夕方に起きた一部地域でフレッツとひかり電話が使えなくなった障害はルータ2000台がダウンしたことが原因で、その発端は1台の故障したルータだとのことです。故障したルーターを復旧した際に、そのルータに関わるルート情報を保有しているルーターがルート情報の書き換えを行い、その中でも古いソフトを使っていたルーター約2000台が処理能力がオーバーして止まってしまったそうです。

とりあえず今はあまり必要でないルート情報を消して負荷を減らして運用しているとのことだが、Bフレッツとひかり電話利用している私としてはちょっと不安です。随時新しいソフトに更新してルート情報も整理するとのことなんですが、今度はその作業が引き金で他の問題が起こったりして…。

それにしても故障したルーターを復旧するなど一般的な作業だと思うのだがNTTともあろう大企業がこのことを予想できなかったのはお粗末。ルータをリセットして復旧したとのことだが復旧まで7時間はかかりすぎではないかな。

東京23区と千葉、埼玉、神奈川では問題なかったようで私は障害にあっていないから、あまり文句は言えないが、その他のNTT東日本の地域、約239万契約に影響が出てたそうだから結構な大事件でしょう。

一般的には通信ダウンによる電話での商談が出来なかったやネットショップがつながらなかったなどの2次的損害は賠償しなくてよいそうだが、賠償を求めてくる人もいるんではないでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

画面描写が遅い…

パソコンを復旧してからとりあえず無事に動作しているんですが、やはりビデオカードを大幅にスペックダウンしたので、画面描写が目に見えて遅いです。ストレスを感じるほどだったのでデジタルにしたら少しは改善されるかなと思い。

近くにあるPCデポにDVIとDFPの変換アダプターを探しに行ったんですが、オスメスが逆のものしか置いてませんでした。またわざわざ秋葉原まで行くのも面倒だったので、代わりに安いビデオカードを買うことにしました。

ビデオカードは殆どPCI-Express x16に変わってしまっていてAGPのものはちょっとしか置いてなかったんですが、4千円くらいであったのでそれを購入しちゃいました。結局今回の復旧で1万2千円くらい使ってしまいましたね。

帰って早速取り付けてみたら画面描写は一気に改善しました。でも元々のビデオカードは2万円近くした物なので、それにはちょっと及びませんがね。

ビデオカード買うときに10万円位する2スロット占有するようなごついやつも置いてありましたから、それに比べればおもちゃみたいなもんなんでしょうけど、自作でそこまでお金を出すのも怖いですからね。業務用にはもっと高いやつがあるみたいですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

パソコン復旧作業 その2

買ってきた廉価版の電源ユニットは普通サイズのもので、キューブ型のケースには収まらない。一応、秋葉原で自分のケースに合う小型の電源ユニットも探したんですが、どれも1万円前後するものだったので、買いませんでした。こういうとき省スペース型は融通が利かないのが難点。

とりあえず、不恰好だけど電源をケースの外から繋ぐようにすることにしました。カバーをはずしたりするときも常にコードを意識しなければならないのでかなり面倒で危険すけどね。とりあえず、新しいデスクトップを購入するまではこれで以降と思います。

故障原因を特定するためにBIOSをリセットしてしまっていたので、BIOSをセットしなおして立ち上げるとちゃんと元のままWindowsXPが立ち上がって一安心。しかし、立ち上げて1時間くらいすると勝手にWindowsが再起動する現象に…。(これが客先の案件だったら帰る途中にまた呼び戻されることになってたでしょうね。)

電源は各容量が足りているのを確認して購入したし、BIOSの設定も見直してみたけど、特に影響していそうなところが見当たらなかったので、やっぱりまだどこか故障しているのかなと思いもう一度ケースを開けて電源を入れてみました。

すると、ビデオカードのファンが回っていない…。よく見ると結構埃が溜まっていて、ちょっと埃を取り除いてみたけど、ダメでした。大幅に性能は落ちるけど仕方がないので前に使っていたファンレスのビデオカードを使ってみると、再起動することはなくなりました。

今回ファンが回らなくなったビデオカードはDVIを使っていたんですが、昔のはDFP、変換機がなかったのでアナログ接続にしました。かなりスペックダウン…。

もしかしたら、今回のトラブルの発端はこのファンの回らなくなったビデオカードだったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

パソコン復旧作業 その1

ちょっと時間が出来たので、仕事先の帰りに秋葉原に行ってきました。つくばエクスプレスが開業してからは行った記憶がないので、約2年ぶりの秋葉原。結構様変わりしていてちょっと迷いました。

目的としては、とりあえず電源ユニットが故障しているのか、マザーボードが故障しているのかを切り分けたかったので、ATXの電源をテストできる検証ボードを探しに来たのですが、ついでにもし安く電源ユニットがあれば入手するのと、移植する場合を考えてベアボーンの下見という感じ。

結局、検証ボードと2780円のHammerPowerの350WのATX電源を購入しました。電源の故障とハッキリしてから買ってもよかったんですが、またくるのも面倒だったし、今後検証用の電源として持っていても良いと思ったので思い切って買っちゃいました。

早速、家に戻って電源の入らないパソコンのATX電源を検証ボードに繋いでテストして見たんですが、やはり反応しません。念のため買ってきた電源ユニットをチェックしたらちゃんと反応するので、電源ユニットはやはり故障していたということになります。

電源もマザーボードも両方故障しているということも考えられるので、買ってきた電源をマザーボードに繋いでスイッチを入れたらちゃんと起動したので、とりあえず、電源ユニットの方が故障していたと言うことがわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧